くまモン Official Site
1526109_575436825876410_853617968_n.jpg
Profile
Profile

Author:Jh2dbq
Welcome to my blog!
I became a radio amateur in 1972 and have been enjoying being one.

friends



SanyoSan/JA1COR

KenSan/KI2P
Ken's Drake C-4 Line


CQ-101
CQ101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

  1. モモコwithJE2EVX

    モモコwithJE2EVX

    2014-06-01 (Sun) 13:28

    自分としてはEスポは雷雲から成層圏を越えて上方の電離層へ向かっての雷(レッドスプライト/超高層雷)によってイオン化された上層大気の反射だと思ってます。いまのところ発生高度や条件、気象などに矛盾点はありません。
  2. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2014-06-01 (Sun) 14:36

    おおお。コメントありがとうございます。

    おおおおお。さすが。

    おおおおおおお。だとすると、KingSolomonとも親和性がありますね。
  3. Sanyo

    Sanyo

    2014-06-02 (Mon) 12:13

    だとするとE-SPO時はもよりの雷雲発生地域の方向にアンテナを向けるのが正しいのかも、 なるほど。
     レーダー画面を見ながらやってみるか。
  4. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2014-06-02 (Mon) 13:06

    と思うんだけど、対流圏で起きる雷撃と、電離層で起きる雷撃というのは、同じTPOけ?
    という疑問があるのでごわすが。

Comment Form

Comment Form
-

Trackback

Trackback URL

4322

King Solomonの法則を(半世紀ぶりに)考える

JH2DBQ-NASPA-100.jpg 

Wikipediaの「Eスポ」に関する説明はなかなかおもしろい。アマチュア無線家が書いたものと思われる。よくまとまっていると思う。
とくに「キングソロモンの法則」に触れてくれているのは、嬉しい。

アマチュア無線家の間では、暑い日に起きやすい、とする説や、50MHz帯の異常伝播の傾向について、栗山晴二の唱えた「キングソロモンの法則」が知られている。この名称は、栗山のコールサインであるJ2KS, JA1KSにちなむものである。「日本列島を寒冷前線が縦断した時、かつ雲が垂れ込めていると発生しやすい」というものである。ただし気象現象は対流圏内(およそ上空10km程度まで)の活動であるにもかかわらずなぜE層の高さ(上空100kmの電離層、熱圏)にまで影響するのかといった因果関係を説明できる科学的な根拠はなく、経験則の域を出られなかった。
まったくここに書かれているとおりであって、唱導されたのは1960年代の終わりごろだったかと思う。中学生だったワシは、CQ誌の記事をライブで真剣に読んだw。

Eスポの発生を、天気図をもとに予測できぬものかという発想であって、非常にユニークと言える。

無論、栗山OMご自身も、この発想がいずれ「トンデモ」系の誹りを受けることも予定されていたようで、言わば、今みたいに「およそ科学とは」みたいな詰まらぬ限定をしない、余裕のあるスタンスでの、ひとつの着眼だったと思う。冗談に真剣に取り組むというかw

いまはこういうのはあんまりないなぁ。「イグ・ノーベル」の発想が近いかも知れぬ。真実というものは、怪しさに紛れて存在するものだとでも言うか、定説というものは偏見の別称だぐらいのキモチでいないと、進歩というものはないであらふ。


能書きはさておき、このキングソロモンの法則だが、ここんところの電離層の状態を見るにつけ、あらためて再検討してみる価値がある気がする。Eスポの発生原理は、まだよくわかっていないようだからというのもあるが、最近ではさらに、宇宙線が天候に与える影響、とりわけ雲量への影響は、指摘されているからだ。

また、たとえば、なぜ日本周辺はEスポの発生頻度が高いか、というフシギもある。中緯度に位置するというのもカギなのかもわからん。

このあたりは、風呂やトイレでふと考えるとなかなかに面白い問題で、

(1)なぜこの時期にEスポが多発するか。

(2)とすると、Eスポ発生の要因としてナニが考えられるか。

(3)であるなら、マウンダー極小期到来説はアタルと言えるか。

などなど、けっこう飽きなかったりする。ありがとうソロモン王w


JH2DBQ-NASPA-100.jpg
4

Comment

  1. モモコwithJE2EVX

    モモコwithJE2EVX

    2014-06-01 (Sun) 13:28

    自分としてはEスポは雷雲から成層圏を越えて上方の電離層へ向かっての雷(レッドスプライト/超高層雷)によってイオン化された上層大気の反射だと思ってます。いまのところ発生高度や条件、気象などに矛盾点はありません。
  2. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2014-06-01 (Sun) 14:36

