くまモン Official Site
1526109_575436825876410_853617968_n.jpg
Profile
Profile

Author:Jh2dbq
Welcome to my blog!
I became a radio amateur in 1972 and have been enjoying being one.

friends



SanyoSan/JA1COR

KenSan/KI2P
Ken's Drake C-4 Line


CQ-101
CQ101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

  1. Sanyo

    Sanyo

    2013-08-30 (Fri) 22:18

    LEDチカチカで一挙にその境地に到達されるとは、さすがですなとおべんちゃら、・・・
    で、その後の時代はそう、自分の汗と涙の過去を紐解くと(藤圭子じゃないけどつろうござんした) 今度は長い、頭脳肉体労働というもの、(この概念は経験しないとわからないかもしれないが) 確かに頭を使うのだが、機械と対話するための例えば手と足の指だけを使って、3桁4桁同士の分数や小数の計算をするようなおよそ、体力の消耗以外何ものでもない作業が続くのだ。
     ずっと後になって人間の言葉に近い高級言語や、進んだ開発ツールが普及して少しは改善するが、見かけはIT産業だとかいって、派手な感じかも知れないが、深夜残業、と徹夜の連続でまあ、昔の女工哀史の過酷さに引けをとらない辛い作業が多かったんだよ。(いけね、過去の話になったが、いや、現在も進行していると思うよ)
  2. JE2EVX

    JE2EVX

    2013-08-31 (Sat) 17:29

    デスマーチは現在も進行していますよ。うちもARMとRXとverilogで、ここ一ヶ月ほどテッテケテーと崖に向かって行進中でございます。AVRのほうがCとの親和性やアーキテクチャは良くて好きなんだけど、PICのほうが経験則的に物理的な耐性が高いんですよねぇ。picも24でも変態バンク切替させられるのさえなければ良いんだけど。関数ポインタジャンプが使えないんだよね。

Comment Form

Comment Form
-

Trackback

Trackback URL

3479

Arduino! II

諸兄、コメントありがとうごんす。

思い出した。あれは確かTK88言いましたっけ。あーゆーのの後継機が、AVRとか(いま初めて知りました)、あとはちょくちょく話に出るPICというやつもそうですけ。そのようにして連綿と伝わってきたということなのでしょうか。

知らんかったなぁあ。

で、このArduinoなんですけど、これはワシら文系アート派には、合うw。PICやらは、どうも 上から目線 でいかん凸。素直に受け入れる気が起きぬww。

んで、わしはこのArduinoイタ公のおかげで、わかった。要するにこの、わざわざメンドイ鬱陶しいことをして挙句たかだかLEDが光るだけ、というトロいことを最初にやらせるのはつまり結局

 Conputingってのは、ただの 高速スイッチンだ

ということを骨の髄からわからせたいわけなんだなあ。ありがとう、おかげでわかりました。

筒井康隆の小説に「眠れぬ夜のために」みたいなスラップスティックがあって、要するに、数々書かれてきた「睡眠法」の一種なんだけど、筒井の場合は、

まずベッドのヨコ30cmのところに移動し

ベッドに背を向けて

ゆるやかに膝関節を曲げて臀部をベッド上面に接触させ

状態をベッド情報に傾斜させつつ回転し

と、マジで「寝方」を延々とうだうだ書いて一本の作品に昇華させている。ソレか凸。と理解した。

要するに、完全無知の物体に、微に入り細を穿って細々と指示し、ソレナリの動作をさせようというのがプログラミングであると、いま、右脳で納得したw。

しかし、本来なら一瞬の直感で決着がつくものを、わざわざ超スローモーションに分解して再構成するというのは、たとえば漫画巨人の星で星飛雄馬が一球を投じるのに一ヶ月書けたりするのに似て、あまりに非日常だ。

こんなことやってるから、プログラマは廃人化する率が高いわけだなあ。と納得したw。

が、面白い。非日常性がおもしろい。こういう世界がデキちまったので、そのギャップを解消するために、IBMのシニアなんたらとか、茂木どうたらという脳科学者が出てくる素地があるわけだなあ。と腑に落ちた。



 20世紀末にコンピュータというものが登場した

と言えば終わりなような気がするが、それによる第4次産業革命というのは、確実に人間の有り様を変えるというのがいま完全にわかりました。どう変えるかはわからんが、コアになるのは


Sensing



mediaのInteractive化

ですな。コンピュータ技術の進歩によって、おそらく、生物体としての人間が変化していく気がする。
変化に敏感に反応し、その反応を人類が共有する方向へと向かう。天気情報のピンポイント化なんかは、その例かも知れん。政治もそうだしなあ。シリア情勢に日本人の生活が左右される。なるほど。
新型ロケットのイプシロンなんかも、要するに、Remote Sensorが欲しいわけなんだなあ。なるほどなあ。

