くまモン Official Site
1526109_575436825876410_853617968_n.jpg
Profile
Profile

Author:Jh2dbq
Welcome to my blog!
I became a radio amateur in 1972 and have been enjoying being one.

friends



SanyoSan/JA1COR

KenSan/KI2P
Ken's Drake C-4 Line


CQ-101
CQ101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

  1. Fumi 7k1ptt

    Fumi 7k1ptt

    2013-05-15 (Wed) 21:38

    おぉ,美しい~!
    (写っている部分に限る?)

Comment Form

Comment Form
-

Trackback

Trackback URL

3210

Butternut HF-9V 建設記(1)到着・組立編

Butternut HF-9V 白状する(__;)。いま取り組んでいるアンテナは、実は既製品である。新たに買った。
いまあるV-Dipoleを改造すると言うた記憶があり、その手前、言いそびれていた(__;)。

改造のために、LCメータだのなんだの取り揃えていたが、あれこれ考えているうち、ついに面倒になり、最初からコイルたらなんたら誂えてある既成品を買うことにした凸。

どうせならButternutのHF-9Vである。Hustlerと迷ったが、こっちのほうが仰々しくてよろしい。なお、ついでに160m用オプションも買い込んだので、全部で10band出られるという、横着者には夢のようなwアンテナである。

さて注文はしたものの、仔細については知らんので、Webであれこれ調べてみる。先に調べるべきだが、おれは買い物をしたあと、後悔するのが好きなのだ凸。

で、後悔した。SWRが落ちぬだのなんだのの情報があふれている。世界中のWebの大半が、HF-9Vについての苦情ではないかと思えてくるほど、多い。ただ、うまく行っている例も(当然だが)あって、自分もうまく行くことを祈ることにする。

到着まで一週間ほど。到着した荷物は驚くほど小さい。ほかにオプションの160m用コイルが別送されているので二個口ということになるが、それにしても小さい。こんな小さいハコにあんなデカい図体(全長8mぐらい。重量7kgぐらい)が折りたためるとも思えず、なんかの間違いじゃないかと思えてくる。

Butternut HF-9V Butternut HF-9V 

到着する前に、ManualはDownloadしてひととおり目を通してはいたが、現物を見ぬ以上はどうにもイメージがつかめず、到着を待っていたわけだが、梱包の小ささを見て、さらに混迷を極め、なんだかとりかかるのがイヤになってきた凸。

到着したのは4月上旬、静岡・日本平へ行く前のことだ。

さて三週間ほど勝手口で熟成させたら、ついにゴールデンウィークとなってしもうた。いつやるの。今でしょ。
今やらねば永遠にやらず、男がスタり、免許ももらえんので、ようやっと重い腰を上げて開梱。

DSC02557.jpg
 DSC02556.jpg 
DSC02577.jpg DSC02578.jpg 
 

なるほど、である。見事にコンパクトに収納されている。当たり前だが、あのゴツゴツしたコイルも折りたたまれて収納されており、(手で引き伸ばして使えとマニュアルにはある)、あのアメリカ人にもこういう芸当ができたのかと、ちと見直すw。もっとも、世界的ベストセラーなのだから、次第に要領よく梱包できるようになったのかも知れん。とにかく、段ボール箱の中はぎっちり部品が詰まっている。

さて、開梱した以上、作らんとならん凸。いちおうパーツをざっと見渡すと、最大のテキはインチねじだろうという希ガス。8☓11/4とか言われてもピンと来ぬ。しょうがないので予め分類。ワシとしてはお利口だが、相当に慎重になっていたことがわかる凸。

DSC02579.jpg DSC02580.jpg


部屋の中で作り始めたのは、「作ったけど部屋から出せん」というギャグをやりたかったからなのだが、これは結果的に正解だった。なにしろややこしすぎてマニュアルと首っ引きになる。庭でチョイチョイというわけにはいかん。ワッシャなどは何回落としたか、わからん。コイルを締める際には相当に力が要るので、どうしてもワッシャのひとつやふたつは吹っ飛んで行く。

ややこしすぎる最大の原因は、マニュアルに図がないことにある。用意された図はパーツリストと完成図のみ。あとは全部、文章での説明だ。

英語力の問題と思われるかも知れんが、しかし、あんた、プラモデルを日本語の文章だけで組み上げるとしたら、どれだけ大変か想像しろと言うのだ。

あるいはだ。いっぺんラジオで料理番組をやってみろと言うのだ凸(--メ)。

図があれば一発でイメージがつかめるものを、「いちいちコイルAの上端をパイプBの先端から下方へ」みたいに説明するもんだから、余計なストレスがたまってかなわん。
説明内容そのものにはそれほど問題がないのだが、そもそも文章で説明しようという点に問題があるんだゴルァ凸(--メ)。

ま、とにかくそんなこんなで組み上げ、仮設置したのが、あれはいつだったっけ。
近所で火事があった日の前日だ凸。
 Butternut HF-9V



追記 
これから挑戦するひとのために。

・マジックペンを用意しておくとよろしいかと。パーツリストと照らしあわせて、パイプAだのパイプBだのと記入しておいたほうが良いと思う。

・ジョイント部に塗布する電導グリスは、とりあえず塗らないでおくこと。仮組み→完成の最後のところで塗るのが正しいかと。
 なお、私は塗っていない。手が汚れるからヤダ(ばききー)。

