くまモン Official Site
1526109_575436825876410_853617968_n.jpg
Profile
Profile

Author:Jh2dbq
Welcome to my blog!
I became a radio amateur in 1972 and have been enjoying being one.

friends



SanyoSan/JA1COR

KenSan/KI2P
Ken's Drake C-4 Line


CQ-101
CQ101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

  1. Sanyo

    Sanyo

    2013-12-10 (Tue) 20:24

    自説を云いますと、日本人は牛型、(寝るとき横になる)西洋人は馬型、(立ったまま寝る)でこれは骨格の構造の違いが明白です。西洋人は足の骨が真っ直ぐなので立っていても筋肉が緊張しないので楽なのです。(結果かっこも良い) 以前、スペインに行ったとき朝食を食べにカフェーに行ったのだが、彼らは席があるにもかかわらず立ったまま、朝食を食べ、そしてその後、立ったまま新聞を読み終わり、そのまま出て行きました。  たぶん、かれらは立っている方が楽なのです。サラブレッドと農耕牛の違いかもしれません。 そういえばビュッフェスタイルのパーティなどもあちらのものでした。asimoの開発者も自分の姿しかイメージできなかったんでしょう。
  2. Sanyo

    Sanyo

    2013-12-10 (Tue) 20:32

    で、これから連想すると、学校の授業で懲罰としてそこに立っていろ!というのは西洋の学校にはあるのかな?と思うのであります。 逆にそこの床に座ってろ!になったりして。
  3. モモコwithJE2EVX

    モモコwithJE2EVX

    2013-12-10 (Tue) 20:36

    自分は、歩くのもそうですが長時間のたち仕事が苦手でした。どうも猫背=腹筋と背筋が弱かったみたいで、ジョギングはじめたらわりと立てるようになりました。歩き方もだいぶ変わったように思います。それ以前にモモコとかの犬の散歩で犬の速度に合わせていると少し速足になりますが、その速度で長時間歩くのに慣れてくると背筋が伸びて、走らない(=跳んでない)のに蹴り出す力が強くなるようです。山とかで荷物が多い(=相対的に体重VS筋肉量比が落ちる)と、とたんに猫背になって姿勢が悪くなります。スポーツしている人はたいてい歩き方も綺麗ですが、そのあたりに関係あるのかもとか思います。
  4. Fumi 7k1ptt

    Fumi 7k1ptt

    2013-12-14 (Sat) 07:34

    おはよ~ございます。
    昔のドイツでの生活様式。
    ベッドで寝るのですが,壁に背中をもたれかけて足を前に投げ出した,いざゆる長座の姿勢で寝ていたそうです。
    現代人のようにまるきり横になって寝るのは,当時は病人だけだったそうです。

    ブッパータルのシュロースブルグという城に,当時の生活を人形と家具で再現した展示がありました。
    ちなみに1つのベッドに老夫婦と若夫婦の4名で寝ていたそうです。

Comment Form

Comment Form
-

Trackback

Trackback URL

3819

歩き方を考える。人生のw

DSC02963.jpg 東京オリンピックまでに達成しようと思っていることのひとつは、前に書いたとおり、時速百キロ超の投球ができるようにすることなんだけど、もうひとつあって、それは

 キレイに歩けるようにすること

だ。

これは数年前から、つまりカイちゃんと散歩したりしていて思ったことなんだが、また最近では福助に散歩に連れてってもらったりして感じることなんだが、どうにもオレラ日本人ってのは、歩き方が汚い。

なんだかヒザ曲げて猫背になって、人生から目を背けるようにして歩いている。実に不格好だ。

一方、街で見かけるガイジンどもは、だいたいおしなべて、例外もあるが、歩き方が非常にキレイではある。

少々具体的に言うと、日本人は前に出した足で全身を引っ張るようにして、ザックザックと歩く。わしはこれをザック型と呼んでいる。結局、常にヒザが曲がっている。

カッコ良く歩けるひとってのは、後ろに残った足で地面を蹴り、全身を前に押し出すようにして歩く。結局後ろに残った足は、瞬間的には伸びきる。これをワシは キック型歩行 と呼んでいるが、全身が伸びきる瞬間があるので、なんだかキレイではあるのだ。