いやぁウォズニアック。おれはキミに30年遅れたけど、いまわかったよwww。


追記
しかし、LEDひとつ点灯しただけでここまで考えさせるんだから、Arduino,たいしたもんだわw。

  • Date : 2013-08-30 (Fri)
  • Category : Digital
2

Comment

  1. Sanyo

    Sanyo

    2013-08-30 (Fri) 22:18

    LEDチカチカで一挙にその境地に到達されるとは、さすがですなとおべんちゃら、・・・
    で、その後の時代はそう、自分の汗と涙の過去を紐解くと(藤圭子じゃないけどつろうござんした) 今度は長い、頭脳肉体労働というもの、(この概念は経験しないとわからないかもしれないが) 確かに頭を使うのだが、機械と対話するための例えば手と足の指だけを使って、3桁4桁同士の分数や小数の計算をするようなおよそ、体力の消耗以外何ものでもない作業が続くのだ。
     ずっと後になって人間の言葉に近い高級言語や、進んだ開発ツールが普及して少しは改善するが、見かけはIT産業だとかいって、派手な感じかも知れないが、深夜残業、と徹夜の連続でまあ、昔の女工哀史の過酷さに引けをとらない辛い作業が多かったんだよ。(いけね、過去の話になったが、いや、現在も進行していると思うよ)
  2. JE2EVX

    JE2EVX

    2013-08-31 (Sat) 17:29

    デスマーチは現在も進行していますよ。うちもARMとRXとverilogで、ここ一ヶ月ほどテッテケテーと崖に向かって行進中でございます。AVRのほうがCとの親和性やアーキテクチャは良くて好きなんだけど、PICのほうが経験則的に物理的な耐性が高いんですよねぇ。picも24でも変態バンク切替させられるのさえなければ良いんだけど。関数ポインタジャンプが使えないんだよね。

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

Propagation Report



Recent Articles
Certificates
VK Jumbunna
WAC
WAP
YU Diplom
IARU Region III
DXF-X-A
United Nations Award
S6S
ADXA
N4MQ
eDX46
eDX50 Certificate
EPC Membership
KZPA-III Award
Belgium Digital Modes AWARD
ITU-PSK19
CQPSK-10

DMC Certificate
DMC ITU ZONES 5
DMC ITU ZONES 10
DMC ITU ZONES 20
DMC ITU ZONES 30
DMC WAZ10
DMC WAZ 20
DMC DXCC25
DMC Eurpe Class1
DMC Member25
BDMMA-50
EPCAS
EPCOC
CQPSK-20
Croatia Digital Group
DMC DXCC50
EPC EU10
WDMC-50
CDG DXCA50
Natal Digital Group
PHPHA-100
RPXPA-3
RRPA-BRONZE-3
EPC RU-III
EPC MGSPA
EPC EUSPA
PHPHA-100
EPCEU
ECPDX
DMC WEA Class1BPSK
EPC RGSPA-73
BDMMA-100
DMC WAC
DMC ITU-40
eDX75
WACPA
EPC DXDA
PHASE50
PSKWAC
Natal Digital Group
EPC RGSPA55
PSKWAC2
EPC EUSPA
PHPA200 EPC ASSPA200
EPC KZPA-II
MGSPA-200
BPSK31
MWCA-Second
EPC RRPA
DMC WAS10
JH2DBQ-ECSA-FIFTH.jpg
JH2DBQ-BQPA-BPSK63.jpg
JH2DBQ-ECSA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-AUPA-SILVER.jpg

JH2DBQ-WASA-012.jpg
JH2DBQ-PHASE-100_201310041939237e2.jpg
JH2DBQ-EUROPA-BRONZE.jpg
JH2DBQ-EUSPA-700.jpg
JH2DBQ-ECSA-SIXTH.jpg
JH2DBQ-EPCCRO-BRONZE.jpg
FOC75 Award
JH2DBQ-EPCDL-BRONZE.jpg
JH2DBQ-FPXPA-III.jpg
JH2DBQ-ITPAI-ITRPAIII.jpg
JH2DBQ-EUSPA-800 (1)

 JH2DBQ-ITPAII-LOPAII-001.jpg
JH2DBQ-MWCA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-MGSPA-600.jpg
JH2DBQ-MASTER-1STAR.jpg
JH2DBQ-PHPA-600.jpg
CQ Japan issued
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.4
CQ Japan vol.4
CQ Japan Vol.3
CQ Japan August 2010
CQ Japan Vol.2
CQ JAPAN Magazine July 2010 創刊2号 表紙(だけ)
CQ Japan Vol.1
Hand Strap with minolta alpha7


The Beatles in a Window
20100529i

Recent Comments
Search him !

free counters

QRZ callsign lookup:
provided by qrz.com



eQSL.cc vs LOTW
135cfm - 173cfm
Enter your callsign to see if you have an eQSL waiting!

Profile II
DXCC 232/267

QSO 11313

2014 1221 112/165
2013 2354 150/186 1kW
2012 2737 130/145
2011 568 73/100
2010 49 10/ 19
2009 333 37/ 51
2008 153 08/ 29 VoIP / FCC Extra
2007 0
2006 0
2005 0
2004 0
2003 0
2002 0
2001 15 00/02
2000 0
1999 0
1998 0
1997 0
1996 10 01/02
1995 0 /500Watts Expired
1994 450 29/85
1993 26 05/10
1992 20 00/01
1991 496 53/108
1990 416 46/87
1989 99 03/15
1988 29 00/02
1987 48 00/06
1986 10 09/25
1985 49 07/19
1984 104 05/12
1983 612 42/62
1982 724 82/108/500Watts
1981 2 01/02
1980 0 /1st Class
1979 4 00/01
1978 0
1977 0
1976 4
1975 30 00/02
1974 44 02/07
1973 256 18/31
1972 191 17/26
1971 302 06/15 /phone Class
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。