くまモン Official Site
1526109_575436825876410_853617968_n.jpg
Profile
Profile

Author:Jh2dbq
Welcome to my blog!
I became a radio amateur in 1972 and have been enjoying being one.

friends



SanyoSan/JA1COR

KenSan/KI2P
Ken's Drake C-4 Line


CQ-101
CQ101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

  1. ja5efr

    ja5efr

    2013-07-01 (Mon) 06:08

    ・捕虜について一言
     敵に捕まるなら名誉のために自害せよ!
     (真珠湾攻撃の時に特殊潜航艇が1隻、座礁して捕まり
      ぺらぺら喋って日本軍はひどい目にあった・・その後
      情報が漏れないよう自害さすことにした!)
      日本人の奴隷根性調べたらおもしろい!
      戦後、鬼畜米英のGHQが来たとき日の丸を振って歓迎
      した。
  2. モモコwithJE2EVX

    モモコwithJE2EVX

    2013-07-01 (Mon) 12:41

    紹介された本、尼で今、買いました。まったく持っておっしゃるとおりです。でも自分は嫁には恐くて言えない気がする。出征後の銃弾より今そこに居る嫁が恐い(笑
  3. Sanyo

    Sanyo

    2013-07-03 (Wed) 08:53

    奴隷根性というのかどうかわからないが、チェ・ゲバラが広島の原爆資料館にきたときl,なんで日本人は怒らないんだ? といったというが、 たしかに普通に考えると非戦闘員をあれほど殺害されて怒らないほうが変かもな。
     そして、開戦時の閣僚でA級戦犯容疑者が、GHQに尻尾をふってあげく総理大臣になったてんだから、特攻で死んでいった当時の純真な若者が知ったらなんて言うだろうな。 現在1/3読了・・・以上
  4. Sanyo

    Sanyo

    2013-07-04 (Thu) 20:56

    一気に読了、すばらしかった、まさしくお勧めです。ありがとうございました。
    ところで読んでいくなかで、愚ブログ(2011-10 ここはどこ?)にBakaBomb の桜花について写真入りで紹介したことを思い出しました。 しかし、本の中にあるようなものだとは想像していませんでした。 書いたきっかけはLU5FSA アキオさんとのQSOでした。 しばらくあっていませんが、コンディションが良くなったら、色々話を聞いてみたいです。 何しろ、60年以上前にLUに渡って日本に帰ったことがないということなので。

Comment Form

Comment Form
-

Trackback

Trackback URL

3338

八重の桜 第26回、う~む、わからん。

宮崎美子はじめ、幼子を含む親族12人が自刃して果てた場面があったのだが、どうにも理解できぬのが、その自刃のタイミングだ。西田敏行は自刃を知って出たのか、後で華族の自刃を知ったのか。 久保田祐佳さまは「足手まといにならぬようにという女性の・・・」と言うてはったが、であるとするならば、西田の目前で果て、それを見届けたうえで西田は死地に出向くのがスジと思われるのだが。

いまは史実は問うまい。

第二次大戦で、武家の血を引く家では、母が戦地に赴く子に「生きて虜囚の辱めを受けるべからず」と先祖伝来の短刀を渡したりしたという。捕虜になるぐらいなら死ねというわけだ。ところが中には、陸軍中野学校などで「なにがあろうと生き延びよ」と教えられ、分裂した死生観にさいなまれるひともあらわれることとなる。

生きて虜囚の辱めを受けるべからずという日本人発想は、わしはわかる気がする。負けるなら死ね、死ぬまで戦え、生への執着を捨てて往けというわけだ。「なんとなく」なら、分かる。


ここで話は飛ぶ。従軍慰安婦問題は「女性の人権への蹂躙そのものだ」とする主張に反吐が出ると書いた。女性の人権を云々するなら「せめて同時に」「そこにいた」男性の人権も語ったらんかいと書いた。


