くまモン Official Site
1526109_575436825876410_853617968_n.jpg
Profile
Profile

Author:Jh2dbq
Welcome to my blog!
I became a radio amateur in 1972 and have been enjoying being one.

friends



SanyoSan/JA1COR

KenSan/KI2P
Ken's Drake C-4 Line


CQ-101
CQ101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

  1. Fumi 7k1ptt

    Fumi 7k1ptt

    2013-10-27 (Sun) 06:51

    おはようございます。2つほど。

    「2階へ避難して下さい」くらいは自治体は言えたのでは,とのコメントをTwitterで見かけました。
    防災無線のスピーカーは各戸にあるので聞こえる人は多いのではないでしょうか。
    自宅に2階がなければご近所の2階へ避難するとか。

    NHKはシミュレーション画像や過去の災害の映像を流すと良いと思います。
    現在の状況から数時間後の将来をイメージできる人が少ないように感じています。
    (福島原発が水素爆発したとき私は既に500km離れた場所にいましたが,水素爆発してもまだ避難しない人が多かったし)

Comment Form

Comment Form
-

Trackback

Trackback URL

3617

時間雨量100mm

みなさんは、時間雨量100mmというのを経験したことはおありでしょうか。

わしは、西暦2000年の東海集中豪雨で経験しましたが、それはスゲぇものでした。時間雨量100mmと言っても、雨水が均等に溜まるわけではない。文字通り、水は低きに流れ、ちょいと低いところはあっという間に洪水となる。

渋滞中のクルマも、たまたま低い路面にあるクルマはあっという間に浮き上がり、金属音を立ててぶつかり合う。私はそれを、名古屋の都心で目の当たりにした。恐怖でした。

あのときの時間雨量がMAX114mm。

ただ、この雨は数時間もしないうちに上がり、名古屋の排水力の高さもあって、すぐに水は引いたため、私自身は、クルマのタイヤを濡らすこともなく帰宅できたのですが、廃車になったクルマも多いとあとで聞きました。

このたびの、伊豆大島での時間降水量もおおよそ100mm。問題なのはそれが6時間ばかり継続したということで、その時間帯の累積は800mmを超えたらしい。名古屋のそれは、二日間の累積で600mm弱でした。

私のあの経験からすると、今回の伊豆の100mm☓6時間、累積800mm超えというのは、ものすごい異常事態だということが、ほぼ誰にでもわかる状況だと思われます。

不幸だったのは、それが深夜~早朝にかけてのことだったという点でしょう。寝入ってしまっていては、わからないおそれは強い。とくに台風通過中のこととて、異常音が強風にかき消されたとも思われるわけです。


現地を知らないわけですが、テレビ画面で見る限りは、集落と山の斜面との距離もじゅうぶんあるように見受けられるため、通常の感覚では予測が難しかったとも思われます。

付近一帯が、800年前にできた火山灰地であり、表層すべりが起きる可能性があるということを知っていて、初めて雨量との兼ね合いで危険を察知することが可能だと思われますが、一般的な感覚ではむつかしいかも知れない。


テレビで自治体の長が、避難を支持できなかったことは痛恨の極みだとおっしゃってましたが、しかし仮に私自身がその自治体の責任者だったらどうしたかと考えると、どうも、なにか成し得ただろうという気がしない。

防災無線は、あの風雨ではおそらく聞こえない。
テレビでは、電話をしたらという意見もあったけれども、あの風雨の中、ご老人らに向かって
「もう助けに行けんから、手前で避難せよ」
と言えるか。

自治体としても、もう祈るしかなかったのではないかと思われるわけです。




・・・しかし、さらに12時間ほど遡ると、また違う見方もできるかも知れない。

今回の台風は、ほぼ気象庁予測どおりの進みかたをした。従って、進路上で膨大な降雨をもたらすであろうことは、予測されていた。

このことに加えて「火山灰地であることの認識」があるなら、今回のような山崩れとも言うべき巨大な惨事はともかく、部分的な土砂崩れぐらいは予測できたとも言える。

その、想定し得べき範囲内について、自治体が責務を全うしたかというと、まぁこのあたりは仔細な検討が必要だろうなあという気もします。


結論:自治体は、気象庁発表のデータ等を、地域の実情に合わせて咀嚼し、住民に伝える義務を負うと考えられるため、自治体は責任を免れない。と思う。

結論2:NHKの台風に関するテレビ報道も、もっと科学的知見を総動員してヤルべきだと思う。いまのは大雑把すぎる。

累積降水量が○○に達しているため、あるいはあと数時間で達すると思われるため、火山灰地、崖地の40パーセントは崩壊する危険な状態、とでもやってくれれば、また違ってくるのではないだろうか。

