くまモン Official Site
1526109_575436825876410_853617968_n.jpg
Profile
Profile

Author:Jh2dbq
Welcome to my blog!
I became a radio amateur in 1972 and have been enjoying being one.

friends



SanyoSan/JA1COR

KenSan/KI2P
Ken's Drake C-4 Line


CQ-101
CQ101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

  1. Fumi 7k1ptt

    Fumi 7k1ptt

    2013-06-15 (Sat) 19:23

    こんばんは~。専門外ですが自分の勉強のため計算してみました。

    (1)
    10W = 40dBm
    S9 = -67dBm (DK8KW 局のウェブサイトより)
    よって 10W が S9 まで減衰することは
    40 - (-67) = 107 dB

    つぎに5D-2Vの減衰量は約20dB/km(古川電工のウェブサイトのグラフから読み取り)

    以上のことから
    107 / 20 = 5.35 [km]
    すなわち S9 で届く限界は約5[km]。

    (2)
    8000[km] × 20[dB/km] = 160,000[dB] これだけの減衰がある。
    -67dBmよりも 160,000dBm 上乗せして送信する必要がある。
    すなわち 159,993dBm の出力で送信すれば良い。

    で,これを単位[W]で表したいのだけど...
    40dBm = 10W
    50dBm = 100W
    60dBm = 1kW
    90dBm = 1MW
    120dBm = 1GW
    150dBm = 1TW
    そんなわけで 159,993dBm は言い表せないほどの出力ということ。
    同軸ケーブルの耐電力を超えているので,すぐに融けてしまうことでしょう。
  2. モモコwithJE2EVX

    モモコwithJE2EVX

    2013-06-15 (Sat) 20:06

    適当なので変換が間違ってたらすみません。だいたいですが、S9が36dBμV(八重洲標準)、5D2Vの損失が10MHzで27dB/km、10W(50Ω)が40dBm=147dBuVなので、147-36÷27=4.11km かな?(2)は8000/27+36=332dBuV=440dBm=1e×10^37Wくらいかな?50Ωの低インピーダンスの伝送は損失が多いですね。
  3. Fumi 7k1ptt

    Fumi 7k1ptt

    2013-06-15 (Sat) 20:38

    (2)について追加です。
    ケーブル1kmごとに約20dBすなわち100分の1に減っていく。
    1km離れるごとに100倍の電力が必要。
    1km離れるごとに10の2乗倍の電力が必要。
    よって
    8000km離れると10の1600乗の電力が必要。


    5km離れたところまで S9 で届けようとすると 10W が必要でした。
    8005km離れたところまで S9 で届けようとすると,10[W]×10^1600 の電力が必要。
  4. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2013-06-15 (Sat) 22:08

    両OM、ありがとうございます。感謝いたします。

    いちおう私めも計算してみまして、途中で対数ってなんだったけ状態になりまして(__;)
    んでもだいたい
    (1)4~5キロけ
    と思ったのは合っていたようで、嬉P σ(^。^)

    (2)のほうは、途中でケタがわからんようになりまして、こんなん5D2Vにぶっ込んだら、速攻で溶けてなくなるわなと凸。

    ありがとうございます。
    思いついたきっかけは、いかに電離層の伝送効率が良いか、その発見がいかに偉大であったか、と思ったことによりまする。

    JT-65なんか見てると、mWでも太平洋を超えていきます。
    カンドーであります。
    両OM,計算の労をおとりくださり、感謝します(__;)

  5. JE2EVX

    JE2EVX

    2013-06-16 (Sun) 16:34

    すみません、自分は10MHzで計算してしまったので、7MHzだと、1/1.5くらいで補正してください。高速道路の保安カメラとかのお仕事で、20年前はNTSCを同軸で伝送してました。1kmくらいから鈍り始めて、数キロで信号がなくなりした。リピータいれても歪や位相補正とかで大変でした。今は光ケーブル+mpegなので大変良くなりました。
  6. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2013-06-16 (Sun) 21:35

    EVXさん、追加のご説明ありがとうございます。
    補正、オッケーです、私も7MHzでの減衰量についてのデータを探すのを手抜きしましたので、問題性、わかっておりまする(__;)。
    それにしてもお仕事の件、そーなんですかー。わりと簡単に考えちゃってたけど、たいへんなんですね。
    お金もえらいかかってそうだなぁ。。。

Comment Form

Comment Form
-

Trackback

Trackback URL

3276

あ~ちょっと質問ですが。

昔むかぁし。電話級少年ハムだったころ。10ワットでようがんばってたころ。嗚呼。
この同軸ケーブルが相手局までつながってたらなぁと思ったものでした。



さてここで質問です。

(1)
10W出力7MHzを5D2Vで相手局と直結した。RS59で到達する距離の限界は?


