くまモン Official Site
1526109_575436825876410_853617968_n.jpg
Profile
Profile

Author:Jh2dbq
Welcome to my blog!
I became a radio amateur in 1972 and have been enjoying being one.

friends



SanyoSan/JA1COR

KenSan/KI2P
Ken's Drake C-4 Line


CQ-101
CQ101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

  1. Sakura

    Sakura

    2013-02-09 (Sat) 09:51

    お見事! 
     完璧な入門ガイドだー、これからなんでもできるぞー!! 感謝ーー!!
  2. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2013-02-10 (Sun) 02:03

    感謝してもらったことに感謝--っ。

    シャーw

Comment Form

Comment Form
-

Trackback

Trackback URL

3052

アマチュア無線写真家のためのフォト・レタッチ入門

Photo by Sanyo OM
Sanyo 大OMに、フィルムをスキャンしたデジタル画像を頂戴したので、これを使わせていただいた上で、レタッチの基礎の基礎をお話しよっかなっと思う。

まず、これは前から言うておるとおり、とっととGoogle Picasaをダウンロードして使う。これに限る凸。
タダだし性能十分。ワシはこのFree Softwareは、関連ソフトウェア会社を幾つか潰した、デフレの一元凶だと思うが、時代の流れがそーなのでしょーがないのかも知れん。いまは難しいことは考えず、このGoogle Picasaを使う。

PICASA
左の画像をクリックすると、ダウンロードサイトへ行く。オレは親切だなあσ(^。^;)。

インストールする際に注意するべきは、記憶によると確か、最初の立ち上げ時に「コンピュータ内のすべての画像をスキャンしますか」みたいなのに YESと答えてはいかん ということだ。これをやらすとPC内画像が全部出てくるが、ヘタするとインタネットのテンポラリファイルまでスキャンするので、知らんうちにダウンロードされていたバナー画像とかエロ画像とか、全部表示されてビックリすることになる。エロ画像でなくても、いまどき下着の宣伝写真みたいなのはそこらじゅうにあるので、こういうのが画像単独で出てくると非常に驚くことになる凸。

さてインストールが済んだとする凸。で、目的の画像を読み込むわけだが、それももうデキたとしよう凸凸。そうすると画面はこうなる。Sanyo OMにいただいた写真を映してみた。

Photo by Sanyo OM


スキャンの質は良い感じがする。このままでもいいじゃん、という気もするが、せっかくなので、行き掛かり上、続行するw。

気になると言えば、フィルムスキャンの性質上、どうしてもコントラストが出切ってはいない点がある。
スキャンはそこらへんがとても難しいが、まぁPICASAがあるのでどってことはない。
この写真の場合はこのままでもいい気がするが、ちといじらせてもらうことにする。いじるのは画面内の赤丸でかこったところ。明暗・コントラストとホワイトバランスの修正が中心。というか、これは必須かも知れん。

Photo by Sanyo OM 



最初は「自動調整」でじゅうぶん。場合によっては最後まで「自動調整」でじゅうぶんw。
非常に完成度が高い調整をPICASAはしてくれる。
上の赤丸でコントラスト、
下の赤丸でホワイトバランス
をそれぞれ自動調整してくれる。

これでかなりハッキリした画像になったけど、元々、かなり日差しが強いところでのお写真なので、影がやや強く出すぎているという気もする。
つまり、コントラストがやや強く出すぎた。
また、ホワイトバランスの修正によって、雲の色がかえって悪くなっている。空の色合いは最初のままのほうが良さそうだ。

などなど、ちょっと疑問を持ちつつ、「手動調整」に挑戦してみよう。

Photo by Sanyo OM 


全体を少し明るくしてみることにする。
画面中
赤丸1 で明るさを持ち上げ、赤丸2と赤丸3をさっきと同じように使って自動調整する。
つまり、明るさだけを人為的にいじってみた。

