くまモン Official Site
1526109_575436825876410_853617968_n.jpg
Profile
Profile

Author:Jh2dbq
Welcome to my blog!
I became a radio amateur in 1972 and have been enjoying being one.

friends



SanyoSan/JA1COR

KenSan/KI2P
Ken's Drake C-4 Line


CQ-101
CQ101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

  1. Fumi 7k1ptt

    Fumi 7k1ptt

    2013-08-14 (Wed) 14:59

    こんにちは。
    これまで考えたことありませんでした。

    簡単のため,まずは次のように仮定します。
    無線機のグラウンドは直流的にも交流的にも大地と接続されており電位は常にゼロ。
    GPアンテナのラジアルは直流的には大地とは接続されていない。

    で,給電部において芯線側をGPのラジアル(水平電線)に接続するとどうなるか。
    GPのラジアルの電位がどうなっているのかが問題。
    網線側は無線機ともども直流的にも大地と接続されているのでGPのラジエータ(垂直電線)に繋いでも電位はゼロのままい。

    共振周波数の信号については,ラジアルと大地は高周波的に接続されているとみなせると思います(?)。
    よって共振周波数においては「な~も聞こえん」。
    また共振していない周波数においては空中に置かれた針金となり「ノイズを受信する」。

    上記の(?)印の行があやしい部分というかポイントでしょうか。
  2. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2013-08-14 (Wed) 15:43

    FumiOM、さんくすこ(__;)です。

    枝葉末節にツッコミ入れて申し訳ないですが、

    >>また共振していない周波数においては空中に置かれた針金となり「ノイズを受信する」。

    の部分なんですが、このノイズは、無線機にとってはやはり到来する電波のひとつだと言えませんか。

  3. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2013-08-14 (Wed) 17:46

    あ~わかったわかたあるよ。

    同調していない周波数については
    ロングワイヤの動作をするという意味ですね。

    う=ん・・・
    全体的に、とてもアクロバチックな脳トレの気がする。。。

    おもしろいと思いますが。
    ははあなるほど。
    コモンモード輻射が起きる場合のウラ読みでござるな♪

  4. Fumi 7k1ptt

    Fumi 7k1ptt

    2013-08-14 (Wed) 17:48

    こんばんは~。
    はい。到来する電波と考えています。

    例えば21MHz用のGPのラジアルに芯線を繋いで21MHzを受信すると静かだけれど14MHzを受信するとざわざわしてSメーターも振れるというイメージです。

    我ながらあやしくなってきました。
  5. モモコwithJE2EVX

    モモコwithJE2EVX

    2013-08-14 (Wed) 19:49

    ディスコーンもしくはバイコニカルみたいな進行波型の動作になると思います。ディスコーンのラジアルがなくなるのと同じ感じですかね。ラジエータは大地との容量冠そのものとして働くので、1/8λ程度の長さまで輻射可能&Qが低く広帯域化。同軸外皮と大地とのコモンモードの結合で輻射効率が変わるのかな。
  6. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2013-08-14 (Wed) 22:00

    なんだかEHアンテナの議論みたいになってきた様相がσ(^。^;)。

    ほぃではここで、いま問題のGP直下にTRXを置いて、つまり同軸ケーブルがない、としたらどうかしらん。

    同軸ケーブルのコモンモード動作については、議論の逃げみたいな感じがして面白くないというか、
    実際のところ
    現実にそうなりそうだし凸
  7. Sanyo

    Sanyo

    2013-08-14 (Wed) 22:12

    あの、 前にも触れましたが、GPのラジアルはカウンターポイズそのものです。
    従って動作としてはDPですので、DPは左右ひっくり返しても同じ、で、GPも原理的に同じなので、上下ひっくり返しただけで同じということになるんだけど。
     やってみればわかるがさあ、どうなりますか。面白そう。
  8. Fumi 7k1ptt

    Fumi 7k1ptt

    2013-08-15 (Thu) 21:21

    こんばんは~。
    DPとGPにおいて芯線側の動作は同じですが網線側で起きている現象は異なっているというイメージを抱いています。

    DPでは,芯線側のエレメントがプラスになるとき網線側のエレメントはマイナスになっており,まるで Push-Pull(大きなのこぎりを左右から2人で押したり引いたりして木を切るような)動作をして芯線側の電位変化を積極的に支援しているというイメージです。

    これに対してGPでは,芯線側のエレメントがプラスになろうとすれば,その変化を妨げないように,つまり芯線側のエレメントが思うがままの電位を(自由奔放に)とれるように,ラジアルの中で電子がすばやく移動してラジアルエレメント中の電荷のバランスをとっているというイメージです。
  9. Fumi 7k1ptt

