くまモン Official Site
1526109_575436825876410_853617968_n.jpg
Profile
Profile

Author:Jh2dbq
Welcome to my blog!
I became a radio amateur in 1972 and have been enjoying being one.

friends



SanyoSan/JA1COR

KenSan/KI2P
Ken's Drake C-4 Line


CQ-101
CQ101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

  1. モモコwithJE2EVX

    モモコwithJE2EVX

    2013-11-14 (Thu) 08:46

    Rotumaってのがわからず調べてみましたがよくわかりませんでした。
    いまどきの占領政策はうまいこと情報統制しておだててやらないと生産性があがらない(搾取だけではだめ、言い方を綺麗にかえればwin-winを目指す)というのが常識なようですが、占領どころか国内政治や企業経営方針すら、そうなってないのが現実ですからねぇ。しかしブラック企業の走りが大英帝国主義だとは、さもありなん。
  2. Sanyo

    Sanyo

    2013-11-14 (Thu) 09:12

    クラスタみて、ペディションだーと群がってゲットー、一丁あがりー、だけ、では寂しいし、どうかするとJAあたりから出かけてやってる連中、本人達ですら、どういう場所なのかわかってんのか?という気がする昨今、結構な解説で目からウロコでごぜます。
     そう、アマチュア無線は世界に思いを馳せられる知的なものなわけで、メンコ集めのそしりを受けるレベルでいいわけはありませぬ。
  3. Sanyo

    Sanyo

    2013-11-14 (Thu) 09:48

    吾輩のイメージ
    イギリス人、大英帝国、エリザベス女王、アングロサクソンの頂上、正義の味方(のつもり)、この地球は自分のもの、自分たちが世界の中心、お金は自動的に自分たちのところへ、島流し罪人達の末裔が住むオセアニアでもお金に女王の顔、いい家に住みまずいものを食う。戦争好き(アルゼンチンの隣の島も力で確保)、腕っ節だけは強い。頭は?でもそれで世界制覇してきた。(以上、個人の感想でございます)
  4. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2013-11-15 (Fri) 12:30

    両OM、コメントさんくすこでございます(__;)

    近いうちに、なんらかのカタチでReplyさせていただきますゆえ、
    なにとぞしばらく、しばらくぅうう

    最近、なかなか気の利いたことが書けまへんねん。。

Comment Form

Comment Form
-

Trackback

Trackback URL

3730

T33A Banaba, the Island of Tragedy


T33Aが連日QRVしているBanaba島ってのは、いったいどんなところなんだと調べてみたのだが。

Banabaは地図にあるとおり、南太平洋の小島。人口300人だという。

人口300人?

これはいかにも曰く因縁がありそうだと思って調べてみると、とんでもねー悲しい歴史があるのだった。

西暦1900年までは、この島は、ゴーギャンの絵に出てくるような、天国に最も近い島のひとつだったのだろう。漁業中心の自給自足生活が営まれていたようだと言うとカッコいいが、要するに原始共産制の未開社会と言えるが、この時点では島民は一万人ほどいたようだ。それなりに栄えていたと言える。


この島が豊富な燐鉱石を産出することに目をつけたのは、悪の権化・イギリス人。999年間ぶんの(←書き間違えでない)採掘権を50ポンドで買い取ることに成功、島民の大半を3000km離れたフィジーに移住させ、残った島民には島をがんがん掘削させて本国へ輸送、しこたま財をなす。イギリスお得意の 収奪 である。

これは1943年、日本軍による占領で途絶えるが、日本もまたイギリスと同様のことをしようとしたうえ、この地を戦場としてアメリカと激しく闘った。日本軍による島民殺害もあったとされている。

第二次大戦が終わるとイギリスがまた戻ってきた。イギリスは、日本軍が荒らした島を整備するからとウソをコキ、さらに大型化した掘削機を用いてさらに掘削。

フィジに移住していたバナバ島民が、イギリスがとんでもねーことをしていやがると知ったのは1969年。
隣国ナウルが同じく燐鉱石を輸出し、左うちわで暮らしているのを見て、なんでこんなに違いがあるのだと気づくまでに四半世紀。根っから善良な人たちと言える。
イギリスは大慌てで掘削を進め、1979年に収奪完了。