さて、息子に短刀を渡し「生きて虜囚の辱めを受けるべからず」と送り出した妻や母は、ワシは、その場で自身と、残る子らのノドを掻き切って、息も絶え絶えにその血みどろの短刀を息子・夫に渡すべきなのではないかと思うが、どうだろう。それで初めて息子・夫は心置きなく戦える。であってこそ「武家の誇り」や「女性の人権」を語る資格があるのではと思うが。死んではなにも語れんが、当然、戦地で死んだ男性兵士も、もうなにも語れぬ。

妻がワシを送り出すとしたら、妻には同じことをしてもらいたい。これは先ほど妻に申し渡した。簡単に「行ってらっしゃい」とか抜かすんじゃねぇぞバカヤロー。おれが出征したあとこっそり自決するとか、あるいはオレが死んだあとを追うとかいうのは、極めてハンパだ。その場で死ね。

戦況好ましく、生きて帰って来れそうだと思われるなら、必ず生きて帰って来よと言え。
戦況が悪く、死ぬとわかってオレを送り出すのなら、送り出す者はその場、おれの目の前で死ね。
無論、本来は、そんな戦争はやってはいかん。第二次大戦は開戦半年で終わらせなければならなかった。兵士の生還が絶望的となったとき、この国は国民を殺戮しにかかっていたわけで、それは間違いなく、政治としては狂気だ。



永遠のゼロ
ところで、600ページを超えるこの本、あとちょっとで読了なんだけど、読んでよかったなあと、まだ読み終わってないけどつくづく思う。
いま上に書いたような疑問が、次々に解けていく。

具体的に役立ったのは、時系列を追っての戦況の分析で、いったいどこらへんからどうなっていったのか、日本軍は最初からマッドだったのか途中からマッド化したのか、最後までマッド化しなかったのかを追って考えることができる。フィクションではあろうが、ここには真実がある。

その真実、戦争の記憶が語られてこなかった理由もわかる。

おすすめ本だ。


永遠の0 (講談社文庫)永遠の0 (講談社文庫)
(2009/07/15)
百田 尚樹

商品詳細を見る

永遠のゼロ
4

Comment

  1. ja5efr

    ja5efr

    2013-07-01 (Mon) 06:08

    ・捕虜について一言
     敵に捕まるなら名誉のために自害せよ!
     (真珠湾攻撃の時に特殊潜航艇が1隻、座礁して捕まり
      ぺらぺら喋って日本軍はひどい目にあった・・その後
      情報が漏れないよう自害さすことにした!)
      日本人の奴隷根性調べたらおもしろい!
      戦後、鬼畜米英のGHQが来たとき日の丸を振って歓迎
      した。
  2. モモコwithJE2EVX

    モモコwithJE2EVX

    2013-07-01 (Mon) 12:41

    紹介された本、尼で今、買いました。まったく持っておっしゃるとおりです。でも自分は嫁には恐くて言えない気がする。出征後の銃弾より今そこに居る嫁が恐い(笑
  3. Sanyo

    Sanyo

    2013-07-03 (Wed) 08:53

    奴隷根性というのかどうかわからないが、チェ・ゲバラが広島の原爆資料館にきたときl,なんで日本人は怒らないんだ? といったというが、 たしかに普通に考えると非戦闘員をあれほど殺害されて怒らないほうが変かもな。
     そして、開戦時の閣僚でA級戦犯容疑者が、GHQに尻尾をふってあげく総理大臣になったてんだから、特攻で死んでいった当時の純真な若者が知ったらなんて言うだろうな。 現在1/3読了・・・以上
  4. Sanyo

    Sanyo

    2013-07-04 (Thu) 20:56

    一気に読了、すばらしかった、まさしくお勧めです。ありがとうございました。
    ところで読んでいくなかで、愚ブログ(2011-10 ここはどこ?)にBakaBomb の桜花について写真入りで紹介したことを思い出しました。 しかし、本の中にあるようなものだとは想像していませんでした。 書いたきっかけはLU5FSA アキオさんとのQSOでした。 しばらくあっていませんが、コンディションが良くなったら、色々話を聞いてみたいです。 何しろ、60年以上前にLUに渡って日本に帰ったことがないということなので。