なお、明るさ調整は、このスライドバーのこの位置ぐらい、つまり1/4ぐらい持ち上げるのが限界で、これ以上は滅茶苦茶になるから注意。PICASAはさすがに安モンというかタダのソフトウェアなので、細かい作業は苦手だ。
これを回避する裏ワザもあるが、まだ早い凸。

ところで言い忘れたが、PICASAはどれだけ画像をいじろうとも、元画像に変更は加えられない。変更情報だけを記憶することになっている。変更後の画像を吐き出したい場合は、画像(F)タブから名前をつけて保存(A)あるいは別フォルダにエクスポート(C)を使う。
オススメは(F)→(C)。理由は、処理が速いからw。
なお、この「画像を保存」の際に、JPG画像の圧縮率を指定できるけれども、defaultの 85% というのは、やや圧縮しすぎ、という気がする。これ以上圧縮するのはまずいという限界値だとわしは思う。
JPG圧縮というのは、当然、画像データを省略することで行われるわけで、20%も省略すると、かなりザラついたがzそうになる。これはイロイロ試してみて欲しいところでございます。

このお写真の場合、つまり風景画のような複雑な画像情報は、圧縮(情報省略)それ自体がむつかしく、90%以上の元情報を残したいところ。そうするとファイルサイズが小さくならへんので、しょーがねーので、リサイズ(画面サイズを小さくする)で乗り切るしかない。でないと、インタネットでUploadできない場合が出てくる。



Photo by Sanyo OM  4
あとは左のスライドバーを使って、気に入るまで手動で調整したらんかいw
なんだけど、注意が要るのが「ホワイトバランスの自動調整」機能。

ホワイトバランスというのは、文字通り、画像中、白として表現したいのはどこかを指定するわけ。
「コレコレ」をクリックすると、スポイトが現れるので、どこが白かをピンポイントで指定する。そうすると、画像全体の色温度がかわるという、優れものだ。

なので、画像中に白いモノが写り込んでいると、調整は非常にラクだ。この場合は 雲 があるのでたいへんありがたいが、雲も場所によって色がちがうので、かなり悩むことになる。悩み給えw。
人物画像の場合は、 歯 を使う。あるいは 白目の部分を使うが、それぞれ厳密にホワイトである場合はマレではある。でも、使えないよりずっとマシ。これも気に入るまでやり倒す。
雪景色なんかは、これで雰囲気が一変するからオススメ。

Photo by Sanyo OM
 
最後に、PICASAの最初のタスクタブを切り替えて、水平バランスを修正したり、あるいは画像の切り出しをしたりする。

ワシは水平バランスはあまり気にならないが、このお写真の場合、せっかくフィルムの周囲がきっちり写っていたので、いちおう修正いたしました。
なので、スキャンの際に、ちょこっとぐらいナナメになっても気にしなくて良いというわけだ。

画像を切り出すことを、日本人はトリミングというが、欧米ではCROPと言うらしい。面白い。

トリミングは、撮影時の意図を破壊することであるとかなんとかで嫌う人が多いが、ワシは、撮影時は撮影時、いまはいま、気が変わったというタイプなので、へいちゃらでどこまででもトリミングを行う。

以上の手順はあくまでもひとつの例。前後左右、どこからどう取り掛かってもかまわないし、また、とりかかる順序によって、結果も変わってくるのでいろいろお試しアレ。


というわけでゴタクを並べましたが、PICASAならボタンを二つ三つ、スライドバーを二三箇所いじるだけでけっこう遊べますよ、私はいつもこんな感じで誤魔化していますという話でおじゃります。

サンプル写真を提供していただいたSanyoOMに大感謝!