イギリスのやったことは完全に犯罪であって、バナバ島民は賠償を請求。これは容れられたものの、賠償金は行方不明。

いまなお政治的に独立した存在とは言いがたく、コールサインからわかるとおり、いちおうキリバス共和国に属しているが、いかんせん、、絶海の孤島、人口300人。

また、戦前戦中にかけて多くの島民が移住した先はフィジー国ランビ島。
元島民らは、二つの国に別れて帰属している状態。
そのフィジはいま、インド系住民によって牛耳られており、アタマ来たRotumaが独立だと叫んでいるのはご存じのとおり。Rotumaでさえそうなんだから、フィジーがBanabaを顧みるはずはない。

帰島を果たした300名のバナバ人は今、スコップなどを手にして島を補修しているそうです。

バナバの若者の何人かは、日本の清水、焼津などの漁業会社で働いているそうで、バナバ人の対日感情は、そんなに悪いものではないと書かれていますが・・・。



以上は、ウェブでざっと調べたところをマトメただけですので、正しくは各自でご検証あれ。

追記
この悲劇の直接の原因は、イギリスにある。

ナウルは国連の信託統治領となったため、民主性がそれなりに確保されたが、イギリスは1979年まで徹底的にこの島を蹂躙した。1979年というと、日本ではピンクレディの全盛期ぐらいになると思う。それぐらいに、最近のことだ、前近代の話ではない。

日本がこの島を占領したとき、統治がもっ穏便に、島民の合意をとちゃんと得たうえで行われていれば、こうはならんかっただろうと思うと、おれらにも相当の責任はあるなあ。
というか、そもそも第二次大戦での敗戦の原因はソレではないかという気がする。当時の日本人の意識(それほど大したものでもないが)と、占領先の住人とのあいだの意識のギャップがデカすぎる。

占領先での合意形成の失敗、ちうやつだが、

日本人て、いまでもそうだもんなあ。内発的動機形成の誘発がヘタすぎる。反省せんといかんのはソレだなw。

指導する立場に立つ者に、人類は全員、軍人・警官だと考えているようなのが多すぎるわな。

そこをブレークスルーしたのが例の「DJポリス」なんだろうなあ。あの好例を、自衛隊幹部とかは研究してるのかしらん。

追記2
中韓がごたごた言うとる「歴史認識のズレ」てのも、それなんだろうなあ。
つまり、支配当時に、現地の人との合意形成への努力が足りなかった。わかってた人もいたわけだけど、まぁ分かってなかったのが、日本の敗戦を機に、ホレお前が間違ってたんだ反省せぇと迫って来ておるわけだろうなあ。

ま、いまさらナニ言うたところで、わからんであろう。

中国共産党なんてのは、その点は実にうまかった。
日本人害悪説を唱えてりゃ、その一点では国民との合意を形成しやすいもんなー。
そろそろその手の内もバレつつあるようだけど。



banaba.jpg
4

Comment

  1. モモコwithJE2EVX

    モモコwithJE2EVX

    2013-11-14 (Thu) 08:46

    Rotumaってのがわからず調べてみましたがよくわかりませんでした。
    いまどきの占領政策はうまいこと情報統制しておだててやらないと生産性があがらない(搾取だけではだめ、言い方を綺麗にかえればwin-winを目指す)というのが常識なようですが、占領どころか国内政治や企業経営方針すら、そうなってないのが現実ですからねぇ。しかしブラック企業の走りが大英帝国主義だとは、さもありなん。
  2. Sanyo

    Sanyo

    2013-11-14 (Thu) 09:12

    クラスタみて、ペディションだーと群がってゲットー、一丁あがりー、だけ、では寂しいし、どうかするとJAあたりから出かけてやってる連中、本人達ですら、どういう場所なのかわかってんのか?という気がする昨今、結構な解説で目からウロコでごぜます。
     そう、アマチュア無線は世界に思いを馳せられる知的なものなわけで、メンコ集めのそしりを受けるレベルでいいわけはありませぬ。
  3. Sanyo

    Sanyo

    2013-11-14 (Thu) 09:48

    吾輩のイメージ
    イギリス人、大英帝国、エリザベス女王、アングロサクソンの頂上、正義の味方(のつもり)、この地球は自分のもの、自分たちが世界の中心、お金は自動的に自分たちのところへ、島流し罪人達の末裔が住むオセアニアでもお金に女王の顔、いい家に住みまずいものを食う。戦争好き(アルゼンチンの隣の島も力で確保)、腕っ節だけは強い。頭は?でもそれで世界制覇してきた。(以上、個人の感想でございます)
  4. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2013-11-15 (Fri) 12:30

