くまモン Official Site
1526109_575436825876410_853617968_n.jpg
Profile
Profile

Author:Jh2dbq
Welcome to my blog!
I became a radio amateur in 1972 and have been enjoying being one.

friends



SanyoSan/JA1COR

KenSan/KI2P
Ken's Drake C-4 Line


CQ-101
CQ101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

  1. Fumi 7k1ptt

    Fumi 7k1ptt

    2013-03-05 (Tue) 22:09

    こんばんは~。
    こちらの blog で経済のベンキョさせて頂きまして有難うございます。
    私の理解しているところがあっているか確認させて下さい。

    「日本全体にとっては円安のほうが良い」
    というのは一定条件のもとでだけいえることでしょうか。

    まず,円安によって恩恵を受ける人々の乗数効果をE1,円高によって恩恵を受ける人々の乗数効果をE2と書かせて下さいね。
    すると,単純に「E1とE2が等しい場合」あるいは
    商品を輸出して得た代金は偏在しないのでお金が人々に循環して「E1がE2を上回る場合」
    のいずれかに限って成り立つと考えて良いでしょうか。

    これまでのお話によれば,ビンボそうな人へカネが回るほど乗数効果が期待できるということかと思います。
    でも,円安になるほど灯油,ガソリン,運賃,電気料金が高くなってビンボそうなひとへお金が循環しにくくなるような気がします。
    すなわち,実はE1はE2を下回っていて,円高であるほうがカネが偏在しにくいのではないでしょうか?

    また,輸出して得た代金って一部の企業や富裕層が貯め込んでしまい偏在化がいっそう進むような気もします。
  2. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2013-03-06 (Wed) 03:22

    こんばんは~(^^)/~

    こんな読みにくいブログに目を通していただいて、きょーしくです(__;)。

    ワシのカキコはぐちゃぐちゃですが、Fumi OMの仰っていることと、ここらへんのArticlesに書いてあることは、だいたい同じじゃないかなあと思います。

    なのでちょっとだけ付け足しですが、
    1 日本全体にとって円安のほうがいい というのが言えるのは、
     輸出>輸入
    の場合に限定されます。

    その場合は通常、為替市場の平衡機能によって、円高傾向になる「はず」です。
    なぜそうならないかについては、もう一度ちゃんとカキコもうと思ってます。

    2 円高「当初」は富の偏在が起きにくいというのは、そのとおりだと思います。
     これまで三度ほどあった円高傾向はだいたい3.5年程度の継続でしたが、今回ばかりは5年です。
    こうなると、円高のメリットもデメリットも全国民の共有するところとなり、生産縮小だけが残ってしまった、ということなのでしょうか。

  3. Fumi 7k1ptt

    Fumi 7k1ptt

    2013-03-09 (Sat) 12:15

    こんにちは~。よかったら1つ教えて下さい。

    2 円高「当初」は,とのことですが,乗数効果とは別の作用についての話でしょうか。

    というのは,乗数効果は複利みたいに,時間の経過に伴ってぐんぐんどんどん積分的に作用が強まってくるものかと思うのです。
    これに対して「当初」だけ効果があるような微分的な作用は,乗数効果ではないと感じました。
  4. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2013-03-09 (Sat) 20:51

    FumiOM、ちゃーす(^^)/~。

    もう、自分がナニを言おうとしたのか忘れてしもうとりますが凸、
    とりあえず、なんとかがんばって理解すろと(ナニをじゃ)、要するに、

    輸入品の値段については誰もがダイレクトに感受しやすいが、輸出の増減について、「誰もが」影響を受けるには時間がかかる、ということかと思います。

    KWM-2Aが安くなった、おおお円高歓迎。
    というのは即効なんですけど、

    Icom,売れんらしいから、新製品の開発がされへんようになってもうた。
    というのは、何年か経たんとわからへんのですね。

    逆に、円安になって
    もうARRLの会費払われへん
    というのは速攻だけれど、
    Icom売り上げ倍増して新型が出たとかいうのは、だいぶ後のことですもんね。

