くまモン Official Site
1526109_575436825876410_853617968_n.jpg
Profile
Profile

Author:Jh2dbq
Welcome to my blog!
I became a radio amateur in 1972 and have been enjoying being one.

friends



SanyoSan/JA1COR

KenSan/KI2P
Ken's Drake C-4 Line


CQ-101
CQ101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

  1. ja1cor

    ja1cor

    2013-12-25 (Wed) 10:39

    つまり、やまびこですよ。 わっと一瞬、声を出して、其のあと、耳を澄ますとやまびこが帰ってくるので時間つまり、そのきょりだすわな。 んなんでピッピと間欠的に電波を出すので電力はKWもへのかっぱだー。
  2. ja1cor

    ja1cor

    2013-12-25 (Wed) 11:05

    高速で送受切り替えもできるでしょうが、送信時に受信がぶっ壊れなければいいわけで、色々な手はあると思います。 ナノセコンドの切り替えや、マスキングも今ではできると思いますが。
  3. モモコwithJE2EVX

    モモコwithJE2EVX

    2013-12-25 (Wed) 12:09

    数マイクロセカンド(数百kHz)のスイッチングで送信をとめて、送信を止めている間(例えば1/100000秒)くらいに受信をすれば、30万km/s÷1/100000s=1kmくらいの遅延でいけます。大気中ではもう少し遅いですし、リレーなしのフルブレークインの速いやつでAGCなどの時定数遅延がなければ割りと簡単に実現できる数字です。オシロのトリガーと受信機を連動させると素人でもわりと実現できるのでは?ものの本によると昔はスイッチング波形が訛ってたのと送受のビームが切れなかったりシールドが悪くてアイソレーションが取れなかったので、送信と受信アンテナを少しはなす必要があったそうですね。
  4. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2013-12-25 (Wed) 20:55

    おー、こちらでもありがとうございます。

    いやぁ。なんだか第二次大戦中に米側はイッキにレーダ技術を進歩させて、それがミッドウェイでの勝利を分けたという記述を見まして。

    第二次大戦中っていうと、いったいどうやってたんだろうと思った次第でおます。

    マルコーニから半世紀かそこらでここまでやらかしたってのは、すげぇもんですよねぇ。

    日本もその後、よく追いついたもんだなあと思う。
    たいへんな時代だなぁ。

Comment Form

Comment Form
-

Trackback

Trackback URL

3856

【疑問】 レーダー観測

あのですね。
そう言えば、レーダーってのは、どういう構造になってんでしょうかね。 PC250064.jpg  

電波を発射して、対象物からの反射を観測し云々というリクツはわかる。リクツはわかるが、「送信波のハネ返りを受信する」って、実際にはどうやってんだ、というわけです。

なにしろ速度30万キロですからねー。100キロやそこら向こうの反射物体なら、往復しても200キロしかない。瞬時というより、ほとんど同時だ。
てことは、送受切り替えをやってるとは思えないんだけど、てことは、同時送受信?
んなことできるんですけ。

送信所と受信所が離れてんのかね。んなはずねーよなー。






PC250064.jpg 

4

Comment

  1. ja1cor

    ja1cor

    2013-12-25 (Wed) 10:39

    つまり、やまびこですよ。 わっと一瞬、声を出して、其のあと、耳を澄ますとやまびこが帰ってくるので時間つまり、そのきょりだすわな。 んなんでピッピと間欠的に電波を出すので電力はKWもへのかっぱだー。
  2. ja1cor

    ja1cor

    2013-12-25 (Wed) 11:05

    高速で送受切り替えもできるでしょうが、送信時に受信がぶっ壊れなければいいわけで、色々な手はあると思います。 ナノセコンドの切り替えや、マスキングも今ではできると思いますが。
  3. モモコwithJE2EVX

    モモコwithJE2EVX

    2013-12-25 (Wed) 12:09

    数マイクロセカンド(数百kHz)のスイッチングで送信をとめて、送信を止めている間(例えば1/100000秒)くらいに受信をすれば、30万km/s÷1/100000s=1kmくらいの遅延でいけます。大気中ではもう少し遅いですし、リレーなしのフルブレークインの速いやつでAGCなどの時定数遅延がなければ割りと簡単に実現できる数字です。オシロのトリガーと受信機を連動させると素人でもわりと実現できるのでは?ものの本によると昔はスイッチング波形が訛ってたのと送受のビームが切れなかったりシールドが悪くてアイソレーションが取れなかったので、送信と受信アンテナを少しはなす必要があったそうですね。
  4. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2013-12-25 (Wed) 20:55

