FC2ブログ
くまモン Official Site
1526109_575436825876410_853617968_n.jpg
Profile
Profile

Author:Jh2dbq
Welcome to my blog!
I became a radio amateur in 1972 and have been enjoying being one.

friends



SanyoSan/JA1COR

KenSan/KI2P
Ken's Drake C-4 Line


CQ-101
CQ101
471

わし、ついにDXCCランキング入りす

あいかわらず、ヒマなときはeQSL.netを徘徊して研究に余念のないワシである。だいぶ詳しくなった。チョーシこいてあちこち見ていたら、ぬぁんとこのワシが、eQSL.net のDXCCリストにランク・インしているのを発見した。

DXCC 025

 もっともたったの25カントリーであって、全体順位でいくとウン万番目かのことで話にならんのだが、それはまぁ近々イッキに牛蒡ぬきするのは間違いないわけで、んなことより、申請もなんでもせんで、ほっといてもカウントしてくれるたぁ、流石にコンピュータによるデータ管理。めちゃ賢いことしよるなぁと感心したのであった。

 

ところでワシはこれを見ていて、実はめちゃくちゃ大きな間違いをしでかしておることに気づいた。問題の根源はWI2Pにある。えらいこっちゃ。

なにかっつーとですね。ワシ、VoIPではWI2Pでやっとるわけなんですけど、これはVoIPなんて所詮バーチャルだと舐め腐っとるこが出発点なわけですね。遊ばにゃ損じゃんと。ま、そういうわけ。

だからQSLカードも、どうせVoIPと表示させるんなら、なんだってえーじゃねーかということで、あまり気にもせずにNew Jerseyのアドレスを表示していた。CQ ZoneもITUもGLもぜ~んぶアメリカ東海岸じゃ。土着名古屋人なのにだ。そのギャップが笑える、というところがミソだった。はずなのだが。

ところがeQSL.netみたいな、どっちか言えばそろそろ斯界の権威となりつつあるサイトがVoIPもまたひとつの電波形式(?)というかMODEとして認めてたとなると、話はちがってくる。きちんと、ぽ~たぶる名古屋ですと表示せんとならんわけだ。それが礼儀てなものであらふ。そでないとeQSL.netのやろうとしている電子アワードなぞ、その信憑性がぐちゃぐちゃになってしまう。Wなんてどうせ雑魚だと言えば雑魚なんだけれども、間違いは間違いだ。

どないしょう。数枚とは言え、QSL発行してもーた。

てなわけで、素直にeQSLのofficeにコンタクトして、すんません、どない落とし前つけまひょと相談することにしたのだった。

なお、eQSLには日本人スタッフがいて、日本語のメールもオッケーだそうです。だれがボランティアスタッフやってはるんじゃろ。あの日本語は全体によくできていると思う。

 

追記:eQSLからの返信がないので、勝手に解決策を考えた。アカウントをもうひとつ取るのである。世界中の、本来的なDXerたちのために、ペディ運用のためのアカウントが幾つでも取れるようになっている。つまりワシはいま、日本にペディションに来ているのであるw。
 そいでもって「QTHは名古屋だぎゃ」という表示のQSLカードを発行しなおす。しょせん数枚。ほんで、New Jerseyの分の過去ログは、もーしわけねーけど全部削除だ。ログを削除すると、受け取った側のデータも全部パァ。ほっほっほ。
 正しい分を発行しなおしておいたから、かんべんしてくれ>関係者。

なお、WI2PのQSL発行済みの分のなかにJAの方はおられません。発行したものは紙QSLだけです。これは表記が正しいはずです。電波法には反してますがw。

 

追記2:このあたり、かなりややこしい話でございます。私と同じように、海外コールサインでVoIP国内運用のイタズラをしているお仲間に「各局なし」さんがいらっしゃいますが、う~む、ワシ、きちんと説明できるかしらん。。。

