fc2ブログ
くまモン Official Site
1526109_575436825876410_853617968_n.jpg
Profile
Profile

Author:Jh2dbq
Welcome to my blog!
I became a radio amateur in 1972 and have been enjoying being one.

friends



SanyoSan/JA1COR

KenSan/KI2P
Ken's Drake C-4 Line


CQ-101
CQ101
423

あなたの声は、耳が痛い

マイクゲインをもっと下げてくださいと今日、7メガで言われた(--;)。


しまった、アンテナが低すぎてリグが近すぎる(最短で2mも離れていない)、ピークで回り込みが起きたかぁあ

と念入りにモニタしてみたが、そうでもない。多少、回り込みの気配があるにはあるが、耳が痛いほどに伝わって行っているとは思いにくい。が一応、すいませんチェックします失礼しましたと言って73にしたのだが、この人、ワシのあとの人にもそのまたあとの人にもピークで耳が痛い耳が痛いマイクゲインを下げてくださいと言っていた。

ALCが切ってあったのではにゃかろうか。わからんが。

てなわけで、みなさんon air中のモニタリングは欠かさずしませふ。

 

・・・まさか最大ボリュームで聞いていたわけじゃあるまいな(--メ)

1

Comment

  1. Sanyo

    Sanyo

    2009-09-29 (Tue) 10:37

    これも自説なんだが、交信時に音質等レポートを交換するわけだが、そのときに気をつけなければいけないことが
    いくつかある。
    1 適切なるレポートを送れる受信環境か
    2 それを聞いて判断できる訓練された耳をもっているか
    3 それを正しい言語表現により、相手に伝えられる言語力があるか そして、聞くほうにも、
    これらを全て備えていないとそのレポートは役にたたないだけでなく、しないほうがよっぽど良いものになる。
    受信機の音質評価のための最適設定は出来なくてはいけないし、
    耳は例えば、音声帯域の上から下まで、聞いてみて、どの周波数はどんな印象かを頭に入れておかなければならない。
    言語表現は説明する相手にも共通のイメージが沸くようでなくてはならない。 よく、抜けがよくて、音が前に出てくる
    などというが、(それはそれで、適切な表現となりうるんだが)対話する両者に共通のイメージが沸かないとナに行ってんだかわからないわけだよ。 とまあ、えらそうにのたまわったが、のりのりの総代理人に対抗して全てコメントを発してやろうとしたが、もうだめ、降参だー

Comment Form

Comment Form
Propagation Report



Recent Articles
Certificates
VK Jumbunna
WAC
WAP
YU Diplom
IARU Region III
DXF-X-A
United Nations Award
S6S
ADXA
N4MQ
eDX46
eDX50 Certificate
EPC Membership
KZPA-III Award
Belgium Digital Modes AWARD
ITU-PSK19
CQPSK-10

DMC Certificate
DMC ITU ZONES 5
DMC ITU ZONES 10
DMC ITU ZONES 20
DMC ITU ZONES 30
DMC WAZ10
DMC WAZ 20
DMC DXCC25
DMC Eurpe Class1
DMC Member25
BDMMA-50
EPCAS
EPCOC
CQPSK-20
Croatia Digital Group
DMC DXCC50
EPC EU10
WDMC-50
CDG DXCA50
Natal Digital Group
PHPHA-100
RPXPA-3
RRPA-BRONZE-3
EPC RU-III
EPC MGSPA
EPC EUSPA
PHPHA-100
EPCEU
ECPDX
DMC WEA Class1BPSK
EPC RGSPA-73
BDMMA-100
DMC WAC
DMC ITU-40
eDX75
WACPA
EPC DXDA
PHASE50
PSKWAC
Natal Digital Group
EPC RGSPA55
PSKWAC2
EPC EUSPA
PHPA200 EPC ASSPA200
EPC KZPA-II
MGSPA-200
BPSK31
MWCA-Second
EPC RRPA
DMC WAS10
JH2DBQ-ECSA-FIFTH.jpg
JH2DBQ-BQPA-BPSK63.jpg
JH2DBQ-ECSA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-AUPA-SILVER.jpg

JH2DBQ-WASA-012.jpg
JH2DBQ-PHASE-100_201310041939237e2.jpg
JH2DBQ-EUROPA-BRONZE.jpg
JH2DBQ-EUSPA-700.jpg
JH2DBQ-ECSA-SIXTH.jpg
JH2DBQ-EPCCRO-BRONZE.jpg
FOC75 Award
JH2DBQ-EPCDL-BRONZE.jpg
JH2DBQ-FPXPA-III.jpg
JH2DBQ-ITPAI-ITRPAIII.jpg
JH2DBQ-EUSPA-800 (1)

 JH2DBQ-ITPAII-LOPAII-001.jpg
JH2DBQ-MWCA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-MGSPA-600.jpg
JH2DBQ-MASTER-1STAR.jpg
JH2DBQ-PHPA-600.jpg
CQ Japan issued
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.4
CQ Japan vol.4
CQ Japan Vol.3
CQ Japan August 2010
CQ Japan Vol.2
CQ JAPAN Magazine July 2010 創刊2号 表紙(だけ)
CQ Japan Vol.1
Hand Strap with minolta alpha7


The Beatles in a Window
20100529i

Recent Comments
Search him !

free counters

QRZ callsign lookup:
provided by qrz.com



eQSL.cc vs LOTW
135cfm - 173cfm
Enter your callsign to see if you have an eQSL waiting!

Profile II
DXCC 232/267

QSO 11313

2014 1221 112/165
2013 2354 150/186 1kW
2012 2737 130/145
2011 568 73/100
2010 49 10/ 19
2009 333 37/ 51
2008 153 08/ 29 VoIP / FCC Extra
2007 0
2006 0
2005 0
2004 0
2003 0
2002 0
2001 15 00/02
2000 0
1999 0
1998 0
1997 0
1996 10 01/02
1995 0 /500Watts Expired
1994 450 29/85
1993 26 05/10
1992 20 00/01
1991 496 53/108
1990 416 46/87
1989 99 03/15
1988 29 00/02
1987 48 00/06
1986 10 09/25
1985 49 07/19
1984 104 05/12
1983 612 42/62
1982 724 82/108/500Watts
1981 2 01/02
1980 0 /1st Class
1979 4 00/01
1978 0
1977 0
1976 4
1975 30 00/02
1974 44 02/07
1973 256 18/31
1972 191 17/26
1971 302 06/15 /phone Class
Return to Pagetop