・インチ規格のレンチが必要。なくてもなんとかなると思うけど、あったほうが手間いらず。

・組立完成図にあるとおり、全体を三分割して室内組み上げするのがよろしいかと。多くのひとはそうしているようだ。


追記2
マニュアルは、図がないぞゴルァという点を除けばよくできている。ラジアルとはなんだ、マルチバンド化するとはどういうことだなど、きちんと書かれていてスゴイ。日本製のアンテナで、動作原理から書かれているものは見たことがない気がする。
全体的にはプラモデルよりむつかしく、アタマの体操にちょうどよろしいレベルかと凸。


  • Date : 2013-05-15 (Wed)
  • Category : antenna
1

Comment

  1. Fumi 7k1ptt

    Fumi 7k1ptt

    2013-05-15 (Wed) 21:38

    おぉ,美しい~!
    (写っている部分に限る?)

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

Propagation Report



Recent Articles
Certificates
VK Jumbunna
WAC
WAP
YU Diplom
IARU Region III
DXF-X-A
United Nations Award
S6S
ADXA
N4MQ
eDX46
eDX50 Certificate
EPC Membership
KZPA-III Award
Belgium Digital Modes AWARD
ITU-PSK19
CQPSK-10

DMC Certificate
DMC ITU ZONES 5
DMC ITU ZONES 10
DMC ITU ZONES 20
DMC ITU ZONES 30
DMC WAZ10
DMC WAZ 20
DMC DXCC25
DMC Eurpe Class1
DMC Member25
BDMMA-50
EPCAS
EPCOC
CQPSK-20
Croatia Digital Group
DMC DXCC50
EPC EU10
WDMC-50
CDG DXCA50
Natal Digital Group
PHPHA-100
RPXPA-3
RRPA-BRONZE-3
EPC RU-III
EPC MGSPA
EPC EUSPA
PHPHA-100
EPCEU
ECPDX
DMC WEA Class1BPSK
EPC RGSPA-73
BDMMA-100
DMC WAC
DMC ITU-40
eDX75
WACPA
EPC DXDA
PHASE50
PSKWAC
Natal Digital Group
EPC RGSPA55
PSKWAC2
EPC EUSPA
PHPA200 EPC ASSPA200
EPC KZPA-II
MGSPA-200
BPSK31
MWCA-Second
EPC RRPA
DMC WAS10
JH2DBQ-ECSA-FIFTH.jpg
JH2DBQ-BQPA-BPSK63.jpg
JH2DBQ-ECSA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-AUPA-SILVER.jpg

JH2DBQ-WASA-012.jpg
JH2DBQ-PHASE-100_201310041939237e2.jpg
JH2DBQ-EUROPA-BRONZE.jpg
JH2DBQ-EUSPA-700.jpg
JH2DBQ-ECSA-SIXTH.jpg
JH2DBQ-EPCCRO-BRONZE.jpg
FOC75 Award
JH2DBQ-EPCDL-BRONZE.jpg
JH2DBQ-FPXPA-III.jpg
JH2DBQ-ITPAI-ITRPAIII.jpg
JH2DBQ-EUSPA-800 (1)

 JH2DBQ-ITPAII-LOPAII-001.jpg
JH2DBQ-MWCA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-MGSPA-600.jpg
JH2DBQ-MASTER-1STAR.jpg
JH2DBQ-PHPA-600.jpg
CQ Japan issued
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.4
CQ Japan vol.4
CQ Japan Vol.3
CQ Japan August 2010
CQ Japan Vol.2
CQ JAPAN Magazine July 2010 創刊2号 表紙(だけ)
CQ Japan Vol.1
Hand Strap with minolta alpha7


The Beatles in a Window
20100529i

Recent Comments
Search him !

free counters

QRZ callsign lookup:
provided by qrz.com



eQSL.cc vs LOTW
135cfm - 173cfm
Enter your callsign to see if you have an eQSL waiting!

Profile II
DXCC 232/267

QSO 11313

2014 1221 112/165
2013 2354 150/186 1kW
2012 2737 130/145
2011 568 73/100
2010 49 10/ 19
2009 333 37/ 51
2008 153 08/ 29 VoIP / FCC Extra
2007 0
2006 0
2005 0
2004 0
2003 0
2002 0
2001 15 00/02
2000 0
1999 0
1998 0
1997 0
1996 10 01/02
1995 0 /500Watts Expired
1994 450 29/85
1993 26 05/10
1992 20 00/01
1991 496 53/108
1990 416 46/87
1989 99 03/15
1988 29 00/02
1987 48 00/06
1986 10 09/25
1985 49 07/19
1984 104 05/12
1983 612 42/62
1982 724 82/108/500Watts
1981 2 01/02
1980 0 /1st Class
1979 4 00/01
1978 0
1977 0
1976 4
1975 30 00/02
1974 44 02/07
1973 256 18/31
1972 191 17/26
1971 302 06/15 /phone Class
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。