Comment Form

Comment Form
-

Trackback

Trackback URL

3087

ボツだ。 >この書物 IV

浜田宏一
この本を読んでから数日、機嫌が悪くてかなわん。ナニを見ても腹が立ち、誰を見てもケンカ売りたくなる。

あんまりアタマ来たので、Amazon.comへ行ってボロクソに書評を書いてきたったが凸、あとからふと、他の人はどういう感想持ってんだ?と気になり、見てみたが、まぁなかなか面白いのであった。中にはワシ以上に激発しているひともおられて、 そうだよなあ という気になったのであったw(--;)w
ま、毀誉褒貶イロイロあるわ。ということにしておこう。

ところで、いったい経済学者のクソ野郎どもの脳にはどの程度の異常プリオン蛋白がはびこっているのだと、ちと心配になり、文字を読むのもメンドイので、YouTubeなどでしばし観覧凸。

なかにはおるなぁ。阿呆が。某早大教授は「 円安が必ずしも良いとは限らない。石油の値段が上がるなどして大変かもね 」と言うとるヤツがおる。もう一回、中学行ってベンキョして来いドア砲。と思う。

それからもうひとつ、日本人のなかに「 円安のほうがいい。生活必需品が安く買えるもん。 」と言うとるヤツも、かなりの割合でおるらしいと知ったワシは、ちとこれは放置してはいかんと思うので、基礎の基礎の基礎の基礎をいっぺん確認しておくべきかと思ったので、書くだけ書いてみることにす。

1 日本全体にとっては、円安のほうが良いに決っている。これは議論の必要はない。

 なんでか言うと、日本はいまのところ一応、貿易立国を標榜しているからだ。貿易立国ってのは、原料を輸入して、付加価値をへっつけ、製品化して輸出するちうこっちゃわな。

 で、これは輸出総額が輸入総額をちょこっとでも上回らんと成立せん。貿易総額を100として、輸入49:輸出51とか、まぁそんなもんはないとあかんわけだ。食っていけん。

 となると、輸出に有利になる方向を考えるのが国益にかなう。なので「国全体として」は、円安がえぇに決まっておるわけだ。ここは例のノーベル経済学賞に最も近いらしいYale大学の名誉教授も正しい。自信持ってヨシ凸。

 いっぽう、先の早大教授なんてぇのは、円安になると支払いが増えて貿易赤字が増えるとコイてやがったもんだから、えっそうなのか? と思い、ドル円チャートと貿易収支のグラフを見比べたが、どー見ても、早大教授よりこのブログのほうが正しい。早大はYaleに比べるとナンボか落ちるなぁ凸凸。

 だけど、こんなことは中学で習うことなんだよな。


2 円安は生活を直撃する。

 もっとも、国全体としては円安のほうがえぇかもわからんが、個々人の生活レベルでの話となるとまた違う。円安で利益を得るのは輸出関連業者だけであって、輸入業者、あるいはタダの消費者レベルは輸入モノの値上がりで生活に大打撃を食らう。もう食らいつつある。灯油なんか高価ぇもんなあ。電気代も上がるちゅうとるしなぁ。
 というわけで、一般ぴーぽーはまたぶぅぶぅ言い始めるだろうなぁ近々なぁ。


3 結局、富の偏在が問題なのだ。
 
 従いましてですね、円高にしろ円安にしろインフレにしろデフレにしろ、国内においては、いつも誰かがトクをして誰かがソンをするという図式になっちまっとるわけですね。その比率は51:49ぐらいだ。ほとんど半々だ。
 なので、自分のことだけ考えて円安・円高どっち?と訊く街頭インタビュみたいなのだと、円高派が燻り出されてくるわね。

 政治は(安倍は)、その「意識」が生まれる背景にメスを入れんといかん。富の取り合いになっとる。サモしい。

 この 富の偏在 っつーやつを均していく政治システムが要る。自民党が最後はヤッパだめなのは、民主党もそうだけど、そういう政治システムを作るキアイも能力もセンスも才能も努力もないからなんだよなあ。

 今回の安倍も相当にタワケで、生活保護費だったかなんだったかを、今国会で(予定通り)切り下げよったのな。今回に関しては一回見送る、ぐらいのセンスは発揮したらんかい凸(--メ)と思う。だって、インフレターゲットを固定化した時期やぞ。パァとちがうか。インフレにするけど、生活費は減らすと凸。氏んでまえ。ぬぁにが「企業に給与のアップをお願いした」だ。輸入産業はどうせぇちうんだ凸。