実際にはとくに問題は起きへんであろうのは、日本国電波法が海外コールサインでの実運用を認めておらんからなのですが、もっとも、そうだからこそ、こういった問題への意識が低いのかもわからん。もっとも移動運用を全くしないワシだけが問題意識が低いのであって、移動運用にアクティブな「各局なし」さんは、もう手を打っておられるのかもわからん。

  • Date : 2009-10-29 (Thu)
  • Category : QSLs
5

Comment

  1. Sanyo

    Sanyo

    2009-10-29 (Thu) 15:37

    うーむ、やりたい放題じゃのう、しかし、総代理人のこの手のひらを返したような、QSL蒐集派への改宗には驚いたな。この間まで、連盟よさらば、なんぞとたわまっておったお人がのう、
    電子カードの自動発行なら、ものぐさ、けちの我輩にも、魅力たっぷりなんだけど、面倒そうだよな。CSVだの、ADIFだの、 ぐぐぐやじい、いまにみてろ、そのうちやっつけてやるぞ!
  2. 電離層代理Jh2dbq

    電離層代理Jh2dbq

    2009-10-30 (Fri) 00:16

    いやワシは断固、連盟よ永遠にアバヨです(^。^;)。北朝鮮でさえワシの人生の中で世代交代が少なくとも一度はあった。もうすぐ二度目がある。れんめーは一度もない。連盟はいるぐらいならハイジャックやって北朝鮮へ行く。

    てなことはさておいて、SanyoOM、eQSL.netにアカウントをふたつお持ちですなぁ。これをまず統合したいものですなぁ。どっちかへアクセスすることはできますか。
    データ変換は、メンドい話ですけど、腹をくくればあとはイケます。hamlogならお手伝いできます。いつでもお使いくださいまし(^^)/
  3. Sanyo

    Sanyo

    2009-11-01 (Sun) 10:24

    実は総代理人に刺激を受けてついにログをアップデートしたんだが、ガチャガチャとエラーコメントが出て、それにもめげず、めちゃめちゃデータを放り込んでおいたら、早速、反応があり、LUからe-awardを得るにはおぬしのAGが要るとこきやがる。んでもって何のことかわからないまま、3つの中から、ライセンスのコピーを選んで送ったらしばらくしておめっとさんとよ。
    しかし、インターネットなどのモードでもいろんなawardが集められるんだというのは驚きだなー、JAのハム多しといえど、しらね-だろーな、大方は、 おかげ様で、これで、ものぐさ、けちの偏屈ハムの俺様も堂々と明るい日の下に出ることが出来たよ。日陰者はやだからな。 ありがとさん。
  4. 電離層代理Jh2dbq

    電離層代理Jh2dbq

    2009-11-02 (Mon) 04:14

    データアップロードのすばやさには脱帽でございます(__;)。流石。まじで尊敬。はいつくばっちゃお。

    ところでOM。そーなんですよ、ワシらこれで1000%QSL発行者ですぜw。
    「連盟は脱退しました。」などとごちゃごちゃ言わんでもいいだけ、手間もかからん。

    「あ、QSLカードならもう送りました。」と言える。うぇっへっへ。
    「レンメイ組の諸君、いつまでもどんくさいことをやっていたまえ、け~っへっへぇ。」などとは露ほども思うことなくσ(^。^;) σ(^。^;) ←二人分。
  5. Sanyo

    Sanyo

    2009-11-02 (Mon) 13:46

    しかし、何、HRDと連動して勝手にカードを出せるんだと、
    参ったな、またまた、おいてかれたな。ちょ、ちょっと、まってくなはれ、
    何とかしたいけど、そのペースでは出来ません。ぼちぼちついて行きますので
    見捨てないでくらはい。

Comment Form

Comment Form
Propagation Report



Recent Articles
Certificates
VK Jumbunna
WAC
WAP
YU Diplom
IARU Region III
DXF-X-A
United Nations Award
S6S
ADXA
N4MQ
eDX46
eDX50 Certificate
EPC Membership
KZPA-III Award
Belgium Digital Modes AWARD
ITU-PSK19
CQPSK-10