下記はあくまで一例でございます。元画像の画質が良いので、たいへんやり甲斐がございました。

Photo by Sanyo OM


2

Comment

  1. Sakura

    Sakura

    2013-02-09 (Sat) 09:51

    お見事! 
     完璧な入門ガイドだー、これからなんでもできるぞー!! 感謝ーー!!
  2. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2013-02-10 (Sun) 02:03

    感謝してもらったことに感謝--っ。

    シャーw

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

Propagation Report



Recent Articles
Certificates
VK Jumbunna
WAC
WAP
YU Diplom
IARU Region III
DXF-X-A
United Nations Award
S6S
ADXA
N4MQ
eDX46
eDX50 Certificate
EPC Membership
KZPA-III Award
Belgium Digital Modes AWARD
ITU-PSK19
CQPSK-10

DMC Certificate
DMC ITU ZONES 5
DMC ITU ZONES 10
DMC ITU ZONES 20
DMC ITU ZONES 30
DMC WAZ10
DMC WAZ 20
DMC DXCC25
DMC Eurpe Class1
DMC Member25
BDMMA-50
EPCAS
EPCOC
CQPSK-20
Croatia Digital Group
DMC DXCC50
EPC EU10
WDMC-50
CDG DXCA50
Natal Digital Group
PHPHA-100
RPXPA-3
RRPA-BRONZE-3
EPC RU-III
EPC MGSPA
EPC EUSPA
PHPHA-100
EPCEU
ECPDX
DMC WEA Class1BPSK
EPC RGSPA-73
BDMMA-100
DMC WAC
DMC ITU-40
eDX75
WACPA
EPC DXDA
PHASE50
PSKWAC
Natal Digital Group
EPC RGSPA55
PSKWAC2
EPC EUSPA
PHPA200 EPC ASSPA200
EPC KZPA-II
MGSPA-200
BPSK31
MWCA-Second
EPC RRPA
DMC WAS10
JH2DBQ-ECSA-FIFTH.jpg
JH2DBQ-BQPA-BPSK63.jpg
JH2DBQ-ECSA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-AUPA-SILVER.jpg

JH2DBQ-WASA-012.jpg
JH2DBQ-PHASE-100_201310041939237e2.jpg
JH2DBQ-EUROPA-BRONZE.jpg
JH2DBQ-EUSPA-700.jpg
JH2DBQ-ECSA-SIXTH.jpg
JH2DBQ-EPCCRO-BRONZE.jpg
FOC75 Award
JH2DBQ-EPCDL-BRONZE.jpg
JH2DBQ-FPXPA-III.jpg
JH2DBQ-ITPAI-ITRPAIII.jpg
JH2DBQ-EUSPA-800 (1)

 JH2DBQ-ITPAII-LOPAII-001.jpg
JH2DBQ-MWCA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-MGSPA-600.jpg
JH2DBQ-MASTER-1STAR.jpg
JH2DBQ-PHPA-600.jpg
CQ Japan issued
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.4
CQ Japan vol.4
CQ Japan Vol.3
CQ Japan August 2010
CQ Japan Vol.2
CQ JAPAN Magazine July 2010 創刊2号 表紙(だけ)
CQ Japan Vol.1
Hand Strap with minolta alpha7


The Beatles in a Window
20100529i

Recent Comments
Search him !

free counters

QRZ callsign lookup:
provided by qrz.com



eQSL.cc vs LOTW
135cfm - 173cfm
Enter your callsign to see if you have an eQSL waiting!

Profile II
DXCC 232/267

QSO 11313

2014 1221 112/165
2013 2354 150/186 1kW
2012 2737 130/145
2011 568 73/100
2010 49 10/ 19
2009 333 37/ 51
2008 153 08/ 29 VoIP / FCC Extra
2007 0
2006 0
2005 0
2004 0
2003 0
2002 0
2001 15 00/02
2000 0
1999 0
1998 0
1997 0
1996 10 01/02
1995 0 /500Watts Expired
1994 450 29/85
1993 26 05/10
1992 20 00/01
1991 496 53/108
1990 416 46/87
1989 99 03/15
1988 29 00/02
1987 48 00/06
1986 10 09/25
1985 49 07/19
1984 104 05/12
1983 612 42/62
1982 724 82/108/500Watts
1981 2 01/02
1980 0 /1st Class
1979 4 00/01
1978 0
1977 0
1976 4
1975 30 00/02
1974 44 02/07
1973 256 18/31
1972 191 17/26
1971 302 06/15 /phone Class
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。