くまモン Official Site
1526109_575436825876410_853617968_n.jpg
Profile
Profile

Author:Jh2dbq
Welcome to my blog!
I became a radio amateur in 1972 and have been enjoying being one.

friends



SanyoSan/JA1COR

KenSan/KI2P
Ken's Drake C-4 Line


CQ-101
CQ101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

  1. Fumi 7k1ptt

    Fumi 7k1ptt

    2014-05-07 (Wed) 20:48

    こんばんは~。

    さきほども21MHz帯で体験したのですけれど,クランクアップタワーを上昇させながら受信を続けていますとね,地上高15~17mあたりでいったん信号が弱くなるんです。

    何回も経験しています。

    「地上高20m以上にすると急に電波の飛びが良くなる」という話を聞いたことがあります。
    が,いま思うに「地上高15~17mでは電波の飛びが悪い」というのが実情のような気もします。

    他方で,Outbacker Jr. というモービルホイップはよく飛びました。
    Nifty-Serve FHAMのオンエアミーティングでは7MHz-SSBにて,私の信号が強かったので急遽センター局を務めたこともありました。
    高速道路を走行しながら7MHz-CWで交信したり,アウトバーンを走行しながら日本の局の信号をSWLしたり(その後パーキングにて交信)。
    パイルアップでも意外に勝てたりしました。
    小高い丘に登ればかなりいい感じで,体感的には「ルーフタワーにつけた八木アンテナよりは飛んだ」という印象があります。

    まとめますと,水平系アンテナは地上高さの影響が大きそうですので,高さをどう考慮するかによって結果も変わるように思います。
    給電点17m以下では垂直系のほうが有利そうです。
  2. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2014-05-08 (Thu) 13:58

    1波長あたりで信号が弱くなる?
    近場のDXですかいね。

    モービルの件についても、いずれ根掘り葉掘り
    訊いてみたい♪

Comment Form

Comment Form
-

Trackback

Trackback URL

4234

これからのアンテナの話をしよう VII GPのナゾ(3)ぶっちゃけ、飛ぶのか?

P5070042.jpg ラジアルエレメントをどう展開したら良いのかとあれこれ悩んでWebを徘徊していた一年前、二つの面白い記事に出会った。
アメリカ人ハムの書いた記事と、日本人ハムの書いた別々の記事なんだが、内容は共通で

 GPはメタメタ飛ぶ。3エレ八木より飛ぶ。

だった。これからそのGPを立てようとしているワシには嬉しいことこの上ない記事だったが、内容的には雲をつかむようなところもあった。

奇遇なことに、このお二方はそれぞれペディション運用の結果、そういった結論を得たという。アメリカ人ハムは、カリブ海だったか忘れたが、そっち方面へのペディ。日本人のかたは、沖縄への移動運用だった。なのでお二方とも、海辺での運用。そしてお二方とも、3エレ八木とGPを用意しておられた。

カリブのほうは、ペディの全期間を通じてGPのほうが3エレ八木を上回る成績を上げたという。送信も受信も、だ。信号強度の差異について、詳細に書かれていたと思う。

そして、海辺で良好なアースが期待できる場合のGPはスゴイぜ凸 という結論だった。と思う。

ここまで読んだだけだと、そーかやっぱりGPはアースかということで、ラジアルエレメントを百本以上展張したりなどなど、たいへんな労苦を重ねることになる。
ま、これまでの常識に合う結論ではある。

ところが、沖縄移動の方もここまでは同じなんだが、このかたは、翌年もう一度だったか、とにかく期間をおいて同じ場所で同じことをしたにもかかわらず、GPなんぞはてんで役立たなかったという。


なぜか。


***************************************************


わしは最近ようやっと結論が出かかっていることに、これはコンディションの差異による偏波面のチガイと予想される。

垂直偏波が有利な場合と、水平偏波が有利な場合とがあるということだ。



ご存知のとおり-ご存知じゃないかも知れんが-、電波は電離層を「通過する際に」、偏波面が回転運動を起こす。

それがどの程度のものかがわかればいいんだが、相手が自然現象なのでなんともわからん。観測する方法はあるとは思うが、時々刻々と変化するわけで、実測してどうするよという気がしないでもない。また、アマチュア無線てのは、ある程度ミステリアスな領域があったほうが面白い。

