くまモン Official Site
1526109_575436825876410_853617968_n.jpg
Profile
Profile

Author:Jh2dbq
Welcome to my blog!
I became a radio amateur in 1972 and have been enjoying being one.

friends



SanyoSan/JA1COR

KenSan/KI2P
Ken's Drake C-4 Line


CQ-101
CQ101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
-

Trackback

Trackback URL

4208

おぼかた博士、断固支持 PartVII

P5010007.jpg あほマスコミの難詰の矛先が理研に向かいつつあるようなんだけど、わしは気に入らん。

おぼかた博士を難詰したのと同じ事情が理研・調査委側にもあるのなら、理研をも難詰するのがスジということなのかとも思うが、わしはそもそも、そんなことは難詰する事由にあたらんと思うからだ。話の出発点がそもそもおかしい。てのがワシの見方。

そーゆー意味では、おぼかた博士の弁護団(つーのかね、あの規模で)が、理研に対して「捏造の定義を示せ」と、昨日だったかに迫ったのは、どうも攻撃の仕方として品格に欠ける気がしてならん。

弁護団というのは、法的観点からモノゴトを見るのだろうから、どーしてもそういう法論理中心に体勢を組み立てようとするのだろうが、しかし大所高所から見て、法的勝利がそのまんま社会的勝利になるとは限らん。

野球なんかでよく言われるのが「勝負に勝って試合に負けた」というやつだが、そうなりかねん気がする。わかりやすく言い換えると、弁護団vs理研で弁護団側が勝利したとしても、得られるのは「処分の撤回」だけじゃん?おぼかた博士が求めているのは、「元の研究環境への平穏な復帰」のはずで、「処分の撤回」では不足のはずだ。

もっとも、どうせ「平穏な復帰」はムリだと考えているなら、いっそ理研の名誉を地の底に叩き落とすべきであり、だとするなら、「捏造の定義」などというチマチマしたことをいま相手に言わすのは、得策とは思えん。

どうせ理研・調査委は、次回の発表内容を萎縮したものとせざるを得ない。それが明白になったいま、なんで理研をコマゴマ突っつくのか。


次回調査発表がトボケたものになったら、その時こそ、がつんと言えばいいんだよ。ていうか、もうあとは放っておいてもマスゴミがやるんとちがうんかという気がする。

つまり、静かにしていたほうがカッコ良いのとちがいますか>弁護団、とワシは言うておるのだ。センスを疑う。
法的闘争に勝ちまして弁護団に多額の報酬支払いましたが将来失いました。とならんことを祈る。




追記
て言うか、早よSTAP細胞再現してみせてくれぇえええ。


追記2
という意味では、だれでもえぇからおぼかた博士に研究室を提供せぇよ。






P5010007.jpg

0

Comment

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

Propagation Report



Recent Articles
Certificates
VK Jumbunna
WAC
WAP
YU Diplom
IARU Region III
DXF-X-A
United Nations Award
S6S
ADXA
N4MQ
eDX46
eDX50 Certificate
EPC Membership
KZPA-III Award
Belgium Digital Modes AWARD
ITU-PSK19
CQPSK-10

DMC Certificate
DMC ITU ZONES 5
DMC ITU ZONES 10
DMC ITU ZONES 20
DMC ITU ZONES 30
DMC WAZ10
DMC WAZ 20
DMC DXCC25
DMC Eurpe Class1
DMC Member25
BDMMA-50
EPCAS
EPCOC
CQPSK-20
Croatia Digital Group
DMC DXCC50
EPC EU10
WDMC-50
CDG DXCA50
Natal Digital Group
PHPHA-100
RPXPA-3
RRPA-BRONZE-3
EPC RU-III
EPC MGSPA
EPC EUSPA
PHPHA-100
EPCEU
ECPDX
DMC WEA Class1BPSK
EPC RGSPA-73
BDMMA-100
DMC WAC
DMC ITU-40
eDX75
WACPA
EPC DXDA
PHASE50
PSKWAC
Natal Digital Group
EPC RGSPA55
PSKWAC2
EPC EUSPA
PHPA200 EPC ASSPA200
EPC KZPA-II
MGSPA-200
BPSK31
MWCA-Second
EPC RRPA
DMC WAS10
JH2DBQ-ECSA-FIFTH.jpg
JH2DBQ-BQPA-BPSK63.jpg
JH2DBQ-ECSA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-AUPA-SILVER.jpg

JH2DBQ-WASA-012.jpg
JH2DBQ-PHASE-100_201310041939237e2.jpg
JH2DBQ-EUROPA-BRONZE.jpg
JH2DBQ-EUSPA-700.jpg
JH2DBQ-ECSA-SIXTH.jpg
JH2DBQ-EPCCRO-BRONZE.jpg
FOC75 Award
JH2DBQ-EPCDL-BRONZE.jpg
JH2DBQ-FPXPA-III.jpg
JH2DBQ-ITPAI-ITRPAIII.jpg
JH2DBQ-EUSPA-800 (1)

 JH2DBQ-ITPAII-LOPAII-001.jpg
JH2DBQ-MWCA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-MGSPA-600.jpg
JH2DBQ-MASTER-1STAR.jpg
JH2DBQ-PHPA-600.jpg
CQ Japan issued
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.4
CQ Japan vol.4
CQ Japan Vol.3
CQ Japan August 2010
CQ Japan Vol.2
CQ JAPAN Magazine July 2010 創刊2号 表紙(だけ)
CQ Japan Vol.1
Hand Strap with minolta alpha7


The Beatles in a Window
20100529i

Recent Comments
Search him !

free counters

QRZ callsign lookup:
provided by qrz.com



eQSL.cc vs LOTW
135cfm - 173cfm
Enter your callsign to see if you have an eQSL waiting!

Profile II
DXCC 232/267

QSO 11313

2014 1221 112/165
2013 2354 150/186 1kW
2012 2737 130/145
2011 568 73/100
2010 49 10/ 19
2009 333 37/ 51
2008 153 08/ 29 VoIP / FCC Extra
2007 0
2006 0
2005 0
2004 0
2003 0
2002 0
2001 15 00/02
2000 0
1999 0
1998 0
1997 0
1996 10 01/02
1995 0 /500Watts Expired
1994 450 29/85
1993 26 05/10
1992 20 00/01
1991 496 53/108
1990 416 46/87
1989 99 03/15
1988 29 00/02
1987 48 00/06
1986 10 09/25
1985 49 07/19
1984 104 05/12
1983 612 42/62
1982 724 82/108/500Watts
1981 2 01/02
1980 0 /1st Class
1979 4 00/01
1978 0
1977 0
1976 4
1975 30 00/02
1974 44 02/07
1973 256 18/31
1972 191 17/26
1971 302 06/15 /phone Class
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。