 おれがこの前、某新聞に投書した内容の趣旨がソレなんだけど、たとえばいま、ガソリンスタンドの小売に関しては揮発油税を免除するとかな。したらんかい。一回100リットルまでの小売に関しては揮発油税タダ、とか。


 弱者に対してそれぐらいの配慮はせんと、リフレも新自由主義もいずれ吠え面かくぞ>竹中一党。



 ばかやろー。


追記
欧州社民主義に倣って、労働者・労組に株主総会議決権の一定割合を与えるちうのをそろそろ実現してはどうかね。
おれ、春闘っての見てて大嫌いなんだよね。五月蠅いから。なにが労働者の権利だドア砲。手前のところの社長に言えっ。
と思うわけ。


4

Comment

  1. Fumi 7k1ptt

    Fumi 7k1ptt

    2013-03-05 (Tue) 22:09

    こんばんは~。
    こちらの blog で経済のベンキョさせて頂きまして有難うございます。
    私の理解しているところがあっているか確認させて下さい。

    「日本全体にとっては円安のほうが良い」
    というのは一定条件のもとでだけいえることでしょうか。

    まず,円安によって恩恵を受ける人々の乗数効果をE1,円高によって恩恵を受ける人々の乗数効果をE2と書かせて下さいね。
    すると,単純に「E1とE2が等しい場合」あるいは
    商品を輸出して得た代金は偏在しないのでお金が人々に循環して「E1がE2を上回る場合」
    のいずれかに限って成り立つと考えて良いでしょうか。

    これまでのお話によれば,ビンボそうな人へカネが回るほど乗数効果が期待できるということかと思います。
    でも,円安になるほど灯油,ガソリン,運賃,電気料金が高くなってビンボそうなひとへお金が循環しにくくなるような気がします。
    すなわち,実はE1はE2を下回っていて,円高であるほうがカネが偏在しにくいのではないでしょうか?

    また,輸出して得た代金って一部の企業や富裕層が貯め込んでしまい偏在化がいっそう進むような気もします。
  2. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2013-03-06 (Wed) 03:22

    こんばんは~(^^)/~

    こんな読みにくいブログに目を通していただいて、きょーしくです(__;)。

    ワシのカキコはぐちゃぐちゃですが、Fumi OMの仰っていることと、ここらへんのArticlesに書いてあることは、だいたい同じじゃないかなあと思います。

    なのでちょっとだけ付け足しですが、
    1 日本全体にとって円安のほうがいい というのが言えるのは、
     輸出>輸入
    の場合に限定されます。

    その場合は通常、為替市場の平衡機能によって、円高傾向になる「はず」です。
    なぜそうならないかについては、もう一度ちゃんとカキコもうと思ってます。

    2 円高「当初」は富の偏在が起きにくいというのは、そのとおりだと思います。
     これまで三度ほどあった円高傾向はだいたい3.5年程度の継続でしたが、今回ばかりは5年です。
    こうなると、円高のメリットもデメリットも全国民の共有するところとなり、生産縮小だけが残ってしまった、ということなのでしょうか。

  3. Fumi 7k1ptt

    Fumi 7k1ptt

    2013-03-09 (Sat) 12:15

    こんにちは~。よかったら1つ教えて下さい。

    2 円高「当初」は,とのことですが,乗数効果とは別の作用についての話でしょうか。

    というのは,乗数効果は複利みたいに,時間の経過に伴ってぐんぐんどんどん積分的に作用が強まってくるものかと思うのです。
    これに対して「当初」だけ効果があるような微分的な作用は,乗数効果ではないと感じました。
  4. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2013-03-09 (Sat) 20:51

    FumiOM、ちゃーす(^^)/~。

    もう、自分がナニを言おうとしたのか忘れてしもうとりますが凸、
    とりあえず、なんとかがんばって理解すろと(ナニをじゃ)、要するに、

    輸入品の値段については誰もがダイレクトに感受しやすいが、輸出の増減について、「誰もが」影響を受けるには時間がかかる、ということかと思います。

    KWM-2Aが安くなった、おおお円高歓迎。
    というのは即効なんですけど、

    Icom,売れんらしいから、新製品の開発がされへんようになってもうた。
    というのは、何年か経たんとわからへんのですね。

    逆に、円安になって
    もうARRLの会費払われへん
    というのは速攻だけれど、
    Icom売り上げ倍増して新型が出たとかいうのは、だいぶ後のことですもんね。

