くまモン Official Site
1526109_575436825876410_853617968_n.jpg
Profile
Profile

Author:Jh2dbq
Welcome to my blog!
I became a radio amateur in 1972 and have been enjoying being one.

friends



SanyoSan/JA1COR

KenSan/KI2P
Ken's Drake C-4 Line


CQ-101
CQ101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
-

Trackback

Trackback URL

4354

ワシのアンテナはどーなったか @再建レポ

P6160035.jpg JAL日航の再建のほうがよっぽどラクでは思う凸。

アンテナ建立からほぼ一年、気になる点が幾つかありながらも、自分を誤魔化して使ってきたが、やっぱり、本当はもっと飛ぶのではないかとスケベ心を起こして一念発起、ラジアルを取っ払って再編成。しようとして十日。

滞空時間は、そうだなぁ二十時間ぐらいになると思う。陽に焼けた凸。途中で二度ほど、粗大ゴミとして捨てたろか凸(--メ)と癇癪起こした。そうでなくとも、バラバラに戻して最初から組み立てなおそうかと思ったのが一度。
それぐらい ワヤ になった。

40mより下のローバンドはわりと簡単で、それぞれ独立してチューニングできる感じなんだけど、30mより上のバンドは、どれかをいじるとどれかがおかしくなり、モグラたたきの状態もえぇところ。

十バンドもあるとなあ。
取説なんかも、そのへんは腹を括っていて、そううまく行くと思うなよwみたいなことが書かれている。

ワシが一番難儀したのは、10m。このアンテナの場合、10mはおそらく全長を3/4λで動作させていると思われる。つまり、調整は、最先端エレメントを出し入れして行う以外に。ない。にもかかわらず、同調周波数が大きくズレていて、最先端エレメントの長さが足りない。

わしはここは、それこそ腹を括って、全長を変更するため、最先端エレメントを交換することにした。ラジアル側でなんとかならんかと取り組んだが、なんともならんのだった。

結局、全長は40センチほど伸びたw。

40センチも伸びたとなりゃ、他の全バンドが影響を受けるため、嬉しいことに 全 部 や り な お し と来たもんだ。
しかも今度は、頼るべきマニュアルはないも同然。

ま、そう大きく異なることはなかろうと思ったが、その「大きくない変化」はたいへんな苦労をもたらした。たとえば、コイルを移動したい場所には他の部品があるとか。


で、途中省略して現状をご報告申し上げると、あと18mがなんとかなりゃ、いちおう格好はつく。

ところまできたんだけれども、この「あと1バンド」が曲者で、その調整結果次第でまた全部のバンドをやりなおす羽目にならぬとも限らぬわけだ。

P6160035.jpg
0

Comment

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

Propagation Report



Recent Articles
Certificates
VK Jumbunna
WAC
WAP
YU Diplom
IARU Region III
DXF-X-A
United Nations Award
S6S
ADXA
N4MQ
eDX46
eDX50 Certificate
EPC Membership
KZPA-III Award
Belgium Digital Modes AWARD
ITU-PSK19
CQPSK-10

DMC Certificate
DMC ITU ZONES 5
DMC ITU ZONES 10
DMC ITU ZONES 20
DMC ITU ZONES 30
DMC WAZ10
DMC WAZ 20
DMC DXCC25
DMC Eurpe Class1
DMC Member25
BDMMA-50
EPCAS
EPCOC
CQPSK-20
Croatia Digital Group
DMC DXCC50
EPC EU10
WDMC-50
CDG DXCA50
Natal Digital Group
PHPHA-100
RPXPA-3
RRPA-BRONZE-3
EPC RU-III
EPC MGSPA
EPC EUSPA
PHPHA-100
EPCEU
ECPDX
DMC WEA Class1BPSK
EPC RGSPA-73
BDMMA-100
DMC WAC
DMC ITU-40
eDX75
WACPA
EPC DXDA
PHASE50
PSKWAC
Natal Digital Group
EPC RGSPA55
PSKWAC2
EPC EUSPA
PHPA200 EPC ASSPA200
EPC KZPA-II
MGSPA-200
BPSK31
MWCA-Second
EPC RRPA
DMC WAS10
JH2DBQ-ECSA-FIFTH.jpg
JH2DBQ-BQPA-BPSK63.jpg
JH2DBQ-ECSA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-AUPA-SILVER.jpg

JH2DBQ-WASA-012.jpg
JH2DBQ-PHASE-100_201310041939237e2.jpg
JH2DBQ-EUROPA-BRONZE.jpg
JH2DBQ-EUSPA-700.jpg
JH2DBQ-ECSA-SIXTH.jpg
JH2DBQ-EPCCRO-BRONZE.jpg
FOC75 Award
JH2DBQ-EPCDL-BRONZE.jpg
JH2DBQ-FPXPA-III.jpg
JH2DBQ-ITPAI-ITRPAIII.jpg
JH2DBQ-EUSPA-800 (1)

 JH2DBQ-ITPAII-LOPAII-001.jpg
JH2DBQ-MWCA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-MGSPA-600.jpg
JH2DBQ-MASTER-1STAR.jpg
JH2DBQ-PHPA-600.jpg
CQ Japan issued
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.4
CQ Japan vol.4
CQ Japan Vol.3
CQ Japan August 2010
CQ Japan Vol.2
CQ JAPAN Magazine July 2010 創刊2号 表紙(だけ)
CQ Japan Vol.1
Hand Strap with minolta alpha7


The Beatles in a Window
20100529i

Recent Comments
Search him !

free counters

QRZ callsign lookup:
provided by qrz.com



eQSL.cc vs LOTW
135cfm - 173cfm
Enter your callsign to see if you have an eQSL waiting!

Profile II
DXCC 232/267

QSO 11313

2014 1221 112/165
2013 2354 150/186 1kW
2012 2737 130/145
2011 568 73/100
2010 49 10/ 19
2009 333 37/ 51
2008 153 08/ 29 VoIP / FCC Extra
2007 0
2006 0
2005 0
2004 0
2003 0
2002 0
2001 15 00/02
2000 0
1999 0
1998 0
1997 0
1996 10 01/02
1995 0 /500Watts Expired
1994 450 29/85
1993 26 05/10
1992 20 00/01
1991 496 53/108
1990 416 46/87
1989 99 03/15
1988 29 00/02
1987 48 00/06
1986 10 09/25
1985 49 07/19
1984 104 05/12
1983 612 42/62
1982 724 82/108/500Watts
1981 2 01/02
1980 0 /1st Class
1979 4 00/01
1978 0
1977 0
1976 4
1975 30 00/02
1974 44 02/07
1973 256 18/31
1972 191 17/26
1971 302 06/15 /phone Class
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。