くまモン Official Site
1526109_575436825876410_853617968_n.jpg
Profile
Profile

Author:Jh2dbq
Welcome to my blog!
I became a radio amateur in 1972 and have been enjoying being one.

friends



SanyoSan/JA1COR

KenSan/KI2P
Ken's Drake C-4 Line


CQ-101
CQ101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

  1. モモコwithJE2EVX

    モモコwithJE2EVX

    2013-05-18 (Sat) 23:06

    自分も良くわからんのですが、1/2倍以外の長さでは、反射波が送信機かチューナーに到達した時点で合成されてGNDが振られる=同軸の網組側がGND=0Vでなくなるので、同軸ケーブルとして動作しなくなるのでは?
  2. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2013-05-18 (Sat) 23:29

    そこがミソですよね。
    ノルマル・モードの信号が異常値になったとき(表現がおかしいかも知れません(__;)、
    それがコモン・モードの異常となってしまうのかなぁ。

    感覚的にはわかるんですけど、どうも左脳が(--;)
  3. Fumi 7k1ptt

    Fumi 7k1ptt

    2013-05-18 (Sat) 23:43

    こんばんは~。
    不要輻射や漏えいとは直接つながらないかも知れませんが,お話をします。

    平行な2本の線それぞれの周囲の空間には,右ネジの法則によって磁界がバンバン出来まくっています。
    それぞれの電線(から発せられる磁界)は互いに影響しており,電線同志の距離によってインピーダンスが決まります。
    SWR=1の場合であってもです。
    (ビデオの前半にもちょっと出てきますね。)

    なので,平行な2本の線では,周囲の影響を受け易いという欠点があります。
    (近くに金属がある部分ではインピーダンスが下がる)
    周囲の影響を受けにくくするには線をもう1本追加します。
    すなわち中央の1本を別の2本で挟むようにします。
    (プリント基板上やフラットケーブルで,ノイズ対策にこの技が使われることがあります。)
    ちなみにインピーダンスは低くなります。

    さらに周囲の影響を受けにくくするには線をもう2本追加します。
    すなわち中央の1本を別の4本で上下左右から囲むようにします。

    これをつきつめていくと1本の線を別の無数の線で囲むこととなり,同軸ケーブルとなります。
    同軸ケーブルでは周囲の影響を極めて受けにくくなります。

    さて,平衡フィーダーを使っていた時代は,フィーダーの引き回しに際しては周囲の影響を受けないよう,金属物体から離して設置することが当然であったと思います。
    (住居は木造であり,金属の構造物もそれほどは存在しなかった。)
    また,アンテナエレメントにきれいに電波が乗らない場合は,フィーダーにも定在波が存在することとなりアンテナ(放射器)の一部分として動作する,ということを承知して使っていたと思います。
    いいかえると,場合によってはフィーダーから輻射があることも理解した上で使っていたと思います。

    その後,同軸ケーブルが普及するとケーブルの引き回しに際して,周囲に金属があろうがなかろうが気にしなくなりました。
    (ケーブルの取り回しに,技術や知識を必要としなくなった。)
    でもインピーダンスは一定であるとしても,アンテナエレメントにきれいに電波が乗らない場合はやはりケーブルにも定在波が存在すると思います。

    まとめますと,平衡フィーダーを使っていた技術者達は輻射が起こり得ることを知っていたが,同軸ケーブルを手軽に使っている人の多くは輻射が起こり得ることを想定していない,というところではないでしょうか。
  4. Fumi 7k1ptt

    Fumi 7k1ptt

    2013-05-19 (Sun) 00:14

    ちょっとググってみました。
    1) 平衡フィーダーからの輻射について
    Carolina Windom Antenna には Vertical Radiator という部分があり,平衡フィーダーからの輻射を積極的に利用しているそうです。