    Fumi 7k1ptt

    2013-08-15 (Thu) 21:21

    こんばんは~。
    DPとGPにおいて芯線側の動作は同じですが網線側で起きている現象は異なっているというイメージをいだいています。

    DPでは,芯線側のエレメントがプラスになるとき網線側のエレメントはマイナスになっており,まるで Push-Pull(大きなのこぎりを左右から2人で押したり引いたりして木を切るような)動作をして芯線側の電位変化を積極的に支援しているというイメージです。

    これに対してGPでは,芯線側のエレメントがプラスになろうとすれば,その変化を妨げないように,つまり芯線側のエレメントが思うがままの電位を(自由奔放に)とれるように,ラジアルの中で電子がすばやく移動してラジアルエレメント中の電荷のバランスをとっているというイメージです。
  10. Fumi 7k1ptt

    Fumi 7k1ptt

    2013-08-15 (Thu) 21:37

    あれれ2重になってしまいました(根源はイダクという漢字だったらしい)。
    GPについて修正(補足)です。

    GPでは芯線側が好きな電位をとれるように,ラジアル側は常に電位ゼロを保って全てをあるがままに受け止めるというイメージです。
    あるいは,芯線側に好きな電位をとらせまいとする周囲環境(周囲の金属物)からの妨害を排除する役割をしているというイメージです。
  11. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2013-08-15 (Thu) 21:39

    実のところ、バイコニカルだとかディスコーンが進行波アンテナだとは知らんかった(--;)ので、
    いま研究中凸。

    さておき、SanyoOM、FumiOMにお尋ねしますが、
    そうすると、
    空中懸架のGPと設置型GPとでは、
    全くちがうアンテナだという理解になりますけ?
  12. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2013-08-15 (Thu) 21:44

    FumiOM、了解です。
    珍しくもカキコが重なりましたあ。
  13. Sanyo

    Sanyo

    2013-08-15 (Thu) 23:30

    俺の頭がオカシイのかな。 無線機は接地する必要なんかない。 でその無線機
    を小さくして 手のひらに載るようなものにしたとすると、 アンテナの接続を芯線、外皮、反対にしても一切変化がないと思うんだけど。(信号の位相がひっくり返っているだけであとは同じ)

Comment Form

Comment Form
-

Trackback

Trackback URL

3452

【脳トレ】 逆GP

EVXさんからいただいたコメントを拝読して思いついたのですが、

 GPアンテナへの接続を逆にしたら、つまり芯線側をラジアルに、外皮側をラジエーター接続したら、動作はどうなりまっしゃろ?

暑いので、脳トレのネタにいたしましょうw。


脳トレなので、いちおう、自遊空間に展張した「完全なGP」といたします。ラジアル4本でイメージしてください。

やってみれば正解は得られるわけですから、正解はある、ということになりますが、いちおう実験ナシの完全脳内シミュレーションといたしましょう。

わしは、「なーも聴こえん」ハズだと思うのですが。どうかな。


このあたり、GP動作の特殊性をわかっとるかどうかにかかるので、案外、「知ったか系」チェックに役立つかもわからん凸(--メ)。


  • Date : 2013-08-13 (Tue)
  • Category : antenna
13

Comment

  1. Fumi 7k1ptt

    Fumi 7k1ptt

    2013-08-14 (Wed) 14:59

    こんにちは。
    これまで考えたことありませんでした。

    簡単のため,まずは次のように仮定します。
    無線機のグラウンドは直流的にも交流的にも大地と接続されており電位は常にゼロ。
    GPアンテナのラジアルは直流的には大地とは接続されていない。

    で,給電部において芯線側をGPのラジアル(水平電線)に接続するとどうなるか。
    GPのラジアルの電位がどうなっているのかが問題。
    網線側は無線機ともども直流的にも大地と接続されているのでGPのラジエータ(垂直電線)に繋いでも電位はゼロのままい。

    共振周波数の信号については,ラジアルと大地は高周波的に接続されているとみなせると思います(?)。
    よって共振周波数においては「な~も聞こえん」。
    また共振していない周波数においては空中に置かれた針金となり「ノイズを受信する」。

    上記の(?)印の行があやしい部分というかポイントでしょうか。
  2. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2013-08-14 (Wed) 15:43