    おおお。コメントありがとうございます。

    おおおおお。さすが。

    おおおおおおお。だとすると、KingSolomonとも親和性がありますね。
  3. Sanyo

    Sanyo

    2014-06-02 (Mon) 12:13

    だとするとE-SPO時はもよりの雷雲発生地域の方向にアンテナを向けるのが正しいのかも、 なるほど。
     レーダー画面を見ながらやってみるか。
  4. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2014-06-02 (Mon) 13:06

    と思うんだけど、対流圏で起きる雷撃と、電離層で起きる雷撃というのは、同じTPOけ?
    という疑問があるのでごわすが。

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

Propagation Report



Recent Articles
Certificates
VK Jumbunna
WAC
WAP
YU Diplom
IARU Region III
DXF-X-A
United Nations Award
S6S
ADXA
N4MQ
eDX46
eDX50 Certificate
EPC Membership
KZPA-III Award
Belgium Digital Modes AWARD
ITU-PSK19
CQPSK-10

DMC Certificate
DMC ITU ZONES 5
DMC ITU ZONES 10
DMC ITU ZONES 20
DMC ITU ZONES 30
DMC WAZ10
DMC WAZ 20
DMC DXCC25
DMC Eurpe Class1
DMC Member25
BDMMA-50
EPCAS
EPCOC
CQPSK-20
Croatia Digital Group
DMC DXCC50
EPC EU10
WDMC-50
CDG DXCA50
Natal Digital Group
PHPHA-100
RPXPA-3
RRPA-BRONZE-3
EPC RU-III
EPC MGSPA
EPC EUSPA
PHPHA-100
EPCEU
ECPDX
DMC WEA Class1BPSK
EPC RGSPA-73
BDMMA-100
DMC WAC
DMC ITU-40
eDX75
WACPA
EPC DXDA
PHASE50
PSKWAC
Natal Digital Group
EPC RGSPA55
PSKWAC2
EPC EUSPA
PHPA200 EPC ASSPA200
EPC KZPA-II
MGSPA-200
BPSK31
MWCA-Second
EPC RRPA
DMC WAS10
JH2DBQ-ECSA-FIFTH.jpg
JH2DBQ-BQPA-BPSK63.jpg
JH2DBQ-ECSA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-AUPA-SILVER.jpg

JH2DBQ-WASA-012.jpg
JH2DBQ-PHASE-100_201310041939237e2.jpg
JH2DBQ-EUROPA-BRONZE.jpg
JH2DBQ-EUSPA-700.jpg
JH2DBQ-ECSA-SIXTH.jpg
JH2DBQ-EPCCRO-BRONZE.jpg
FOC75 Award
JH2DBQ-EPCDL-BRONZE.jpg
JH2DBQ-FPXPA-III.jpg
JH2DBQ-ITPAI-ITRPAIII.jpg
JH2DBQ-EUSPA-800 (1)

 JH2DBQ-ITPAII-LOPAII-001.jpg
JH2DBQ-MWCA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-MGSPA-600.jpg
JH2DBQ-MASTER-1STAR.jpg
JH2DBQ-PHPA-600.jpg
CQ Japan issued
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.4
CQ Japan vol.4
CQ Japan Vol.3
CQ Japan August 2010
CQ Japan Vol.2
CQ JAPAN Magazine July 2010 創刊2号 表紙(だけ)
CQ Japan Vol.1
Hand Strap with minolta alpha7


The Beatles in a Window
20100529i

Recent Comments
Search him !

free counters

QRZ callsign lookup:
provided by qrz.com



eQSL.cc vs LOTW
135cfm - 173cfm
Enter your callsign to see if you have an eQSL waiting!

Profile II
DXCC 232/267

QSO 11313

2014 1221 112/165
2013 2354 150/186 1kW
2012 2737 130/145
2011 568 73/100
2010 49 10/ 19
2009 333 37/ 51
2008 153 08/ 29 VoIP / FCC Extra
2007 0
2006 0
2005 0
2004 0
2003 0
2002 0
2001 15 00/02
2000 0
1999 0
1998 0
1997 0
1996 10 01/02
1995 0 /500Watts Expired
1994 450 29/85
1993 26 05/10
1992 20 00/01
1991 496 53/108
1990 416 46/87
1989 99 03/15
1988 29 00/02
1987 48 00/06
1986 10 09/25
1985 49 07/19
1984 104 05/12
1983 612 42/62
1982 724 82/108/500Watts
1981 2 01/02
1980 0 /1st Class
1979 4 00/01
1978 0
1977 0
1976 4
1975 30 00/02
1974 44 02/07
1973 256 18/31
1972 191 17/26
1971 302 06/15 /phone Class
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。