くまモン Official Site
1526109_575436825876410_853617968_n.jpg
Profile
Profile

Author:Jh2dbq
Welcome to my blog!
I became a radio amateur in 1972 and have been enjoying being one.

friends



SanyoSan/JA1COR

KenSan/KI2P
Ken's Drake C-4 Line


CQ-101
CQ101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
-

Trackback

Trackback URL

3741

40m帯は、イケているw

最近の、7MHz帯の混沌ぶりには、ほとほと嫌気が差している。7MHz拡張帯は、どんどん悪くなってきている。
とくに周波数独占クソ野郎どもの存在が一番、許しがたい。

と思っているところへ、昨日と今日は、タヌキワッチで大笑いさせてもらった。7MHzもなかなかえぇもんだなぁと見直しちゃったりしている。

昨日のは、ま行ってみればただの「伝統的親父ギャグの応酬」なので、伝統型の笑いと言えたが、今日のはシュールだった。

前にVoIPで、英語のできないドイツ人とドイツ語のできないアメリカ人とのQSOをじっと聞いていたことがあるが、互いに全く理解していないにも関わらず

「いやぁ。キミとQSOする日がくると分かってたら、高校のとき、ドイツ語の授業をもっとちゃんと聞いておいたんだがなあ」

『ボクは英語、勉強したけど、いまは全く覚えてないね。良い生徒じゃなかったからね』

と、ソレナリに会話としては成立しているのがわしには驚異だった。カッコ良くて、映画のワンシーンに使いたいぐらいに良い雰囲気だった。

日本ではこういう光景は見られないけど、アメリカとかの混合社会では、わりと日常茶飯事なんだろうなあ。



と思ったら、今日タヌキした7MHzでのQSOは、それに肉薄するものだった。
日本語をカタコト話すロシア人と、彼の、カタコトではあるが発音が良すぎるので、これはきっと日本人だと思い込んでいる日本人とのQSOだ凸。

・・・あまりにコミュニケーションが取れてないので、ブレークして「ロシアの、Uゾーンのかたですよ」と教えてあげようかと思って聞いてたんだけど、いやー、要らぬことをしなくて良かった。


「コールサインは何ですか。もっとゆっくり言ってください、どーぞー」
(と日本人は言ってるんだが、訛りが強くて日本人でも聞き取りにくい)

『わたしの名前は、Vitallyです。Victor, India, Tango.... Vitally です。
 五九で聞こえています。とても良い信号です。おわかりでしょうか、どうぞ』
(こっちの日本語のほうが標準発音に近い凸)

「お名前はわかりました。

  三谷さんですね 」



わしは普段から、人さまの失敗を笑ったりは絶対にしないほうなんだが、この創造性ある展開には、危うく椅子から転げ落ちるところだった。

最後まで「三谷さん、レポートありがとう」「三谷さん、またお会いしましょう」で一貫してたんだけど、これでコミュニケーションにはなんの問題もない。

この程度の行き違いは、コミュニケーションの完成にはなんらの障害にもならんということを学ばせてもらった。



英語にコンプレックスがある人は、一般的には多いと思うが、どうも、それが英語だと思うからいかんのであって、日本語の方言のひとつだぐらいに思っておけば、なんの問題もないのかも知れんなと思ったのでござった。




こんど日本大使に着任したケネディ女史、「金田です」ぐらいにしておいたらどうだという気もしないでもないw

0

Comment

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

Propagation Report



Recent Articles
Certificates
VK Jumbunna
WAC
WAP
YU Diplom
IARU Region III
DXF-X-A
United Nations Award
S6S
ADXA
N4MQ
eDX46
eDX50 Certificate
EPC Membership
KZPA-III Award
Belgium Digital Modes AWARD
ITU-PSK19
CQPSK-10

DMC Certificate
DMC ITU ZONES 5
DMC ITU ZONES 10
DMC ITU ZONES 20
DMC ITU ZONES 30
DMC WAZ10
DMC WAZ 20
DMC DXCC25
DMC Eurpe Class1
DMC Member25
BDMMA-50
EPCAS
EPCOC
CQPSK-20
Croatia Digital Group
DMC DXCC50
EPC EU10
WDMC-50
CDG DXCA50
Natal Digital Group
PHPHA-100
RPXPA-3
RRPA-BRONZE-3
EPC RU-III
EPC MGSPA
EPC EUSPA
PHPHA-100
EPCEU
ECPDX
DMC WEA Class1BPSK
EPC RGSPA-73
BDMMA-100
DMC WAC
DMC ITU-40
eDX75
WACPA
EPC DXDA
PHASE50
PSKWAC
Natal Digital Group
EPC RGSPA55
PSKWAC2
EPC EUSPA
PHPA200 EPC ASSPA200
EPC KZPA-II
MGSPA-200
BPSK31
MWCA-Second
EPC RRPA
DMC WAS10
JH2DBQ-ECSA-FIFTH.jpg
JH2DBQ-BQPA-BPSK63.jpg
JH2DBQ-ECSA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-AUPA-SILVER.jpg

JH2DBQ-WASA-012.jpg
JH2DBQ-PHASE-100_201310041939237e2.jpg
JH2DBQ-EUROPA-BRONZE.jpg
JH2DBQ-EUSPA-700.jpg
JH2DBQ-ECSA-SIXTH.jpg
JH2DBQ-EPCCRO-BRONZE.jpg
FOC75 Award
JH2DBQ-EPCDL-BRONZE.jpg
JH2DBQ-FPXPA-III.jpg
JH2DBQ-ITPAI-ITRPAIII.jpg
JH2DBQ-EUSPA-800 (1)

 JH2DBQ-ITPAII-LOPAII-001.jpg
JH2DBQ-MWCA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-MGSPA-600.jpg
JH2DBQ-MASTER-1STAR.jpg
JH2DBQ-PHPA-600.jpg
CQ Japan issued
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.4
CQ Japan vol.4
CQ Japan Vol.3
CQ Japan August 2010
CQ Japan Vol.2
CQ JAPAN Magazine July 2010 創刊2号 表紙(だけ)
CQ Japan Vol.1
Hand Strap with minolta alpha7


The Beatles in a Window
20100529i

Recent Comments
Search him !

free counters

QRZ callsign lookup:
provided by qrz.com



eQSL.cc vs LOTW
135cfm - 173cfm
Enter your callsign to see if you have an eQSL waiting!

Profile II
DXCC 232/267

QSO 11313

2014 1221 112/165
2013 2354 150/186 1kW
2012 2737 130/145
2011 568 73/100
2010 49 10/ 19
2009 333 37/ 51
2008 153 08/ 29 VoIP / FCC Extra
2007 0
2006 0
2005 0
2004 0
2003 0
2002 0
2001 15 00/02
2000 0
1999 0
1998 0
1997 0
1996 10 01/02
1995 0 /500Watts Expired
1994 450 29/85
1993 26 05/10
1992 20 00/01
1991 496 53/108
1990 416 46/87
1989 99 03/15
1988 29 00/02
1987 48 00/06
1986 10 09/25
1985 49 07/19
1984 104 05/12
1983 612 42/62
1982 724 82/108/500Watts
1981 2 01/02
1980 0 /1st Class
1979 4 00/01
1978 0
1977 0
1976 4
1975 30 00/02
1974 44 02/07
1973 256 18/31
1972 191 17/26
1971 302 06/15 /phone Class
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。