    両OM、コメントさんくすこでございます(__;)

    近いうちに、なんらかのカタチでReplyさせていただきますゆえ、
    なにとぞしばらく、しばらくぅうう

    最近、なかなか気の利いたことが書けまへんねん。。

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

Propagation Report



Recent Articles
Certificates
VK Jumbunna
WAC
WAP
YU Diplom
IARU Region III
DXF-X-A
United Nations Award
S6S
ADXA
N4MQ
eDX46
eDX50 Certificate
EPC Membership
KZPA-III Award
Belgium Digital Modes AWARD
ITU-PSK19
CQPSK-10

DMC Certificate
DMC ITU ZONES 5
DMC ITU ZONES 10
DMC ITU ZONES 20
DMC ITU ZONES 30
DMC WAZ10
DMC WAZ 20
DMC DXCC25
DMC Eurpe Class1
DMC Member25
BDMMA-50
EPCAS
EPCOC
CQPSK-20
Croatia Digital Group
DMC DXCC50
EPC EU10
WDMC-50
CDG DXCA50
Natal Digital Group
PHPHA-100
RPXPA-3
RRPA-BRONZE-3
EPC RU-III
EPC MGSPA
EPC EUSPA
PHPHA-100
EPCEU
ECPDX
DMC WEA Class1BPSK
EPC RGSPA-73
BDMMA-100
DMC WAC
DMC ITU-40
eDX75
WACPA
EPC DXDA
PHASE50
PSKWAC
Natal Digital Group
EPC RGSPA55
PSKWAC2
EPC EUSPA
PHPA200 EPC ASSPA200
EPC KZPA-II
MGSPA-200
BPSK31
MWCA-Second
EPC RRPA
DMC WAS10
JH2DBQ-ECSA-FIFTH.jpg
JH2DBQ-BQPA-BPSK63.jpg
JH2DBQ-ECSA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-AUPA-SILVER.jpg

JH2DBQ-WASA-012.jpg
JH2DBQ-PHASE-100_201310041939237e2.jpg
JH2DBQ-EUROPA-BRONZE.jpg
JH2DBQ-EUSPA-700.jpg
JH2DBQ-ECSA-SIXTH.jpg
JH2DBQ-EPCCRO-BRONZE.jpg
FOC75 Award
JH2DBQ-EPCDL-BRONZE.jpg
JH2DBQ-FPXPA-III.jpg
JH2DBQ-ITPAI-ITRPAIII.jpg
JH2DBQ-EUSPA-800 (1)

 JH2DBQ-ITPAII-LOPAII-001.jpg
JH2DBQ-MWCA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-MGSPA-600.jpg
JH2DBQ-MASTER-1STAR.jpg
JH2DBQ-PHPA-600.jpg
CQ Japan issued
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.4
CQ Japan vol.4
CQ Japan Vol.3
CQ Japan August 2010
CQ Japan Vol.2
CQ JAPAN Magazine July 2010 創刊2号 表紙(だけ)
CQ Japan Vol.1
Hand Strap with minolta alpha7


The Beatles in a Window
20100529i

Recent Comments
Search him !

free counters

QRZ callsign lookup:
provided by qrz.com



eQSL.cc vs LOTW
135cfm - 173cfm
Enter your callsign to see if you have an eQSL waiting!

Profile II
DXCC 232/267

QSO 11313

2014 1221 112/165
2013 2354 150/186 1kW
2012 2737 130/145
2011 568 73/100
2010 49 10/ 19
2009 333 37/ 51
2008 153 08/ 29 VoIP / FCC Extra
2007 0
2006 0
2005 0
2004 0
2003 0
2002 0
2001 15 00/02
2000 0
1999 0
1998 0
1997 0
1996 10 01/02
1995 0 /500Watts Expired
1994 450 29/85
1993 26 05/10
1992 20 00/01
1991 496 53/108
1990 416 46/87
1989 99 03/15
1988 29 00/02
1987 48 00/06
1986 10 09/25
1985 49 07/19
1984 104 05/12
1983 612 42/62
1982 724 82/108/500Watts
1981 2 01/02
1980 0 /1st Class
1979 4 00/01
1978 0
1977 0
1976 4
1975 30 00/02
1974 44 02/07
1973 256 18/31
1972 191 17/26
1971 302 06/15 /phone Class
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。