DMC Certificate
DMC ITU ZONES 5
DMC ITU ZONES 10
DMC ITU ZONES 20
DMC ITU ZONES 30
DMC WAZ10
DMC WAZ 20
DMC DXCC25
DMC Eurpe Class1
DMC Member25
BDMMA-50
EPCAS
EPCOC
CQPSK-20
Croatia Digital Group
DMC DXCC50
EPC EU10
WDMC-50
CDG DXCA50
Natal Digital Group
PHPHA-100
RPXPA-3
RRPA-BRONZE-3
EPC RU-III
EPC MGSPA
EPC EUSPA
PHPHA-100
EPCEU
ECPDX
DMC WEA Class1BPSK
EPC RGSPA-73
BDMMA-100
DMC WAC
DMC ITU-40
eDX75
WACPA
EPC DXDA
PHASE50
PSKWAC
Natal Digital Group
EPC RGSPA55
PSKWAC2
EPC EUSPA
PHPA200 EPC ASSPA200
EPC KZPA-II
MGSPA-200
BPSK31
MWCA-Second
EPC RRPA
DMC WAS10
JH2DBQ-ECSA-FIFTH.jpg
JH2DBQ-BQPA-BPSK63.jpg
JH2DBQ-ECSA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-AUPA-SILVER.jpg

JH2DBQ-WASA-012.jpg
JH2DBQ-PHASE-100_201310041939237e2.jpg
JH2DBQ-EUROPA-BRONZE.jpg
JH2DBQ-EUSPA-700.jpg
JH2DBQ-ECSA-SIXTH.jpg
JH2DBQ-EPCCRO-BRONZE.jpg
FOC75 Award
JH2DBQ-EPCDL-BRONZE.jpg
JH2DBQ-FPXPA-III.jpg
JH2DBQ-ITPAI-ITRPAIII.jpg
JH2DBQ-EUSPA-800 (1)

 JH2DBQ-ITPAII-LOPAII-001.jpg
JH2DBQ-MWCA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-MGSPA-600.jpg
JH2DBQ-MASTER-1STAR.jpg
JH2DBQ-PHPA-600.jpg
CQ Japan issued
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.4
CQ Japan vol.4
CQ Japan Vol.3
CQ Japan August 2010
CQ Japan Vol.2
CQ JAPAN Magazine July 2010 創刊2号 表紙(だけ)
CQ Japan Vol.1
Hand Strap with minolta alpha7


The Beatles in a Window
20100529i

Recent Comments
Search him !

free counters

QRZ callsign lookup:
provided by qrz.com



eQSL.cc vs LOTW
135cfm - 173cfm
Enter your callsign to see if you have an eQSL waiting!

Profile II
DXCC 232/267

QSO 11313

2014 1221 112/165
2013 2354 150/186 1kW
2012 2737 130/145
2011 568 73/100
2010 49 10/ 19
2009 333 37/ 51
2008 153 08/ 29 VoIP / FCC Extra
2007 0
2006 0
2005 0
2004 0
2003 0
2002 0
2001 15 00/02
2000 0
1999 0
1998 0
1997 0
1996 10 01/02
1995 0 /500Watts Expired
1994 450 29/85
1993 26 05/10
1992 20 00/01
1991 496 53/108
1990 416 46/87
1989 99 03/15
1988 29 00/02
1987 48 00/06
1986 10 09/25
1985 49 07/19
1984 104 05/12
1983 612 42/62
1982 724 82/108/500Watts
1981 2 01/02
1980 0 /1st Class
1979 4 00/01
1978 0
1977 0
1976 4
1975 30 00/02
1974 44 02/07
1973 256 18/31
1972 191 17/26
1971 302 06/15 /phone Class
Return to Pagetop