くまモン Official Site
1526109_575436825876410_853617968_n.jpg
Profile
Profile

Author:Jh2dbq
Welcome to my blog!
I became a radio amateur in 1972 and have been enjoying being one.

friends



SanyoSan/JA1COR

KenSan/KI2P
Ken's Drake C-4 Line


CQ-101
CQ101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
-

Trackback

Trackback URL

3899

戦争は終わらん。カタチを変えるだけだ。という話。

ま、この本を二日かけて読み終えたのですが、いやぁ面白かった以上の衝撃があった。

海賊とよばれた男 上海賊とよばれた男 上
(2012/07/12)
百田 尚樹

商品詳細を見る


わしらは小中高あたりで、GHQの戦後三大改革として
(1)財閥解体
(2)労働組合の創出
(3)農地開放
っつーのを習うわけで、ま、それを鵜呑みにしちゃうわけなんだけど、いやー、騙されちゃいかんなぁ。

この三つは、言わば教科書に載せるための凸方便というか、日本国民向けの、なんとなーく聞き心地の良い建前に過ぎんかったわけなんだなぁ。

そらぁGHQとてナニが怖いかと言えば日本国民の反乱・暴動が怖い。だからいかにも「民主化しましょ」みたいなことを言うた。そう言われるとなかなか やんきぃ・ごう・ほうむ とは言いづらい。

ところがこの本によると、アメリカはなにがなんでも日本の国力を脆弱化し、産業力は削いでしまいたかったらしい。無論そんなことは公式文書に残っているはずもないが、そらまぁアメリカ人の当時のホンネとしては、さようでござったろう。
つまりアメリカは、日本を東南アジアなみの農業国にしてしまいたかった。

とくに石油産業は、アメリカ・石油メジャーがGHQを操った。石油はとにかくアメリカから買えと。そういうわけでおますな。

日本の石油産業界は元より談合体質で脆弱なところへ、さらに敗戦ショックでキンタマ抜かれてたので、それに従う意向を見せたが、これに逆らったのが談合のカヤの外にいた(入れてもらえんかった)出光であると、そういうことだ。
また、傀儡だったはずのGHQやら日本政府の官僚の中にも 人物 はおり、出光に協力するのがちらほら表れて、次第に出光は台頭していく。

はずだったんだけど、出光をはじめとする日本の産業が復活したのは、まさに神風ともいえる朝鮮戦争の勃発である。これがアメリカの東アジア政策に決定的な変化をもたらした。

いずれ朝鮮半島のカルト国家は、「あんたら、ウチらが被害受けることで儲けたんだから、その儲けはうちらのもんや。歴史に学べばわかるべ」と、日本の資産の半分は 返却 しろと言うてくるであらふ。


いま、サ条約に関して、細かい文言があれやこれやと問題になったりしているが、この本を読むと、当時の日本人は「もうとにかくなんでもえぇから出てってくれ、アメリカ。」という心境だったことがよくわかる。そらそうだわなぁ、デカい顔してエラソにされてては、そらぁストレスもたまる。


ともあれ、戦後、日本人が歩いた道のりが、どんだけたいへんなものだったかをあらためて認識した。中東から石油を運んで来ることが、どんだけてぇへんなことだったか、そして今もなおそうかもようわかった。

戦争というと、昭和20年8月15日をもって終わったと思っちゃったりしているが、それはどうもちがうんだな。終わったのは、武力衝突だけだ。あの日、日本人は武装解除しただけで、むしろ、知力で争う本当の世界大戦はその日を境として始まった。1945年以降の日本人は、実に強かった。

家庭を顧みず働いた父っちゃんたち、エコノミック・アニマルと罵倒されながらも世界を切り拓いたビジネス・マンたちの努力は、戦場に散った英霊への感謝と鎮魂の意であったのだなあ。


ところでだ。
作者・百田氏は、「永遠のゼロを書くうち、いったいこの悲惨な戦争はなぜ起こったかという興味が次第に募り、取材を続行した」とどこかで言うておられたような気がする。

百田氏は、結局はオイル争奪戦争であるとしている。アジアの開放は、日本側の能書き、日帝の撲滅は米側の能書きだということになる。そのとおりであらふ。

で、結局は日本側が負けたわけだが、その理由はいったいナニか。これこそがここんところのワシの個人的な疑問なんだけど、
(1)資源不足、とりわけ石油凸・・・これが戦争を開始させ、また終了させることとなった。それを戦中は、
(2)精神性の極端な強調で補おうとした。ところが 
(3)政治家がバカ(賢人もいるにはいた)=合理的思考・科学的思考の欠如
(4)官僚がバカ (賢人もいるにはいた)=合理的思考・科学的思考の欠如
(5)メディアがバカ = トロい情報統制にメディアは完全敗北していた。
(6)一般ぴーぽーは、判断する材料を与えられず、思考停止に陥っていた。