結局、キレイかどうかは、足が伸びきる瞬間があるかどうかにかかっているように観察される。

と思っていたら、こんな動画があった。



そうそうそうそう。日本人ってのは、この ASIMO のような歩き方をしているのだ。


ところで昔、とくに江戸時代の参勤交代なんかがそうなんだが、この時代の人々は陸路を延々数百キロ、歩いた。
なので、歩こうと思えば歩けるのだろうが、わしは到底無理無理無理無理。

なんで無理なのかと考えた末に至った結論が上記のようなこと、つまり、現代人の大半は歩き方が なっとらん ということだ。街で観察するとよくわかるが、みなさん非常に歩き方がキタナイ。

で最近は、工夫しつつ工夫しつつ福助のあとを歩いて行くんだけど、そうしたら、だいぶマシになってきた。気がする。


こどものころに かけっこ なんかして、多少は 走る という運動について思いを巡らせたことがあるわけなんだけど、 歩く については、ないよなあ。

だけど、こういう基本的動作こそ、矯正が必要ちゃうんかという気がする。小学校の体育でサッカーなんかやる必要あらへん。

歩く・走る についてもっとちゃんと考えておきゃ良かったなあという気がする。

もともとモテたけど凸、もっともっとモテたのではないかという気さえする。
4

Comment

  1. Sanyo

    Sanyo

    2013-12-10 (Tue) 20:24

    自説を云いますと、日本人は牛型、(寝るとき横になる)西洋人は馬型、(立ったまま寝る)でこれは骨格の構造の違いが明白です。西洋人は足の骨が真っ直ぐなので立っていても筋肉が緊張しないので楽なのです。(結果かっこも良い) 以前、スペインに行ったとき朝食を食べにカフェーに行ったのだが、彼らは席があるにもかかわらず立ったまま、朝食を食べ、そしてその後、立ったまま新聞を読み終わり、そのまま出て行きました。  たぶん、かれらは立っている方が楽なのです。サラブレッドと農耕牛の違いかもしれません。 そういえばビュッフェスタイルのパーティなどもあちらのものでした。asimoの開発者も自分の姿しかイメージできなかったんでしょう。
  2. Sanyo

    Sanyo

    2013-12-10 (Tue) 20:32

    で、これから連想すると、学校の授業で懲罰としてそこに立っていろ!というのは西洋の学校にはあるのかな?と思うのであります。 逆にそこの床に座ってろ!になったりして。
  3. モモコwithJE2EVX

    モモコwithJE2EVX

    2013-12-10 (Tue) 20:36

    自分は、歩くのもそうですが長時間のたち仕事が苦手でした。どうも猫背=腹筋と背筋が弱かったみたいで、ジョギングはじめたらわりと立てるようになりました。歩き方もだいぶ変わったように思います。それ以前にモモコとかの犬の散歩で犬の速度に合わせていると少し速足になりますが、その速度で長時間歩くのに慣れてくると背筋が伸びて、走らない(=跳んでない)のに蹴り出す力が強くなるようです。山とかで荷物が多い(=相対的に体重VS筋肉量比が落ちる)と、とたんに猫背になって姿勢が悪くなります。スポーツしている人はたいてい歩き方も綺麗ですが、そのあたりに関係あるのかもとか思います。
  4. Fumi 7k1ptt

    Fumi 7k1ptt

    2013-12-14 (Sat) 07:34

    おはよ~ございます。
    昔のドイツでの生活様式。
    ベッドで寝るのですが,壁に背中をもたれかけて足を前に投げ出した,いざゆる長座の姿勢で寝ていたそうです。
    現代人のようにまるきり横になって寝るのは,当時は病人だけだったそうです。

    ブッパータルのシュロースブルグという城に,当時の生活を人形と家具で再現した展示がありました。
    ちなみに1つのベッドに老夫婦と若夫婦の4名で寝ていたそうです。