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

Propagation Report



Recent Articles
Certificates
VK Jumbunna
WAC
WAP
YU Diplom
IARU Region III
DXF-X-A
United Nations Award
S6S
ADXA
N4MQ
eDX46
eDX50 Certificate
EPC Membership
KZPA-III Award
Belgium Digital Modes AWARD
ITU-PSK19
CQPSK-10

DMC Certificate
DMC ITU ZONES 5
DMC ITU ZONES 10
DMC ITU ZONES 20
DMC ITU ZONES 30
DMC WAZ10
DMC WAZ 20
DMC DXCC25
DMC Eurpe Class1
DMC Member25
BDMMA-50
EPCAS
EPCOC
CQPSK-20
Croatia Digital Group
DMC DXCC50
EPC EU10
WDMC-50
CDG DXCA50
Natal Digital Group
PHPHA-100
RPXPA-3
RRPA-BRONZE-3
EPC RU-III
EPC MGSPA
EPC EUSPA
PHPHA-100
EPCEU
ECPDX
DMC WEA Class1BPSK
EPC RGSPA-73
BDMMA-100
DMC WAC
DMC ITU-40
eDX75
WACPA
EPC DXDA
PHASE50
PSKWAC
Natal Digital Group
EPC RGSPA55
PSKWAC2
EPC EUSPA
PHPA200 EPC ASSPA200
EPC KZPA-II
MGSPA-200
BPSK31
MWCA-Second
EPC RRPA
DMC WAS10
JH2DBQ-ECSA-FIFTH.jpg
JH2DBQ-BQPA-BPSK63.jpg
JH2DBQ-ECSA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-AUPA-SILVER.jpg

JH2DBQ-WASA-012.jpg
JH2DBQ-PHASE-100_201310041939237e2.jpg
JH2DBQ-EUROPA-BRONZE.jpg
JH2DBQ-EUSPA-700.jpg
JH2DBQ-ECSA-SIXTH.jpg
JH2DBQ-EPCCRO-BRONZE.jpg
FOC75 Award
JH2DBQ-EPCDL-BRONZE.jpg
JH2DBQ-FPXPA-III.jpg
JH2DBQ-ITPAI-ITRPAIII.jpg
JH2DBQ-EUSPA-800 (1)

 JH2DBQ-ITPAII-LOPAII-001.jpg
JH2DBQ-MWCA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-MGSPA-600.jpg
JH2DBQ-MASTER-1STAR.jpg
JH2DBQ-PHPA-600.jpg
CQ Japan issued
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.4
CQ Japan vol.4
CQ Japan Vol.3
CQ Japan August 2010
CQ Japan Vol.2
CQ JAPAN Magazine July 2010 創刊2号 表紙(だけ)
CQ Japan Vol.1
Hand Strap with minolta alpha7


The Beatles in a Window
20100529i

Recent Comments
Search him !

free counters

QRZ callsign lookup:
provided by qrz.com



eQSL.cc vs LOTW
135cfm - 173cfm
Enter your callsign to see if you have an eQSL waiting!

Profile II
DXCC 232/267

QSO 11313

2014 1221 112/165
2013 2354 150/186 1kW
2012 2737 130/145
2011 568 73/100
2010 49 10/ 19
2009 333 37/ 51
2008 153 08/ 29 VoIP / FCC Extra
2007 0
2006 0
2005 0
2004 0
2003 0
2002 0
2001 15 00/02
2000 0
1999 0
1998 0
1997 0
1996 10 01/02
1995 0 /500Watts Expired
1994 450 29/85
1993 26 05/10
1992 20 00/01
1991 496 53/108
1990 416 46/87
1989 99 03/15
1988 29 00/02
1987 48 00/06
1986 10 09/25
1985 49 07/19
1984 104 05/12
1983 612 42/62
1982 724 82/108/500Watts
1981 2 01/02
1980 0 /1st Class
1979 4 00/01
1978 0
1977 0
1976 4
1975 30 00/02
1974 44 02/07
1973 256 18/31
1972 191 17/26
1971 302 06/15 /phone Class
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。