くまモン Official Site
1526109_575436825876410_853617968_n.jpg
Profile
Profile

Author:Jh2dbq
Welcome to my blog!
I became a radio amateur in 1972 and have been enjoying being one.

friends



SanyoSan/JA1COR

KenSan/KI2P
Ken's Drake C-4 Line


CQ-101
CQ101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

  1. Sanyo

    Sanyo

    2013-07-28 (Sun) 18:10

    充分可能性がある話だ。 磁力線はほとんどの媒体をスルーしてくるので、磁力線の検出器でもあるダイナミックマイクは電源の負荷が重くなると、増加した磁力線を検出してしまう。 で、SW電源も同じ可能性はあるが、周波数が高く、シールドが容易で飛び込んでも途中のフィルターでカットされる可能性が大きい。 ということで、磁気シールドはガンマ線など放射線のシールドと同じく厄介なのだ。
  2. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2013-07-29 (Mon) 15:36

    う~む。
    そう言えば、無線機メーカのダイナミック・マイクってのは、筐体が鉄製のものが多いですよねぇ。。。
    やっぱ、そのあたりも考えてあるってことなのかなあ。

    てか、ダイナミックマイクはだいたいボディが鉄なのか。
    取説なんかにはちゃんと書いてあるのかも知れまへんなぁ。。。

Comment Form

Comment Form
-

Trackback

Trackback URL

3405

外部電源の置き場所

いまから書くことが、間違っていたら指摘してくらはい。

いまのウチの主力リグは、13.8V定電圧電源が必要なタイプで、で、電圧・電流の変化を監視したいので、リグの横に置いている。

先般大騒ぎいたしましたとおり、スイッチング電源を使うと高負荷時にノイズを発生し、これが周辺のラジオに混入するという、「電源によるインタフェア」というものを体験いたしました。

で、この電源から出るノイズは周辺のあれこれに寄留するため、たとえばマイク・コードもやられる。高負荷時に、つまりデカい声でしゃべるとなんだかノイジーになる原因は、声がデカすぎるからではなくて、高負荷時には電源が悲鳴をちがうノイズを発するせいだとわかった。

結局、スイッチング電源の使用は、ホントは夏で暑いから使いたいけど、いま自粛中。改善策は、容量のデカいのに買い換える以外の選択肢がみつからん。

でっ。ばりばり発熱をするトランス型に置き換えた。

ところがこれも高負荷時に送信音がモヤることに気づいた。とくにダイナミック型マイクを使うとその傾向がはっきりすることもわかった。(じ~とかぶぉ~とか言う)

これはどうも・・・こっからが科学的に正しいかどうか自信がないのでございますが・・・トランス型の場合、時期がダイナミックマイクのエレメントに悪さしているのではにゃいだろかというわけでおます。

30アンペア電源ともなると、そうとうにデカいトランスが使われていて、これが目の前・リグの横にあるということは、マイクの直近にあるということでもあり、マイクは動かせんので、しょうがないので電源部を1mばかり遠ざけることにした。

そしましたら送信音がえらいすっきりしまして、わしはご満悦だσ(^。^)。


てなわけで、ノイズ対策をすればするほど、ウチの場合は送信音が改善されていく。どうもよっぽど汚い電波を出していたのだとわかった。

穴があったら入りたい気もするが、まぁ失敗あってこその進歩なので、まったく気にしないことにするのであった凸




追記

もうだんだんと

 スタジオ
 ミキサ室
 送信部室

と分けたくなってきた。


そりゃそうだよなー。100ワットだとか1キロワットだとかいえば、電力だけはもう放送局レベルだもんなあ。


追記2
リモコン局の音が案外ハイレベルなのは、このへんにも理由があるのかもわからん。



追記3
もっとも、ノイズ対策をやろうと思った動機は、受信環境の改善なんだけどなぁ。
2

Comment

  1. Sanyo

    Sanyo

    2013-07-28 (Sun) 18:10

    充分可能性がある話だ。 磁力線はほとんどの媒体をスルーしてくるので、磁力線の検出器でもあるダイナミックマイクは電源の負荷が重くなると、増加した磁力線を検出してしまう。 で、SW電源も同じ可能性はあるが、周波数が高く、シールドが容易で飛び込んでも途中のフィルターでカットされる可能性が大きい。 ということで、磁気シールドはガンマ線など放射線のシールドと同じく厄介なのだ。
  2. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2013-07-29 (Mon) 15:36