(2)
アメリカ西海岸、いちおう距離を8000kmとしよう。海底ケーブルに5D2Vを使用して相手と直結したとする。相手の受信機にRS59で到達させるには、何ワットぶっこむ必要があるか。

メンドイでしょうが、数式もよろしくw。

  • Date : 2013-06-14 (Fri)
  • Category : antenna
6

Comment

  1. Fumi 7k1ptt

    Fumi 7k1ptt

    2013-06-15 (Sat) 19:23

    こんばんは~。専門外ですが自分の勉強のため計算してみました。

    (1)
    10W = 40dBm
    S9 = -67dBm (DK8KW 局のウェブサイトより)
    よって 10W が S9 まで減衰することは
    40 - (-67) = 107 dB

    つぎに5D-2Vの減衰量は約20dB/km(古川電工のウェブサイトのグラフから読み取り)

    以上のことから
    107 / 20 = 5.35 [km]
    すなわち S9 で届く限界は約5[km]。

    (2)
    8000[km] × 20[dB/km] = 160,000[dB] これだけの減衰がある。
    -67dBmよりも 160,000dBm 上乗せして送信する必要がある。
    すなわち 159,993dBm の出力で送信すれば良い。

    で,これを単位[W]で表したいのだけど...
    40dBm = 10W
    50dBm = 100W
    60dBm = 1kW
    90dBm = 1MW
    120dBm = 1GW
    150dBm = 1TW
    そんなわけで 159,993dBm は言い表せないほどの出力ということ。
    同軸ケーブルの耐電力を超えているので,すぐに融けてしまうことでしょう。
  2. モモコwithJE2EVX

    モモコwithJE2EVX

    2013-06-15 (Sat) 20:06

    適当なので変換が間違ってたらすみません。だいたいですが、S9が36dBμV(八重洲標準)、5D2Vの損失が10MHzで27dB/km、10W(50Ω)が40dBm=147dBuVなので、147-36÷27=4.11km かな?(2)は8000/27+36=332dBuV=440dBm=1e×10^37Wくらいかな?50Ωの低インピーダンスの伝送は損失が多いですね。
  3. Fumi 7k1ptt

    Fumi 7k1ptt

    2013-06-15 (Sat) 20:38

    (2)について追加です。
    ケーブル1kmごとに約20dBすなわち100分の1に減っていく。
    1km離れるごとに100倍の電力が必要。
    1km離れるごとに10の2乗倍の電力が必要。
    よって
    8000km離れると10の1600乗の電力が必要。


    5km離れたところまで S9 で届けようとすると 10W が必要でした。
    8005km離れたところまで S9 で届けようとすると,10[W]×10^1600 の電力が必要。
  4. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2013-06-15 (Sat) 22:08

    両OM、ありがとうございます。感謝いたします。

    いちおう私めも計算してみまして、途中で対数ってなんだったけ状態になりまして(__;)
    んでもだいたい
    (1)4~5キロけ
    と思ったのは合っていたようで、嬉P σ(^。^)

    (2)のほうは、途中でケタがわからんようになりまして、こんなん5D2Vにぶっ込んだら、速攻で溶けてなくなるわなと凸。

    ありがとうございます。
    思いついたきっかけは、いかに電離層の伝送効率が良いか、その発見がいかに偉大であったか、と思ったことによりまする。

    JT-65なんか見てると、mWでも太平洋を超えていきます。
    カンドーであります。
    両OM,計算の労をおとりくださり、感謝します(__;)

  5. JE2EVX

    JE2EVX

    2013-06-16 (Sun) 16:34

    すみません、自分は10MHzで計算してしまったので、7MHzだと、1/1.5くらいで補正してください。高速道路の保安カメラとかのお仕事で、20年前はNTSCを同軸で伝送してました。1kmくらいから鈍り始めて、数キロで信号がなくなりした。リピータいれても歪や位相補正とかで大変でした。今は光ケーブル+mpegなので大変良くなりました。
  6. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2013-06-16 (Sun) 21:35