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

Propagation Report



Recent Articles
Certificates
VK Jumbunna
WAC
WAP
YU Diplom
IARU Region III
DXF-X-A
United Nations Award
S6S
ADXA
N4MQ
eDX46
eDX50 Certificate
EPC Membership
KZPA-III Award
Belgium Digital Modes AWARD
ITU-PSK19
CQPSK-10

DMC Certificate
DMC ITU ZONES 5
DMC ITU ZONES 10
DMC ITU ZONES 20
DMC ITU ZONES 30
DMC WAZ10
DMC WAZ 20
DMC DXCC25
DMC Eurpe Class1
DMC Member25
BDMMA-50
EPCAS
EPCOC
CQPSK-20
Croatia Digital Group
DMC DXCC50
EPC EU10
WDMC-50
CDG DXCA50
Natal Digital Group
PHPHA-100
RPXPA-3
RRPA-BRONZE-3
EPC RU-III
EPC MGSPA
EPC EUSPA
PHPHA-100
EPCEU
ECPDX
DMC WEA Class1BPSK
EPC RGSPA-73
BDMMA-100
DMC WAC
DMC ITU-40
eDX75
WACPA
EPC DXDA
PHASE50
PSKWAC
Natal Digital Group
EPC RGSPA55
PSKWAC2
EPC EUSPA
PHPA200 EPC ASSPA200
EPC KZPA-II
MGSPA-200
BPSK31
MWCA-Second
EPC RRPA
DMC WAS10
JH2DBQ-ECSA-FIFTH.jpg
JH2DBQ-BQPA-BPSK63.jpg
JH2DBQ-ECSA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-AUPA-SILVER.jpg

JH2DBQ-WASA-012.jpg
JH2DBQ-PHASE-100_201310041939237e2.jpg
JH2DBQ-EUROPA-BRONZE.jpg
JH2DBQ-EUSPA-700.jpg
JH2DBQ-ECSA-SIXTH.jpg
JH2DBQ-EPCCRO-BRONZE.jpg
FOC75 Award
JH2DBQ-EPCDL-BRONZE.jpg
JH2DBQ-FPXPA-III.jpg
JH2DBQ-ITPAI-ITRPAIII.jpg
JH2DBQ-EUSPA-800 (1)

 JH2DBQ-ITPAII-LOPAII-001.jpg
JH2DBQ-MWCA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-MGSPA-600.jpg
JH2DBQ-MASTER-1STAR.jpg
JH2DBQ-PHPA-600.jpg
CQ Japan issued
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.4
CQ Japan vol.4
CQ Japan Vol.3
CQ Japan August 2010
CQ Japan Vol.2
CQ JAPAN Magazine July 2010 創刊2号 表紙(だけ)
CQ Japan Vol.1
Hand Strap with minolta alpha7


The Beatles in a Window
20100529i

Recent Comments
Search him !

free counters

QRZ callsign lookup:
provided by qrz.com



eQSL.cc vs LOTW
135cfm - 173cfm
Enter your callsign to see if you have an eQSL waiting!

Profile II
DXCC 232/267

QSO 11313

2014 1221 112/165
2013 2354 150/186 1kW
2012 2737 130/145
2011 568 73/100
2010 49 10/ 19
2009 333 37/ 51
2008 153 08/ 29 VoIP / FCC Extra
2007 0
2006 0
2005 0
2004 0
2003 0
2002 0
2001 15 00/02
2000 0
1999 0
1998 0
1997 0
1996 10 01/02
1995 0 /500Watts Expired
1994 450 29/85
1993 26 05/10
1992 20 00/01
1991 496 53/108
1990 416 46/87
1989 99 03/15
1988 29 00/02
1987 48 00/06
1986 10 09/25
1985 49 07/19
1984 104 05/12
1983 612 42/62
1982 724 82/108/500Watts
1981 2 01/02
1980 0 /1st Class
1979 4 00/01
1978 0
1977 0
1976 4
1975 30 00/02
1974 44 02/07
1973 256 18/31
1972 191 17/26
1971 302 06/15 /phone Class
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。