    2) 同軸ケーブルからの輻射について
    SWRが高くて定在波が存在しても,同軸ケーブルではそれ自身からの輻射は増えない。
    ただしコモンモード電流は増える(ので電波障害も増える)との話も。
    (ケーブルから輻射が増えるとのウェブサイトもありますが。)
  5. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2013-05-19 (Sun) 00:39

    FumiOM、ご解説、感謝でございます(__;)。
    検索調査もありがとうございます。

    Carolina windomは持ってます。
    でもあれ、Vertical Radiatorは同軸ケーブルですよ。
    設計を変えたのかな。
    私はあのアンテナの説明はUSOだと思ってまして、あれはただのOff Set給電。見た目がWindomだというだけの気がしますが、まぁアイデアとしてはイケてるし、いっかとw。

    ところでちょっと質問ですが、
    解説いただいた「フィーダ部分からの輻射」ですが、
    仮にSWR=2の負荷に給電したとして、
    平行ケーブルの場合と
    同軸ケーブルの場合とでは、
    どちらのほうが輻射が強く行われると予想されますか。


  6. アンカバ

    アンカバ

    2013-05-19 (Sun) 08:52

    おっはよ~ございます。

    輻射は平衡フィーダーのほうがずっと多そうです。
    線の殆どが露出して状態(シールドが線1本ぶんしか無い)ので。

    同軸ケーブルのほうは理論上は輻射は無いような気もしてきています。
    でも,グラウンド側の電位があばれたときには,これまムチャクチャな(想像しえない)状態なので,現実にはコモンモード電流が増えるだけでは済まないのではとも思っています。

  7. モモコwithJE2EVX

    モモコwithJE2EVX

    2013-05-19 (Sun) 09:56

    一般的に、外部の影響を受けていなければ、平行ケーブルのほうが、インピーダンスが高く損失が少ないので、平衡線のほうがコモンモード電流も少ないし、折り返し点での不要輻射は少ないのではないですか?
  8. アンカバ

    アンカバ

    2013-05-19 (Sun) 20:59

    こんばんは。出がけに書いて,投稿できずにいました。
    --- --- ---
    おはようございます。

    輻射は平衡フィーダーのほうがずっと多そうです。
    線の殆どが expose (←この日本語で投稿が拒絶された?)された状態なので(シールドが線1本ぶんしか無い)。

    同軸ケーブルの場合は,理論上は輻射が無いような気もしてきています。
    でも,グラウンド側の電位があばれたときには,これはムチャクチャな(私には想像が困難な)状態なので,現実にはコモンモード電流が増えるだけでは済まず若干の輻射も発生するのではとも思っています。
  9. Fumi 7k1ptt

    Fumi 7k1ptt

    2013-05-19 (Sun) 21:01

    こんばんは。出がけに書いて,投稿できずにいました。
    --- --- ---
    おはようございます。

    輻射は平衡フィーダーのほうがずっと多そうです。
    線の殆どが expose (←この日本語で投稿が拒絶された?)された状態なので(シールドが線1本ぶんしか無い)。

    同軸ケーブルの場合は,理論上は輻射が無いような気もしてきています。
    でも,グラウンド側の電位があばれたときには,これはムチャクチャな(私には想像が困難な)状態なので,現実にはコモンモード電流が増えるだけでは済まず若干の輻射も発生するのではとも思っています。

Comment Form

Comment Form
-

Trackback

Trackback URL

3218

SWRを考える(5)もう一度、考える

YouTubeの解説、見ましたか?