    う~む。
    そう言えば、無線機メーカのダイナミック・マイクってのは、筐体が鉄製のものが多いですよねぇ。。。
    やっぱ、そのあたりも考えてあるってことなのかなあ。

    てか、ダイナミックマイクはだいたいボディが鉄なのか。
    取説なんかにはちゃんと書いてあるのかも知れまへんなぁ。。。

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

Propagation Report



Recent Articles
Certificates
VK Jumbunna
WAC
WAP
YU Diplom
IARU Region III
DXF-X-A
United Nations Award
S6S
ADXA
N4MQ
eDX46
eDX50 Certificate
EPC Membership
KZPA-III Award
Belgium Digital Modes AWARD
ITU-PSK19
CQPSK-10

DMC Certificate
DMC ITU ZONES 5
DMC ITU ZONES 10
DMC ITU ZONES 20
DMC ITU ZONES 30
DMC WAZ10
DMC WAZ 20
DMC DXCC25
DMC Eurpe Class1
DMC Member25
BDMMA-50
EPCAS
EPCOC
CQPSK-20
Croatia Digital Group
DMC DXCC50
EPC EU10
WDMC-50
CDG DXCA50
Natal Digital Group
PHPHA-100
RPXPA-3
RRPA-BRONZE-3
EPC RU-III
EPC MGSPA
EPC EUSPA
PHPHA-100
EPCEU
ECPDX
DMC WEA Class1BPSK
EPC RGSPA-73
BDMMA-100
DMC WAC
DMC ITU-40
eDX75
WACPA
EPC DXDA
PHASE50
PSKWAC
Natal Digital Group
EPC RGSPA55
PSKWAC2
EPC EUSPA
PHPA200 EPC ASSPA200
EPC KZPA-II
MGSPA-200
BPSK31
MWCA-Second
EPC RRPA
DMC WAS10
JH2DBQ-ECSA-FIFTH.jpg
JH2DBQ-BQPA-BPSK63.jpg
JH2DBQ-ECSA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-AUPA-SILVER.jpg

JH2DBQ-WASA-012.jpg
JH2DBQ-PHASE-100_201310041939237e2.jpg
JH2DBQ-EUROPA-BRONZE.jpg
JH2DBQ-EUSPA-700.jpg
JH2DBQ-ECSA-SIXTH.jpg
JH2DBQ-EPCCRO-BRONZE.jpg
FOC75 Award
JH2DBQ-EPCDL-BRONZE.jpg
JH2DBQ-FPXPA-III.jpg
JH2DBQ-ITPAI-ITRPAIII.jpg
JH2DBQ-EUSPA-800 (1)

 JH2DBQ-ITPAII-LOPAII-001.jpg
JH2DBQ-MWCA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-MGSPA-600.jpg
JH2DBQ-MASTER-1STAR.jpg
JH2DBQ-PHPA-600.jpg
CQ Japan issued
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.4
CQ Japan vol.4
CQ Japan Vol.3
CQ Japan August 2010
CQ Japan Vol.2
CQ JAPAN Magazine July 2010 創刊2号 表紙(だけ)
CQ Japan Vol.1
Hand Strap with minolta alpha7


The Beatles in a Window
20100529i

Recent Comments
Search him !

free counters

QRZ callsign lookup:
provided by qrz.com



eQSL.cc vs LOTW
135cfm - 173cfm
Enter your callsign to see if you have an eQSL waiting!

Profile II
DXCC 232/267

QSO 11313

2014 1221 112/165
2013 2354 150/186 1kW
2012 2737 130/145
2011 568 73/100
2010 49 10/ 19
2009 333 37/ 51
2008 153 08/ 29 VoIP / FCC Extra
2007 0
2006 0
2005 0
2004 0
2003 0
2002 0
2001 15 00/02
2000 0
1999 0
1998 0
1997 0
1996 10 01/02
1995 0 /500Watts Expired
1994 450 29/85
1993 26 05/10
1992 20 00/01
1991 496 53/108
1990 416 46/87
1989 99 03/15
1988 29 00/02
1987 48 00/06
1986 10 09/25
1985 49 07/19
1984 104 05/12
1983 612 42/62
1982 724 82/108/500Watts
1981 2 01/02
1980 0 /1st Class
1979 4 00/01
1978 0
1977 0
1976 4
1975 30 00/02
1974 44 02/07
1973 256 18/31
1972 191 17/26
1971 302 06/15 /phone Class
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。