以上をさらに集約すると

 貧して鈍した

に収斂するかと思われる。半世紀経ったいま、どれも解決されていない気がしてならん。

0

Comment

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

Propagation Report



Recent Articles
Certificates
VK Jumbunna
WAC
WAP
YU Diplom
IARU Region III
DXF-X-A
United Nations Award
S6S
ADXA
N4MQ
eDX46
eDX50 Certificate
EPC Membership
KZPA-III Award
Belgium Digital Modes AWARD
ITU-PSK19
CQPSK-10

DMC Certificate
DMC ITU ZONES 5
DMC ITU ZONES 10
DMC ITU ZONES 20
DMC ITU ZONES 30
DMC WAZ10
DMC WAZ 20
DMC DXCC25
DMC Eurpe Class1
DMC Member25
BDMMA-50
EPCAS
EPCOC
CQPSK-20
Croatia Digital Group
DMC DXCC50
EPC EU10
WDMC-50
CDG DXCA50
Natal Digital Group
PHPHA-100
RPXPA-3
RRPA-BRONZE-3
EPC RU-III
EPC MGSPA
EPC EUSPA
PHPHA-100
EPCEU
ECPDX
DMC WEA Class1BPSK
EPC RGSPA-73
BDMMA-100
DMC WAC
DMC ITU-40
eDX75
WACPA
EPC DXDA
PHASE50
PSKWAC
Natal Digital Group
EPC RGSPA55
PSKWAC2
EPC EUSPA
PHPA200 EPC ASSPA200
EPC KZPA-II
MGSPA-200
BPSK31
MWCA-Second
EPC RRPA
DMC WAS10
JH2DBQ-ECSA-FIFTH.jpg
JH2DBQ-BQPA-BPSK63.jpg
JH2DBQ-ECSA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-AUPA-SILVER.jpg

JH2DBQ-WASA-012.jpg
JH2DBQ-PHASE-100_201310041939237e2.jpg
JH2DBQ-EUROPA-BRONZE.jpg
JH2DBQ-EUSPA-700.jpg
JH2DBQ-ECSA-SIXTH.jpg
JH2DBQ-EPCCRO-BRONZE.jpg
FOC75 Award
JH2DBQ-EPCDL-BRONZE.jpg
JH2DBQ-FPXPA-III.jpg
JH2DBQ-ITPAI-ITRPAIII.jpg
JH2DBQ-EUSPA-800 (1)

 JH2DBQ-ITPAII-LOPAII-001.jpg
JH2DBQ-MWCA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-MGSPA-600.jpg
JH2DBQ-MASTER-1STAR.jpg
JH2DBQ-PHPA-600.jpg
CQ Japan issued
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.4
CQ Japan vol.4
CQ Japan Vol.3
CQ Japan August 2010
CQ Japan Vol.2
CQ JAPAN Magazine July 2010 創刊2号 表紙(だけ)
CQ Japan Vol.1
Hand Strap with minolta alpha7


The Beatles in a Window
20100529i

Recent Comments
Search him !

free counters

QRZ callsign lookup:
provided by qrz.com



eQSL.cc vs LOTW
135cfm - 173cfm
Enter your callsign to see if you have an eQSL waiting!

Profile II
DXCC 232/267

QSO 11313

2014 1221 112/165
2013 2354 150/186 1kW
2012 2737 130/145
2011 568 73/100
2010 49 10/ 19
2009 333 37/ 51
2008 153 08/ 29 VoIP / FCC Extra
2007 0
2006 0
2005 0
2004 0
2003 0
2002 0
2001 15 00/02
2000 0
1999 0
1998 0
1997 0
1996 10 01/02
1995 0 /500Watts Expired
1994 450 29/85
1993 26 05/10
1992 20 00/01
1991 496 53/108
1990 416 46/87
1989 99 03/15
1988 29 00/02
1987 48 00/06
1986 10 09/25
1985 49 07/19
1984 104 05/12
1983 612 42/62
1982 724 82/108/500Watts
1981 2 01/02
1980 0 /1st Class
1979 4 00/01
1978 0
1977 0
1976 4
1975 30 00/02
1974 44 02/07
1973 256 18/31
1972 191 17/26
1971 302 06/15 /phone Class
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。