    FumiOM、さんくすこ(__;)です。

    枝葉末節にツッコミ入れて申し訳ないですが、

    >>また共振していない周波数においては空中に置かれた針金となり「ノイズを受信する」。

    の部分なんですが、このノイズは、無線機にとってはやはり到来する電波のひとつだと言えませんか。

  3. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2013-08-14 (Wed) 17:46

    あ~わかったわかたあるよ。

    同調していない周波数については
    ロングワイヤの動作をするという意味ですね。

    う=ん・・・
    全体的に、とてもアクロバチックな脳トレの気がする。。。

    おもしろいと思いますが。
    ははあなるほど。
    コモンモード輻射が起きる場合のウラ読みでござるな♪

  4. Fumi 7k1ptt

    Fumi 7k1ptt

    2013-08-14 (Wed) 17:48

    こんばんは~。
    はい。到来する電波と考えています。

    例えば21MHz用のGPのラジアルに芯線を繋いで21MHzを受信すると静かだけれど14MHzを受信するとざわざわしてSメーターも振れるというイメージです。

    我ながらあやしくなってきました。
  5. モモコwithJE2EVX

    モモコwithJE2EVX

    2013-08-14 (Wed) 19:49

    ディスコーンもしくはバイコニカルみたいな進行波型の動作になると思います。ディスコーンのラジアルがなくなるのと同じ感じですかね。ラジエータは大地との容量冠そのものとして働くので、1/8λ程度の長さまで輻射可能&Qが低く広帯域化。同軸外皮と大地とのコモンモードの結合で輻射効率が変わるのかな。
  6. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2013-08-14 (Wed) 22:00

    なんだかEHアンテナの議論みたいになってきた様相がσ(^。^;)。

    ほぃではここで、いま問題のGP直下にTRXを置いて、つまり同軸ケーブルがない、としたらどうかしらん。

    同軸ケーブルのコモンモード動作については、議論の逃げみたいな感じがして面白くないというか、
    実際のところ
    現実にそうなりそうだし凸
  7. Sanyo

    Sanyo

    2013-08-14 (Wed) 22:12

    あの、 前にも触れましたが、GPのラジアルはカウンターポイズそのものです。
    従って動作としてはDPですので、DPは左右ひっくり返しても同じ、で、GPも原理的に同じなので、上下ひっくり返しただけで同じということになるんだけど。
     やってみればわかるがさあ、どうなりますか。面白そう。
  8. Fumi 7k1ptt

    Fumi 7k1ptt

    2013-08-15 (Thu) 21:21

    こんばんは~。
    DPとGPにおいて芯線側の動作は同じですが網線側で起きている現象は異なっているというイメージを抱いています。

    DPでは,芯線側のエレメントがプラスになるとき網線側のエレメントはマイナスになっており,まるで Push-Pull(大きなのこぎりを左右から2人で押したり引いたりして木を切るような)動作をして芯線側の電位変化を積極的に支援しているというイメージです。

    これに対してGPでは,芯線側のエレメントがプラスになろうとすれば,その変化を妨げないように,つまり芯線側のエレメントが思うがままの電位を(自由奔放に)とれるように,ラジアルの中で電子がすばやく移動してラジアルエレメント中の電荷のバランスをとっているというイメージです。
  9. Fumi 7k1ptt

    Fumi 7k1ptt

    2013-08-15 (Thu) 21:21

    こんばんは~。
    DPとGPにおいて芯線側の動作は同じですが網線側で起きている現象は異なっているというイメージをいだいています。

    DPでは,芯線側のエレメントがプラスになるとき網線側のエレメントはマイナスになっており,まるで Push-Pull(大きなのこぎりを左右から2人で押したり引いたりして木を切るような)動作をして芯線側の電位変化を積極的に支援しているというイメージです。

    これに対してGPでは,芯線側のエレメントがプラスになろうとすれば,その変化を妨げないように,つまり芯線側のエレメントが思うがままの電位を(自由奔放に)とれるように,ラジアルの中で電子がすばやく移動してラジアルエレメント中の電荷のバランスをとっているというイメージです。
  10. Fumi 7k1ptt

    Fumi 7k1ptt

    2013-08-15 (Thu) 21:37

    あれれ2重になってしまいました(根源はイダクという漢字だったらしい)。
    GPについて修正(補足)です。

    GPでは芯線側が好きな電位をとれるように,ラジアル側は常に電位ゼロを保って全てをあるがままに受け止めるというイメージです。
    あるいは,芯線側に好きな電位をとらせまいとする周囲環境(周囲の金属物)からの妨害を排除する役割をしているというイメージです。
  11. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2013-08-15 (Thu) 21:39

    実のところ、バイコニカルだとかディスコーンが進行波アンテナだとは知らんかった(--;)ので、
    いま研究中凸。

    さておき、SanyoOM、FumiOMにお尋ねしますが、
    そうすると、
    空中懸架のGPと設置型GPとでは、
    全くちがうアンテナだという理解になりますけ?
  12. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2013-08-15 (Thu) 21:44

