くまモン Official Site
1526109_575436825876410_853617968_n.jpg
Profile
Profile

Author:Jh2dbq
Welcome to my blog!
I became a radio amateur in 1972 and have been enjoying being one.

friends



SanyoSan/JA1COR

KenSan/KI2P
Ken's Drake C-4 Line


CQ-101
CQ101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

  1. モモコwithJE2EVX

    モモコwithJE2EVX

    2014-04-17 (Thu) 18:05

    日本のマスコミの質問はこの程度>「小保方さんは笹井さんと個人的な関係があったというのは本当ですか?」
    しまった。ARRL入るの忘れてた。

Comment Form

Comment Form
-

Trackback

Trackback URL

4170

おぼかた博士、断固支持。The Day After

PICT0880.jpg
いま、名古屋のローカル番組「ゴゴスマ」に武田邦彦大明神教授が出て、見解を披瀝しておられるのを見て、わしはヒジョーに納得したのでちと書く。「だよなぁ」と思っていたことを断言してくれて、ありがとう>大明神。

・「有力な仮説」というのは、ガリレオの地動説と同じ。科学はすべて仮説に始まる。
小保方論文は、論理的に正しい。STAP細胞は存在すると考えられる。
論文読みゃ分かる。


・笹井センター長の会見態度は、科学者としては正しいが社会的には問題があると映るだろうなあ。ぜんぶおれが悪いと言ったほうが収まりがよかったカモね。

・なんでか言うと、Nature論文はデキすぎ。笹井センター長が最終仕上げをしたと思われる。理研が小保方さんの個人の問題とするのは、間違っている。

・写真の差し替えその他は問題でない。写真の存在そのものが大きな比重を持たない。STAP細胞の存在を示すものは、ほかにもある。

・論文のミスを喧伝して、STAP細胞の存在まで疑うのは、あほ。
nature [Japan] January 30, 2014 Vol. 505 No. 7485 (単号)nature [Japan] January 30, 2014 Vol. 505 No. 7485 (単号)
(2014/02/07)
不明

商品詳細を見る
・笹井センター長・理研が、論文を撤回するというのは、不可解。
・そもそも、撤回自体にさしたる意味はないが。

・実験にノート作成を要求するのは、アメリカの特許が「先発明・先発見主義」を取るからにすぎない。いまどきノート使うか。パソコンだろバカ。

・小保方さんより理研が悪い凸
(これは全くオレもそう思う。理研が正しく対処してれば、こんなにバカみたいに大騒ぎにならなかったのではないかと思う)

・STAP細胞の存在確認は、常識的には半年かからん。研究者が研究に打ち込める環境づくりが求められる。わしゃ同感だ。

・科学というものは「集合知」

・小保方博士は(理研がアタマ丸めて謝罪せん限り)アメリカへ頭脳流出することになるだろう。

・静かに研究を続行しようではないか。


◎わしの見解
理研は親玉を武田教授にカエロ。それですべて正しく進む。


PICT0880.jpg


1

Comment

  1. モモコwithJE2EVX

    モモコwithJE2EVX

    2014-04-17 (Thu) 18:05

    日本のマスコミの質問はこの程度>「小保方さんは笹井さんと個人的な関係があったというのは本当ですか?」
    しまった。ARRL入るの忘れてた。

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

Propagation Report



Recent Articles
Certificates
VK Jumbunna
WAC
WAP
YU Diplom
IARU Region III
DXF-X-A
United Nations Award
S6S
ADXA
N4MQ
eDX46
eDX50 Certificate
EPC Membership
KZPA-III Award
Belgium Digital Modes AWARD
ITU-PSK19
CQPSK-10

DMC Certificate
DMC ITU ZONES 5
DMC ITU ZONES 10
DMC ITU ZONES 20
DMC ITU ZONES 30
DMC WAZ10
DMC WAZ 20
DMC DXCC25
DMC Eurpe Class1
DMC Member25
BDMMA-50
EPCAS
EPCOC
CQPSK-20
Croatia Digital Group
DMC DXCC50
EPC EU10
WDMC-50
CDG DXCA50
Natal Digital Group
PHPHA-100
RPXPA-3
RRPA-BRONZE-3
EPC RU-III
EPC MGSPA
EPC EUSPA
PHPHA-100
EPCEU
ECPDX
DMC WEA Class1BPSK
EPC RGSPA-73
BDMMA-100
DMC WAC
DMC ITU-40
eDX75
WACPA
EPC DXDA
PHASE50
PSKWAC
Natal Digital Group
EPC RGSPA55
PSKWAC2
EPC EUSPA
PHPA200 EPC ASSPA200
EPC KZPA-II
MGSPA-200
BPSK31
MWCA-Second
EPC RRPA
DMC WAS10
JH2DBQ-ECSA-FIFTH.jpg
JH2DBQ-BQPA-BPSK63.jpg
JH2DBQ-ECSA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-AUPA-SILVER.jpg

JH2DBQ-WASA-012.jpg
JH2DBQ-PHASE-100_201310041939237e2.jpg
JH2DBQ-EUROPA-BRONZE.jpg
JH2DBQ-EUSPA-700.jpg
JH2DBQ-ECSA-SIXTH.jpg
JH2DBQ-EPCCRO-BRONZE.jpg
FOC75 Award
JH2DBQ-EPCDL-BRONZE.jpg
JH2DBQ-FPXPA-III.jpg
JH2DBQ-ITPAI-ITRPAIII.jpg
JH2DBQ-EUSPA-800 (1)

 JH2DBQ-ITPAII-LOPAII-001.jpg
JH2DBQ-MWCA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-MGSPA-600.jpg
JH2DBQ-MASTER-1STAR.jpg
JH2DBQ-PHPA-600.jpg
CQ Japan issued
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.4
CQ Japan vol.4
CQ Japan Vol.3
CQ Japan August 2010
CQ Japan Vol.2
CQ JAPAN Magazine July 2010 創刊2号 表紙(だけ)
CQ Japan Vol.1
Hand Strap with minolta alpha7


The Beatles in a Window
20100529i

Recent Comments
Search him !

free counters

QRZ callsign lookup:
provided by qrz.com



eQSL.cc vs LOTW
135cfm - 173cfm
Enter your callsign to see if you have an eQSL waiting!

Profile II
DXCC 232/267

QSO 11313

2014 1221 112/165
2013 2354 150/186 1kW
2012 2737 130/145
2011 568 73/100
2010 49 10/ 19
2009 333 37/ 51
2008 153 08/ 29 VoIP / FCC Extra
2007 0
2006 0
2005 0
2004 0
2003 0
2002 0
2001 15 00/02
2000 0
1999 0
1998 0
1997 0
1996 10 01/02
1995 0 /500Watts Expired
1994 450 29/85
1993 26 05/10
1992 20 00/01
1991 496 53/108
1990 416 46/87
1989 99 03/15
1988 29 00/02
1987 48 00/06
1986 10 09/25
1985 49 07/19
1984 104 05/12
1983 612 42/62
1982 724 82/108/500Watts
1981 2 01/02
1980 0 /1st Class
1979 4 00/01
1978 0
1977 0
1976 4
1975 30 00/02
1974 44 02/07
1973 256 18/31
1972 191 17/26
1971 302 06/15 /phone Class
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。