ここでは、
SWRが悪くて反射してきたぶんは、送信機で折り返され(ビデオではアンテナチューナで、と言っている)、またアンテナに向かう。往復しつつ、最終的には大部分がアンテナから放出される

と言うておる。某有名出版社の解説本と同じだ。

問題となるのは、同軸ケーブルを通過する際の通過損失だけだという。「漏れる」とか「あちこちに回りこむ」とかは言うておらん。つまり、同軸ケーブルが不要な輻射をするとは言うとらんのでございます。

これはたぶん、送信機+同軸ケーブルの向こう側に、インピーダンスの合わないダミーロードをつけてみたりすると検証できることと思うけど、どうなんでしょ。


そもそも、平行2線式フィーダの場合、SWRがなんであろうと問題にされることはない。ところが同軸ケーブルだといきなり五月蠅いことが言われ始める。問題が起き始める。


まず同軸ケーブルはその構造からして、高周波ロスがある、これが問題となるのはよろしい。

しかし、平行2線式では問題にならなかった「電波の不要な輻射」が同軸ケーブルだと突如として問題となるのは、なじぇなのか。


さて。あ、さてさて。

  • Date : 2013-05-18 (Sat)
  • Category : antenna
9

Comment

  1. モモコwithJE2EVX

    モモコwithJE2EVX

    2013-05-18 (Sat) 23:06

    自分も良くわからんのですが、1/2倍以外の長さでは、反射波が送信機かチューナーに到達した時点で合成されてGNDが振られる=同軸の網組側がGND=0Vでなくなるので、同軸ケーブルとして動作しなくなるのでは?
  2. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2013-05-18 (Sat) 23:29

    そこがミソですよね。
    ノルマル・モードの信号が異常値になったとき(表現がおかしいかも知れません(__;)、
    それがコモン・モードの異常となってしまうのかなぁ。

    感覚的にはわかるんですけど、どうも左脳が(--;)
  3. Fumi 7k1ptt

    Fumi 7k1ptt

    2013-05-18 (Sat) 23:43

    こんばんは~。
    不要輻射や漏えいとは直接つながらないかも知れませんが,お話をします。

    平行な2本の線それぞれの周囲の空間には,右ネジの法則によって磁界がバンバン出来まくっています。
    それぞれの電線(から発せられる磁界)は互いに影響しており,電線同志の距離によってインピーダンスが決まります。
    SWR=1の場合であってもです。
    (ビデオの前半にもちょっと出てきますね。)

    なので,平行な2本の線では,周囲の影響を受け易いという欠点があります。
    (近くに金属がある部分ではインピーダンスが下がる)
    周囲の影響を受けにくくするには線をもう1本追加します。
    すなわち中央の1本を別の2本で挟むようにします。
    (プリント基板上やフラットケーブルで,ノイズ対策にこの技が使われることがあります。)
    ちなみにインピーダンスは低くなります。

    さらに周囲の影響を受けにくくするには線をもう2本追加します。
    すなわち中央の1本を別の4本で上下左右から囲むようにします。

    これをつきつめていくと1本の線を別の無数の線で囲むこととなり,同軸ケーブルとなります。
    同軸ケーブルでは周囲の影響を極めて受けにくくなります。

    さて,平衡フィーダーを使っていた時代は,フィーダーの引き回しに際しては周囲の影響を受けないよう,金属物体から離して設置することが当然であったと思います。
    (住居は木造であり,金属の構造物もそれほどは存在しなかった。)
    また,アンテナエレメントにきれいに電波が乗らない場合は,フィーダーにも定在波が存在することとなりアンテナ(放射器)の一部分として動作する,ということを承知して使っていたと思います。
    いいかえると,場合によってはフィーダーから輻射があることも理解した上で使っていたと思います。

    その後,同軸ケーブルが普及するとケーブルの引き回しに際して,周囲に金属があろうがなかろうが気にしなくなりました。
    (ケーブルの取り回しに,技術や知識を必要としなくなった。)
    でもインピーダンスは一定であるとしても,アンテナエレメントにきれいに電波が乗らない場合はやはりケーブルにも定在波が存在すると思います。

    まとめますと,平衡フィーダーを使っていた技術者達は輻射が起こり得ることを知っていたが,同軸ケーブルを手軽に使っている人の多くは輻射が起こり得ることを想定していない,というところではないでしょうか。
  4. Fumi 7k1ptt