この回転運動は、非常にゆっくりしたものであって、ワシがこれを気にしつつワッチしたところ、短くて数秒以上かかって90度の変化がある気がする。場合によっては、変化しない。変化しかかったと見せかけて、戻る場合もある。

変化しない場合であっても、全くそのまんま偏波面が変化せず到来して来ているのではなく、たとえば540度=一回転半してそこで安定しているということを意味する。偏波面は必ず変化する。

もっとも、
たとえば30秒かかって90度動くとしても、秒速3秒でコンスタントに回転するのではなく、ある瞬間でぱっと60度ぐらい変化したりする場合もあるように思われる。風のゆらぎに似ている。

結局、送信側がキレイな水平偏波であったとしても、受信側での到達時点でそれが水平なのか垂直なのかナナメなのか激しく回転中なのかは、 わ か ら ん わけだ。

この点について今いちばん詳しいのは、前にもご紹介申し上げましたJA7AOV大沢OMではと思われます。OMは展張方向のちがう2本のアンテナを、ひんぱんに切り替えてレポート交換していらっしゃる。タヌキワッチしているだけでも勉強になります、hi。


以上はGPアンテナを一年ほど使ってみての感触。詳しいことは訊くなよ凸。捏造だコピペだ凸。


この一年、パイルアップに参加していて、「こんなんどう見てもオレに応えるしかないっしょ」と思える瞬間があって、これが不思議でならんかった。

これが要するに「GPが3エレより強いとき」なのだろうと、ようやっと最近わかった。偏波面が有利に働いているわけだ。と思う。

そりゃそうだ、水平・垂直のレベル差は、それが楕円性を帯びているとしても、最大で40dBがたあると思われる。

40dBもありゃ、30mHの5エレ八木でも敵ではないwwww。30dBのゲインのあるHFアンテナなんて、ないw。ザマミロである。

以上はナイショにしておこうかと、生涯、言わんでおいたろかと思ってたんだけど、じゃあ5エレ八木の持ち主がGPも建てて二刀流でできるかというと、たぶんできないwと思う。実用上のメリットは、おそらくない。



タイミングをつかめるまでにはしばらくかかるし、そのころには今期サイクルは終わっておるわぃ凸。





追記
GPが常に優位だというわけではない。「こんなんどう見たって、おれに応答あるわけないっしょ」と思われるときも同じぐらいあるわけだ。感触的にはソッチのほうが多い。ち。

P5070042.jpg
2

Comment

  1. Fumi 7k1ptt

    Fumi 7k1ptt

    2014-05-07 (Wed) 20:48

    こんばんは~。

    さきほども21MHz帯で体験したのですけれど,クランクアップタワーを上昇させながら受信を続けていますとね,地上高15~17mあたりでいったん信号が弱くなるんです。

    何回も経験しています。

    「地上高20m以上にすると急に電波の飛びが良くなる」という話を聞いたことがあります。
    が,いま思うに「地上高15~17mでは電波の飛びが悪い」というのが実情のような気もします。

    他方で,Outbacker Jr. というモービルホイップはよく飛びました。
    Nifty-Serve FHAMのオンエアミーティングでは7MHz-SSBにて,私の信号が強かったので急遽センター局を務めたこともありました。
    高速道路を走行しながら7MHz-CWで交信したり,アウトバーンを走行しながら日本の局の信号をSWLしたり(その後パーキングにて交信)。
    パイルアップでも意外に勝てたりしました。
    小高い丘に登ればかなりいい感じで,体感的には「ルーフタワーにつけた八木アンテナよりは飛んだ」という印象があります。

    まとめますと,水平系アンテナは地上高さの影響が大きそうですので,高さをどう考慮するかによって結果も変わるように思います。
    給電点17m以下では垂直系のほうが有利そうです。
  2. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2014-05-08 (Thu) 13:58