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

Propagation Report



Recent Articles
Certificates
VK Jumbunna
WAC
WAP
YU Diplom
IARU Region III
DXF-X-A
United Nations Award
S6S
ADXA
N4MQ
eDX46
eDX50 Certificate
EPC Membership
KZPA-III Award
Belgium Digital Modes AWARD
ITU-PSK19
CQPSK-10

DMC Certificate
DMC ITU ZONES 5
DMC ITU ZONES 10
DMC ITU ZONES 20
DMC ITU ZONES 30
DMC WAZ10
DMC WAZ 20
DMC DXCC25
DMC Eurpe Class1
DMC Member25
BDMMA-50
EPCAS
EPCOC
CQPSK-20
Croatia Digital Group
DMC DXCC50
EPC EU10
WDMC-50
CDG DXCA50
Natal Digital Group
PHPHA-100
RPXPA-3
RRPA-BRONZE-3
EPC RU-III
EPC MGSPA
EPC EUSPA
PHPHA-100
EPCEU
ECPDX
DMC WEA Class1BPSK
EPC RGSPA-73
BDMMA-100
DMC WAC
DMC ITU-40
eDX75
WACPA
EPC DXDA
PHASE50
PSKWAC
Natal Digital Group
EPC RGSPA55
PSKWAC2
EPC EUSPA
PHPA200 EPC ASSPA200
EPC KZPA-II
MGSPA-200
BPSK31
MWCA-Second
EPC RRPA
DMC WAS10
JH2DBQ-ECSA-FIFTH.jpg
JH2DBQ-BQPA-BPSK63.jpg
JH2DBQ-ECSA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-AUPA-SILVER.jpg

JH2DBQ-WASA-012.jpg
JH2DBQ-PHASE-100_201310041939237e2.jpg
JH2DBQ-EUROPA-BRONZE.jpg
JH2DBQ-EUSPA-700.jpg
JH2DBQ-ECSA-SIXTH.jpg
JH2DBQ-EPCCRO-BRONZE.jpg
FOC75 Award
JH2DBQ-EPCDL-BRONZE.jpg
JH2DBQ-FPXPA-III.jpg
JH2DBQ-ITPAI-ITRPAIII.jpg
JH2DBQ-EUSPA-800 (1)

 JH2DBQ-ITPAII-LOPAII-001.jpg
JH2DBQ-MWCA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-MGSPA-600.jpg
JH2DBQ-MASTER-1STAR.jpg
JH2DBQ-PHPA-600.jpg
CQ Japan issued
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.4
CQ Japan vol.4
CQ Japan Vol.3
CQ Japan August 2010
CQ Japan Vol.2
CQ JAPAN Magazine July 2010 創刊2号 表紙(だけ)
CQ Japan Vol.1
Hand Strap with minolta alpha7


The Beatles in a Window
20100529i

Recent Comments
Search him !

free counters

QRZ callsign lookup:
provided by qrz.com



eQSL.cc vs LOTW
135cfm - 173cfm
Enter your callsign to see if you have an eQSL waiting!

Profile II
DXCC 232/267

QSO 11313

2014 1221 112/165
2013 2354 150/186 1kW
2012 2737 130/145
2011 568 73/100
2010 49 10/ 19
2009 333 37/ 51
2008 153 08/ 29 VoIP / FCC Extra
2007 0
2006 0
2005 0
2004 0
2003 0
2002 0
2001 15 00/02
2000 0
1999 0
1998 0
1997 0
1996 10 01/02
1995 0 /500Watts Expired
1994 450 29/85
1993 26 05/10
1992 20 00/01
1991 496 53/108
1990 416 46/87
1989 99 03/15
1988 29 00/02
1987 48 00/06
1986 10 09/25
1985 49 07/19
1984 104 05/12
1983 612 42/62
1982 724 82/108/500Watts
1981 2 01/02
1980 0 /1st Class
1979 4 00/01
1978 0
1977 0
1976 4
1975 30 00/02
1974 44 02/07
1973 256 18/31
1972 191 17/26
1971 302 06/15 /phone Class
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。