    Fumi 7k1ptt

    2013-05-19 (Sun) 00:14

    ちょっとググってみました。
    1) 平衡フィーダーからの輻射について
    Carolina Windom Antenna には Vertical Radiator という部分があり,平衡フィーダーからの輻射を積極的に利用しているそうです。

    2) 同軸ケーブルからの輻射について
    SWRが高くて定在波が存在しても,同軸ケーブルではそれ自身からの輻射は増えない。
    ただしコモンモード電流は増える(ので電波障害も増える)との話も。
    (ケーブルから輻射が増えるとのウェブサイトもありますが。)
  5. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2013-05-19 (Sun) 00:39

    FumiOM、ご解説、感謝でございます(__;)。
    検索調査もありがとうございます。

    Carolina windomは持ってます。
    でもあれ、Vertical Radiatorは同軸ケーブルですよ。
    設計を変えたのかな。
    私はあのアンテナの説明はUSOだと思ってまして、あれはただのOff Set給電。見た目がWindomだというだけの気がしますが、まぁアイデアとしてはイケてるし、いっかとw。

    ところでちょっと質問ですが、
    解説いただいた「フィーダ部分からの輻射」ですが、
    仮にSWR=2の負荷に給電したとして、
    平行ケーブルの場合と
    同軸ケーブルの場合とでは、
    どちらのほうが輻射が強く行われると予想されますか。


  6. アンカバ

    アンカバ

    2013-05-19 (Sun) 08:52

    おっはよ~ございます。

    輻射は平衡フィーダーのほうがずっと多そうです。
    線の殆どが露出して状態(シールドが線1本ぶんしか無い)ので。

    同軸ケーブルのほうは理論上は輻射は無いような気もしてきています。
    でも,グラウンド側の電位があばれたときには,これまムチャクチャな(想像しえない)状態なので,現実にはコモンモード電流が増えるだけでは済まないのではとも思っています。

  7. モモコwithJE2EVX

    モモコwithJE2EVX

    2013-05-19 (Sun) 09:56

    一般的に、外部の影響を受けていなければ、平行ケーブルのほうが、インピーダンスが高く損失が少ないので、平衡線のほうがコモンモード電流も少ないし、折り返し点での不要輻射は少ないのではないですか?
  8. アンカバ

    アンカバ

    2013-05-19 (Sun) 20:59

    こんばんは。出がけに書いて,投稿できずにいました。
    --- --- ---
    おはようございます。

    輻射は平衡フィーダーのほうがずっと多そうです。
    線の殆どが expose (←この日本語で投稿が拒絶された?)された状態なので(シールドが線1本ぶんしか無い)。

    同軸ケーブルの場合は,理論上は輻射が無いような気もしてきています。
    でも,グラウンド側の電位があばれたときには,これはムチャクチャな(私には想像が困難な)状態なので,現実にはコモンモード電流が増えるだけでは済まず若干の輻射も発生するのではとも思っています。
  9. Fumi 7k1ptt

    Fumi 7k1ptt

    2013-05-19 (Sun) 21:01

    こんばんは。出がけに書いて,投稿できずにいました。
    --- --- ---
    おはようございます。

    輻射は平衡フィーダーのほうがずっと多そうです。
    線の殆どが expose (←この日本語で投稿が拒絶された?)された状態なので(シールドが線1本ぶんしか無い)。

    同軸ケーブルの場合は,理論上は輻射が無いような気もしてきています。
    でも,グラウンド側の電位があばれたときには,これはムチャクチャな(私には想像が困難な)状態なので,現実にはコモンモード電流が増えるだけでは済まず若干の輻射も発生するのではとも思っています。

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

Propagation Report



Recent Articles
Certificates
VK Jumbunna
WAC
WAP
YU Diplom
IARU Region III
DXF-X-A
United Nations Award
S6S
ADXA
N4MQ
eDX46
eDX50 Certificate
EPC Membership
KZPA-III Award
Belgium Digital Modes AWARD
ITU-PSK19
CQPSK-10