    1波長あたりで信号が弱くなる?
    近場のDXですかいね。

    モービルの件についても、いずれ根掘り葉掘り
    訊いてみたい♪

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

Propagation Report



Recent Articles
Certificates
VK Jumbunna
WAC
WAP
YU Diplom
IARU Region III
DXF-X-A
United Nations Award
S6S
ADXA
N4MQ
eDX46
eDX50 Certificate
EPC Membership
KZPA-III Award
Belgium Digital Modes AWARD
ITU-PSK19
CQPSK-10

DMC Certificate
DMC ITU ZONES 5
DMC ITU ZONES 10
DMC ITU ZONES 20
DMC ITU ZONES 30
DMC WAZ10
DMC WAZ 20
DMC DXCC25
DMC Eurpe Class1
DMC Member25
BDMMA-50
EPCAS
EPCOC
CQPSK-20
Croatia Digital Group
DMC DXCC50
EPC EU10
WDMC-50
CDG DXCA50
Natal Digital Group
PHPHA-100
RPXPA-3
RRPA-BRONZE-3
EPC RU-III
EPC MGSPA
EPC EUSPA
PHPHA-100
EPCEU
ECPDX
DMC WEA Class1BPSK
EPC RGSPA-73
BDMMA-100
DMC WAC
DMC ITU-40
eDX75
WACPA
EPC DXDA
PHASE50
PSKWAC
Natal Digital Group
EPC RGSPA55
PSKWAC2
EPC EUSPA
PHPA200 EPC ASSPA200
EPC KZPA-II
MGSPA-200
BPSK31
MWCA-Second
EPC RRPA
DMC WAS10
JH2DBQ-ECSA-FIFTH.jpg
JH2DBQ-BQPA-BPSK63.jpg
JH2DBQ-ECSA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-AUPA-SILVER.jpg

JH2DBQ-WASA-012.jpg
JH2DBQ-PHASE-100_201310041939237e2.jpg
JH2DBQ-EUROPA-BRONZE.jpg
JH2DBQ-EUSPA-700.jpg
JH2DBQ-ECSA-SIXTH.jpg
JH2DBQ-EPCCRO-BRONZE.jpg
FOC75 Award
JH2DBQ-EPCDL-BRONZE.jpg
JH2DBQ-FPXPA-III.jpg
JH2DBQ-ITPAI-ITRPAIII.jpg
JH2DBQ-EUSPA-800 (1)

 JH2DBQ-ITPAII-LOPAII-001.jpg
JH2DBQ-MWCA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-MGSPA-600.jpg
JH2DBQ-MASTER-1STAR.jpg
JH2DBQ-PHPA-600.jpg
CQ Japan issued
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.4
CQ Japan vol.4
CQ Japan Vol.3
CQ Japan August 2010
CQ Japan Vol.2
CQ JAPAN Magazine July 2010 創刊2号 表紙(だけ)
CQ Japan Vol.1
Hand Strap with minolta alpha7


The Beatles in a Window
20100529i

Recent Comments
Search him !

free counters

QRZ callsign lookup:
provided by qrz.com



eQSL.cc vs LOTW
135cfm - 173cfm
Enter your callsign to see if you have an eQSL waiting!

Profile II
DXCC 232/267

QSO 11313

2014 1221 112/165
2013 2354 150/186 1kW
2012 2737 130/145
2011 568 73/100
2010 49 10/ 19
2009 333 37/ 51
2008 153 08/ 29 VoIP / FCC Extra
2007 0
2006 0
2005 0
2004 0
2003 0
2002 0
2001 15 00/02
2000 0
1999 0
1998 0
1997 0
1996 10 01/02
1995 0 /500Watts Expired
1994 450 29/85
1993 26 05/10
1992 20 00/01
1991 496 53/108
1990 416 46/87
1989 99 03/15
1988 29 00/02
1987 48 00/06
1986 10 09/25
1985 49 07/19
1984 104 05/12
1983 612 42/62
1982 724 82/108/500Watts
1981 2 01/02
1980 0 /1st Class
1979 4 00/01
1978 0
1977 0
1976 4
1975 30 00/02
1974 44 02/07
1973 256 18/31
1972 191 17/26
1971 302 06/15 /phone Class
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。