1

Comment

  1. Fumi 7k1ptt

    Fumi 7k1ptt

    2013-10-27 (Sun) 06:51

    おはようございます。2つほど。

    「2階へ避難して下さい」くらいは自治体は言えたのでは,とのコメントをTwitterで見かけました。
    防災無線のスピーカーは各戸にあるので聞こえる人は多いのではないでしょうか。
    自宅に2階がなければご近所の2階へ避難するとか。

    NHKはシミュレーション画像や過去の災害の映像を流すと良いと思います。
    現在の状況から数時間後の将来をイメージできる人が少ないように感じています。
    (福島原発が水素爆発したとき私は既に500km離れた場所にいましたが,水素爆発してもまだ避難しない人が多かったし)

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

Propagation Report



Recent Articles
Certificates
VK Jumbunna
WAC
WAP
YU Diplom
IARU Region III
DXF-X-A
United Nations Award
S6S
ADXA
N4MQ
eDX46
eDX50 Certificate
EPC Membership
KZPA-III Award
Belgium Digital Modes AWARD
ITU-PSK19
CQPSK-10

DMC Certificate
DMC ITU ZONES 5
DMC ITU ZONES 10
DMC ITU ZONES 20
DMC ITU ZONES 30
DMC WAZ10
DMC WAZ 20
DMC DXCC25
DMC Eurpe Class1
DMC Member25
BDMMA-50
EPCAS
EPCOC
CQPSK-20
Croatia Digital Group
DMC DXCC50
EPC EU10
WDMC-50
CDG DXCA50
Natal Digital Group
PHPHA-100
RPXPA-3
RRPA-BRONZE-3
EPC RU-III
EPC MGSPA
EPC EUSPA
PHPHA-100
EPCEU
ECPDX
DMC WEA Class1BPSK
EPC RGSPA-73
BDMMA-100
DMC WAC
DMC ITU-40
eDX75
WACPA
EPC DXDA
PHASE50
PSKWAC
Natal Digital Group
EPC RGSPA55
PSKWAC2
EPC EUSPA
PHPA200 EPC ASSPA200
EPC KZPA-II
MGSPA-200
BPSK31
MWCA-Second
EPC RRPA
DMC WAS10
JH2DBQ-ECSA-FIFTH.jpg
JH2DBQ-BQPA-BPSK63.jpg
JH2DBQ-ECSA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-AUPA-SILVER.jpg

JH2DBQ-WASA-012.jpg
JH2DBQ-PHASE-100_201310041939237e2.jpg
JH2DBQ-EUROPA-BRONZE.jpg
JH2DBQ-EUSPA-700.jpg
JH2DBQ-ECSA-SIXTH.jpg
JH2DBQ-EPCCRO-BRONZE.jpg
FOC75 Award
JH2DBQ-EPCDL-BRONZE.jpg
JH2DBQ-FPXPA-III.jpg
JH2DBQ-ITPAI-ITRPAIII.jpg
JH2DBQ-EUSPA-800 (1)

 JH2DBQ-ITPAII-LOPAII-001.jpg
JH2DBQ-MWCA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-MGSPA-600.jpg
JH2DBQ-MASTER-1STAR.jpg
JH2DBQ-PHPA-600.jpg
CQ Japan issued
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.4
CQ Japan vol.4
CQ Japan Vol.3
CQ Japan August 2010
CQ Japan Vol.2
CQ JAPAN Magazine July 2010 創刊2号 表紙(だけ)
CQ Japan Vol.1
Hand Strap with minolta alpha7


The Beatles in a Window
20100529i

Recent Comments
Search him !

free counters

QRZ callsign lookup:
provided by qrz.com



eQSL.cc vs LOTW
135cfm - 173cfm
Enter your callsign to see if you have an eQSL waiting!

Profile II
DXCC 232/267

QSO 11313

2014 1221 112/165
2013 2354 150/186 1kW
2012 2737 130/145
2011 568 73/100
2010 49 10/ 19
2009 333 37/ 51
2008 153 08/ 29 VoIP / FCC Extra
2007 0
2006 0
2005 0
2004 0
2003 0
2002 0
2001 15 00/02
2000 0
1999 0
1998 0
1997 0
1996 10 01/02
1995 0 /500Watts Expired
1994 450 29/85
1993 26 05/10
1992 20 00/01
1991 496 53/108
1990 416 46/87
1989 99 03/15
1988 29 00/02
1987 48 00/06
1986 10 09/25
1985 49 07/19
1984 104 05/12
1983 612 42/62
1982 724 82/108/500Watts
1981 2 01/02
1980 0 /1st Class
1979 4 00/01
1978 0
1977 0
1976 4
1975 30 00/02
1974 44 02/07
1973 256 18/31
1972 191 17/26
1971 302 06/15 /phone Class
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。