くまモン Official Site
1526109_575436825876410_853617968_n.jpg
Profile
Profile

Author:Jh2dbq
Welcome to my blog!
I became a radio amateur in 1972 and have been enjoying being one.

friends



SanyoSan/JA1COR

KenSan/KI2P
Ken's Drake C-4 Line


CQ-101
CQ101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
-

Trackback

Trackback URL

3905

Red Octoberなんかほっとけ。

追うなら、日章丸を追え! という話。


百田はんの「海賊と呼ばれた男 下巻」は戦後高度成長期を描いて絶品だが、なかでも下巻中、最も多くのページを割いて描かれている「日章丸事件」は圧巻。

ときは1953年。本の帯にも書いてあるからここで披露してもかまわんだろう。イランは油田の国有化を宣言。それまでボッタクリに邁進していたエゲレスの怒りたるや。

イランとしては自前で原油を輸出し、利益を得たかったのだろうが、エゲレスの圧力で輸入に手を上げる国はなし、イラン国民は売る相手が見つからず、困窮していた。

もとより当時、イラン・日本間に国交はなく、入国そのものさえ困難を極める中、「イラン国民の窮乏は我が窮乏」と出光が出て行く。かっこえぇなあ。

ところがイラン側の態度は固い。足元を見て激安価格で強行に契約を結んで行く者は多いが、実際にはイギリス海軍を恐れて誰も取りにこない。イランの不信感は頂点に達していたため、出光も契約締結に難航。などなどあって、実際に日の丸を掲揚した日章丸を見た時のイラン国民の喜びたるや。

てなことは本編にまかせて、わしが非常に目ウロコだったのは、その帰路の話。イギリス海軍がタンカーを押収しようと追いかけてくるところ、日章丸船長の、これは「あまちゃんの爺ちゃん」の蟹江敬三が思い浮かぶのだが、見事に日本へ帰還するその途中の話。

マラッカ海峡からインドネシア周辺、くわしくはようわからんが、あのあたりは日英さまざまな国の軍艦が沈んだままになっていて、非常に危険なんだそうですなぁ。

タンカーは満載になれば当然船体が沈むわけで、沈没船の煙突やらに衝突せんとも限らず、航路を離れることは命知らずもえぇところらしい。

それをあまちゃんの爺ちゃんは、イギリス海軍の追跡を振りきって帰還した。読んでてハラハラしたw。

最終的にイラン政府は、出光の勇気に報いるため、この第一回輸送分を無償で提供とした。泣けるなあ。こういう、信義に篤い国との交わりは大事にせなあかん。アホ国はほうっておこう。近くのバカより遠くの友。



それにしても、自分で判断し、自分で行動するヤツほどかっこえぇものはないわなあ。



メタンハイドレートも、もう勝手に掘削してくれんかという希ガスるぞw。


追記
ホルムズ海峡で座礁しかかるなか、エンジン全開で突き抜けてくるあたりは、ショーン・コネリーも手に汗w。



海賊とよばれた男 下海賊とよばれた男 下
(2012/07/12)
百田 尚樹

商品詳細を見る
0

Comment

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

Propagation Report



Recent Articles
Certificates
VK Jumbunna
WAC
WAP
YU Diplom
IARU Region III
DXF-X-A
United Nations Award
S6S
ADXA
N4MQ
eDX46
eDX50 Certificate
EPC Membership
KZPA-III Award
Belgium Digital Modes AWARD
ITU-PSK19
CQPSK-10

DMC Certificate
DMC ITU ZONES 5
DMC ITU ZONES 10
DMC ITU ZONES 20
DMC ITU ZONES 30
DMC WAZ10
DMC WAZ 20
DMC DXCC25
DMC Eurpe Class1
DMC Member25
BDMMA-50
EPCAS
EPCOC
CQPSK-20
Croatia Digital Group
DMC DXCC50
EPC EU10
WDMC-50
CDG DXCA50
Natal Digital Group
PHPHA-100
RPXPA-3
RRPA-BRONZE-3
EPC RU-III
EPC MGSPA
EPC EUSPA
PHPHA-100
EPCEU
ECPDX
DMC WEA Class1BPSK
EPC RGSPA-73
BDMMA-100
DMC WAC
DMC ITU-40
eDX75
WACPA
EPC DXDA
PHASE50
PSKWAC
Natal Digital Group
EPC RGSPA55
PSKWAC2
EPC EUSPA
PHPA200 EPC ASSPA200
EPC KZPA-II
MGSPA-200
BPSK31
MWCA-Second
EPC RRPA
DMC WAS10
JH2DBQ-ECSA-FIFTH.jpg
JH2DBQ-BQPA-BPSK63.jpg
JH2DBQ-ECSA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-AUPA-SILVER.jpg

JH2DBQ-WASA-012.jpg
JH2DBQ-PHASE-100_201310041939237e2.jpg
JH2DBQ-EUROPA-BRONZE.jpg
JH2DBQ-EUSPA-700.jpg
JH2DBQ-ECSA-SIXTH.jpg
JH2DBQ-EPCCRO-BRONZE.jpg
FOC75 Award
JH2DBQ-EPCDL-BRONZE.jpg
JH2DBQ-FPXPA-III.jpg
JH2DBQ-ITPAI-ITRPAIII.jpg
JH2DBQ-EUSPA-800 (1)

 JH2DBQ-ITPAII-LOPAII-001.jpg
JH2DBQ-MWCA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-MGSPA-600.jpg
JH2DBQ-MASTER-1STAR.jpg
JH2DBQ-PHPA-600.jpg
CQ Japan issued
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.4
CQ Japan vol.4
CQ Japan Vol.3
CQ Japan August 2010
CQ Japan Vol.2
CQ JAPAN Magazine July 2010 創刊2号 表紙(だけ)
CQ Japan Vol.1
Hand Strap with minolta alpha7


The Beatles in a Window
20100529i

Recent Comments
Search him !

free counters

QRZ callsign lookup:
provided by qrz.com



eQSL.cc vs LOTW
135cfm - 173cfm
Enter your callsign to see if you have an eQSL waiting!

Profile II
DXCC 232/267

QSO 11313

2014 1221 112/165
2013 2354 150/186 1kW
2012 2737 130/145
2011 568 73/100
2010 49 10/ 19
2009 333 37/ 51
2008 153 08/ 29 VoIP / FCC Extra
2007 0
2006 0
2005 0
2004 0
2003 0
2002 0
2001 15 00/02
2000 0
1999 0
1998 0
1997 0
1996 10 01/02
1995 0 /500Watts Expired
1994 450 29/85
1993 26 05/10
1992 20 00/01
1991 496 53/108
1990 416 46/87
1989 99 03/15
1988 29 00/02
1987 48 00/06
1986 10 09/25
1985 49 07/19
1984 104 05/12
1983 612 42/62
1982 724 82/108/500Watts
1981 2 01/02
1980 0 /1st Class
1979 4 00/01
1978 0
1977 0
1976 4
1975 30 00/02
1974 44 02/07
1973 256 18/31
1972 191 17/26
1971 302 06/15 /phone Class
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。