DMC Certificate
DMC ITU ZONES 5
DMC ITU ZONES 10
DMC ITU ZONES 20
DMC ITU ZONES 30
DMC WAZ10
DMC WAZ 20
DMC DXCC25
DMC Eurpe Class1
DMC Member25
BDMMA-50
EPCAS
EPCOC
CQPSK-20
Croatia Digital Group
DMC DXCC50
EPC EU10
WDMC-50
CDG DXCA50
Natal Digital Group
PHPHA-100
RPXPA-3
RRPA-BRONZE-3
EPC RU-III
EPC MGSPA
EPC EUSPA
PHPHA-100
EPCEU
ECPDX
DMC WEA Class1BPSK
EPC RGSPA-73
BDMMA-100
DMC WAC
DMC ITU-40
eDX75
WACPA
EPC DXDA
PHASE50
PSKWAC
Natal Digital Group
EPC RGSPA55
PSKWAC2
EPC EUSPA
PHPA200 EPC ASSPA200
EPC KZPA-II
MGSPA-200
BPSK31
MWCA-Second
EPC RRPA
DMC WAS10
JH2DBQ-ECSA-FIFTH.jpg
JH2DBQ-BQPA-BPSK63.jpg
JH2DBQ-ECSA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-AUPA-SILVER.jpg

JH2DBQ-WASA-012.jpg
JH2DBQ-PHASE-100_201310041939237e2.jpg
JH2DBQ-EUROPA-BRONZE.jpg
JH2DBQ-EUSPA-700.jpg
JH2DBQ-ECSA-SIXTH.jpg
JH2DBQ-EPCCRO-BRONZE.jpg
FOC75 Award
JH2DBQ-EPCDL-BRONZE.jpg
JH2DBQ-FPXPA-III.jpg
JH2DBQ-ITPAI-ITRPAIII.jpg
JH2DBQ-EUSPA-800 (1)

 JH2DBQ-ITPAII-LOPAII-001.jpg
JH2DBQ-MWCA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-MGSPA-600.jpg
JH2DBQ-MASTER-1STAR.jpg
JH2DBQ-PHPA-600.jpg
CQ Japan issued
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.4
CQ Japan vol.4
CQ Japan Vol.3
CQ Japan August 2010
CQ Japan Vol.2
CQ JAPAN Magazine July 2010 創刊2号 表紙(だけ)
CQ Japan Vol.1
Hand Strap with minolta alpha7


The Beatles in a Window
20100529i

Recent Comments
Search him !

free counters

QRZ callsign lookup:
provided by qrz.com



eQSL.cc vs LOTW
135cfm - 173cfm
Enter your callsign to see if you have an eQSL waiting!

Profile II
DXCC 232/267

QSO 11313

2014 1221 112/165
2013 2354 150/186 1kW
2012 2737 130/145
2011 568 73/100
2010 49 10/ 19
2009 333 37/ 51
2008 153 08/ 29 VoIP / FCC Extra
2007 0
2006 0
2005 0
2004 0
2003 0
2002 0
2001 15 00/02
2000 0
1999 0
1998 0
1997 0
1996 10 01/02
1995 0 /500Watts Expired
1994 450 29/85
1993 26 05/10
1992 20 00/01
1991 496 53/108
1990 416 46/87
1989 99 03/15
1988 29 00/02
1987 48 00/06
1986 10 09/25
1985 49 07/19
1984 104 05/12
1983 612 42/62
1982 724 82/108/500Watts
1981 2 01/02
1980 0 /1st Class
1979 4 00/01
1978 0
1977 0
1976 4
1975 30 00/02
1974 44 02/07
1973 256 18/31
1972 191 17/26
1971 302 06/15 /phone Class
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。