    FumiOM、了解です。
    珍しくもカキコが重なりましたあ。
  13. Sanyo

    Sanyo

    2013-08-15 (Thu) 23:30

    俺の頭がオカシイのかな。 無線機は接地する必要なんかない。 でその無線機
    を小さくして 手のひらに載るようなものにしたとすると、 アンテナの接続を芯線、外皮、反対にしても一切変化がないと思うんだけど。(信号の位相がひっくり返っているだけであとは同じ)

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

Propagation Report



Recent Articles
Certificates
VK Jumbunna
WAC
WAP
YU Diplom
IARU Region III
DXF-X-A
United Nations Award
S6S
ADXA
N4MQ
eDX46
eDX50 Certificate
EPC Membership
KZPA-III Award
Belgium Digital Modes AWARD
ITU-PSK19
CQPSK-10

DMC Certificate
DMC ITU ZONES 5
DMC ITU ZONES 10
DMC ITU ZONES 20
DMC ITU ZONES 30
DMC WAZ10
DMC WAZ 20
DMC DXCC25
DMC Eurpe Class1
DMC Member25
BDMMA-50
EPCAS
EPCOC
CQPSK-20
Croatia Digital Group
DMC DXCC50
EPC EU10
WDMC-50
CDG DXCA50
Natal Digital Group
PHPHA-100
RPXPA-3
RRPA-BRONZE-3
EPC RU-III
EPC MGSPA
EPC EUSPA
PHPHA-100
EPCEU
ECPDX
DMC WEA Class1BPSK
EPC RGSPA-73
BDMMA-100
DMC WAC
DMC ITU-40
eDX75
WACPA
EPC DXDA
PHASE50
PSKWAC
Natal Digital Group
EPC RGSPA55
PSKWAC2
EPC EUSPA
PHPA200 EPC ASSPA200
EPC KZPA-II
MGSPA-200
BPSK31
MWCA-Second
EPC RRPA
DMC WAS10
JH2DBQ-ECSA-FIFTH.jpg
JH2DBQ-BQPA-BPSK63.jpg
JH2DBQ-ECSA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-AUPA-SILVER.jpg

JH2DBQ-WASA-012.jpg
JH2DBQ-PHASE-100_201310041939237e2.jpg
JH2DBQ-EUROPA-BRONZE.jpg
JH2DBQ-EUSPA-700.jpg
JH2DBQ-ECSA-SIXTH.jpg
JH2DBQ-EPCCRO-BRONZE.jpg
FOC75 Award
JH2DBQ-EPCDL-BRONZE.jpg
JH2DBQ-FPXPA-III.jpg
JH2DBQ-ITPAI-ITRPAIII.jpg
JH2DBQ-EUSPA-800 (1)

 JH2DBQ-ITPAII-LOPAII-001.jpg
JH2DBQ-MWCA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-MGSPA-600.jpg
JH2DBQ-MASTER-1STAR.jpg
JH2DBQ-PHPA-600.jpg
CQ Japan issued
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.4
CQ Japan vol.4
CQ Japan Vol.3
CQ Japan August 2010
CQ Japan Vol.2
CQ JAPAN Magazine July 2010 創刊2号 表紙(だけ)
CQ Japan Vol.1
Hand Strap with minolta alpha7


The Beatles in a Window
20100529i

Recent Comments
Search him !

free counters

QRZ callsign lookup:
provided by qrz.com



eQSL.cc vs LOTW
135cfm - 173cfm
Enter your callsign to see if you have an eQSL waiting!

Profile II
DXCC 232/267

QSO 11313

2014 1221 112/165
2013 2354 150/186 1kW
2012 2737 130/145
2011 568 73/100
2010 49 10/ 19
2009 333 37/ 51
2008 153 08/ 29 VoIP / FCC Extra
2007 0
2006 0
2005 0
2004 0
2003 0
2002 0
2001 15 00/02
2000 0
1999 0
1998 0
1997 0
1996 10 01/02
1995 0 /500Watts Expired
1994 450 29/85
1993 26 05/10
1992 20 00/01
1991 496 53/108
1990 416 46/87
1989 99 03/15
1988 29 00/02
1987 48 00/06
1986 10 09/25
1985 49 07/19
1984 104 05/12
1983 612 42/62
1982 724 82/108/500Watts
1981 2 01/02
1980 0 /1st Class
1979 4 00/01
1978 0
1977 0
1976 4
1975 30 00/02
1974 44 02/07
1973 256 18/31
1972 191 17/26
1971 302 06/15 /phone Class
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。