    EVXさん、追加のご説明ありがとうございます。
    補正、オッケーです、私も7MHzでの減衰量についてのデータを探すのを手抜きしましたので、問題性、わかっておりまする(__;)。
    それにしてもお仕事の件、そーなんですかー。わりと簡単に考えちゃってたけど、たいへんなんですね。
    お金もえらいかかってそうだなぁ。。。

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

Propagation Report



Recent Articles
Certificates
VK Jumbunna
WAC
WAP
YU Diplom
IARU Region III
DXF-X-A
United Nations Award
S6S
ADXA
N4MQ
eDX46
eDX50 Certificate
EPC Membership
KZPA-III Award
Belgium Digital Modes AWARD
ITU-PSK19
CQPSK-10

DMC Certificate
DMC ITU ZONES 5
DMC ITU ZONES 10
DMC ITU ZONES 20
DMC ITU ZONES 30
DMC WAZ10
DMC WAZ 20
DMC DXCC25
DMC Eurpe Class1
DMC Member25
BDMMA-50
EPCAS
EPCOC
CQPSK-20
Croatia Digital Group
DMC DXCC50
EPC EU10
WDMC-50
CDG DXCA50
Natal Digital Group
PHPHA-100
RPXPA-3
RRPA-BRONZE-3
EPC RU-III
EPC MGSPA
EPC EUSPA
PHPHA-100
EPCEU
ECPDX
DMC WEA Class1BPSK
EPC RGSPA-73
BDMMA-100
DMC WAC
DMC ITU-40
eDX75
WACPA
EPC DXDA
PHASE50
PSKWAC
Natal Digital Group
EPC RGSPA55
PSKWAC2
EPC EUSPA
PHPA200 EPC ASSPA200
EPC KZPA-II
MGSPA-200
BPSK31
MWCA-Second
EPC RRPA
DMC WAS10
JH2DBQ-ECSA-FIFTH.jpg
JH2DBQ-BQPA-BPSK63.jpg
JH2DBQ-ECSA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-AUPA-SILVER.jpg

JH2DBQ-WASA-012.jpg
JH2DBQ-PHASE-100_201310041939237e2.jpg
JH2DBQ-EUROPA-BRONZE.jpg
JH2DBQ-EUSPA-700.jpg
JH2DBQ-ECSA-SIXTH.jpg
JH2DBQ-EPCCRO-BRONZE.jpg
FOC75 Award
JH2DBQ-EPCDL-BRONZE.jpg
JH2DBQ-FPXPA-III.jpg
JH2DBQ-ITPAI-ITRPAIII.jpg
JH2DBQ-EUSPA-800 (1)

 JH2DBQ-ITPAII-LOPAII-001.jpg
JH2DBQ-MWCA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-MGSPA-600.jpg
JH2DBQ-MASTER-1STAR.jpg
JH2DBQ-PHPA-600.jpg
CQ Japan issued
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.4
CQ Japan vol.4
CQ Japan Vol.3
CQ Japan August 2010
CQ Japan Vol.2
CQ JAPAN Magazine July 2010 創刊2号 表紙(だけ)
CQ Japan Vol.1
Hand Strap with minolta alpha7


The Beatles in a Window
20100529i

Recent Comments
Search him !

free counters

QRZ callsign lookup:
provided by qrz.com



eQSL.cc vs LOTW
135cfm - 173cfm
Enter your callsign to see if you have an eQSL waiting!

Profile II
DXCC 232/267

QSO 11313

2014 1221 112/165
2013 2354 150/186 1kW
2012 2737 130/145
2011 568 73/100
2010 49 10/ 19
2009 333 37/ 51
2008 153 08/ 29 VoIP / FCC Extra
2007 0
2006 0
2005 0
2004 0
2003 0
2002 0
2001 15 00/02
2000 0
1999 0
1998 0
1997 0
1996 10 01/02
1995 0 /500Watts Expired
1994 450 29/85
1993 26 05/10
1992 20 00/01
1991 496 53/108
1990 416 46/87
1989 99 03/15
1988 29 00/02
1987 48 00/06
1986 10 09/25
1985 49 07/19
1984 104 05/12
1983 612 42/62
1982 724 82/108/500Watts
1981 2 01/02
1980 0 /1st Class
1979 4 00/01
1978 0
1977 0
1976 4
1975 30 00/02
1974 44 02/07
1973 256 18/31
1972 191 17/26
1971 302 06/15 /phone Class
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。