    おー、こちらでもありがとうございます。

    いやぁ。なんだか第二次大戦中に米側はイッキにレーダ技術を進歩させて、それがミッドウェイでの勝利を分けたという記述を見まして。

    第二次大戦中っていうと、いったいどうやってたんだろうと思った次第でおます。

    マルコーニから半世紀かそこらでここまでやらかしたってのは、すげぇもんですよねぇ。

    日本もその後、よく追いついたもんだなあと思う。
    たいへんな時代だなぁ。

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

Propagation Report



Recent Articles
Certificates
VK Jumbunna
WAC
WAP
YU Diplom
IARU Region III
DXF-X-A
United Nations Award
S6S
ADXA
N4MQ
eDX46
eDX50 Certificate
EPC Membership
KZPA-III Award
Belgium Digital Modes AWARD
ITU-PSK19
CQPSK-10

DMC Certificate
DMC ITU ZONES 5
DMC ITU ZONES 10
DMC ITU ZONES 20
DMC ITU ZONES 30
DMC WAZ10
DMC WAZ 20
DMC DXCC25
DMC Eurpe Class1
DMC Member25
BDMMA-50
EPCAS
EPCOC
CQPSK-20
Croatia Digital Group
DMC DXCC50
EPC EU10
WDMC-50
CDG DXCA50
Natal Digital Group
PHPHA-100
RPXPA-3
RRPA-BRONZE-3
EPC RU-III
EPC MGSPA
EPC EUSPA
PHPHA-100
EPCEU
ECPDX
DMC WEA Class1BPSK
EPC RGSPA-73
BDMMA-100
DMC WAC
DMC ITU-40
eDX75
WACPA
EPC DXDA
PHASE50
PSKWAC
Natal Digital Group
EPC RGSPA55
PSKWAC2
EPC EUSPA
PHPA200 EPC ASSPA200
EPC KZPA-II
MGSPA-200
BPSK31
MWCA-Second
EPC RRPA
DMC WAS10
JH2DBQ-ECSA-FIFTH.jpg
JH2DBQ-BQPA-BPSK63.jpg
JH2DBQ-ECSA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-AUPA-SILVER.jpg

JH2DBQ-WASA-012.jpg
JH2DBQ-PHASE-100_201310041939237e2.jpg
JH2DBQ-EUROPA-BRONZE.jpg
JH2DBQ-EUSPA-700.jpg
JH2DBQ-ECSA-SIXTH.jpg
JH2DBQ-EPCCRO-BRONZE.jpg
FOC75 Award
JH2DBQ-EPCDL-BRONZE.jpg
JH2DBQ-FPXPA-III.jpg
JH2DBQ-ITPAI-ITRPAIII.jpg
JH2DBQ-EUSPA-800 (1)

 JH2DBQ-ITPAII-LOPAII-001.jpg
JH2DBQ-MWCA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-MGSPA-600.jpg
JH2DBQ-MASTER-1STAR.jpg
JH2DBQ-PHPA-600.jpg
CQ Japan issued
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.4
CQ Japan vol.4
CQ Japan Vol.3
CQ Japan August 2010
CQ Japan Vol.2
CQ JAPAN Magazine July 2010 創刊2号 表紙(だけ)
CQ Japan Vol.1
Hand Strap with minolta alpha7


The Beatles in a Window
20100529i

Recent Comments
Search him !

free counters

QRZ callsign lookup:
provided by qrz.com



eQSL.cc vs LOTW
135cfm - 173cfm
Enter your callsign to see if you have an eQSL waiting!

Profile II
DXCC 232/267

QSO 11313

2014 1221 112/165
2013 2354 150/186 1kW
2012 2737 130/145
2011 568 73/100
2010 49 10/ 19
2009 333 37/ 51
2008 153 08/ 29 VoIP / FCC Extra
2007 0
2006 0
2005 0
2004 0
2003 0
2002 0
2001 15 00/02
2000 0
1999 0
1998 0
1997 0
1996 10 01/02
1995 0 /500Watts Expired
1994 450 29/85
1993 26 05/10
1992 20 00/01
1991 496 53/108
1990 416 46/87
1989 99 03/15
1988 29 00/02
1987 48 00/06
1986 10 09/25
1985 49 07/19
1984 104 05/12
1983 612 42/62
1982 724 82/108/500Watts
1981 2 01/02
1980 0 /1st Class
1979 4 00/01
1978 0
1977 0
1976 4
1975 30 00/02
1974 44 02/07
1973 256 18/31
1972 191 17/26
1971 302 06/15 /phone Class
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。