くまモン Official Site
1526109_575436825876410_853617968_n.jpg
Profile
Profile

Author:Jh2dbq
Welcome to my blog!
I became a radio amateur in 1972 and have been enjoying being one.

friends



SanyoSan/JA1COR

KenSan/KI2P
Ken's Drake C-4 Line


CQ-101
CQ101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

  1. Sanyo

    Sanyo

    2013-01-21 (Mon) 10:23

    今から30年前、イタリアに仕事で出かけたんだが、その時、聞いたのは小学校から落第(留年)のシステムがあって、何回か落第した人間は大学入学の年齢に達するも、大学に入るよりも適切な職業を選択するとのこと。
     当たり前かもしれないが、このシステムの方が良い。 
    日本ではなんでこんな当然なことすらできないのだろう?
  2. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2013-01-21 (Mon) 19:26

    Sanyo OM、たいへん貴重な情報を、あんがとございます。

    そう言えばちと思い出したんですが、某プエルトリコのXYL局が高橋マリオ氏と交信していた。
    なんでも、自分は子どもを学校へ行かしとらんちうんですわな。自分で教えとると。元教員らすぃ。

    これは面白いと思ったワシはブレークし、いろいろ訊いたんだけど、むしろ、面白いのはワシのほうだと彼女には映ったらしく、

    んな、てめぇのコドモをどう育てるかを決めるのは親の権利に決まっておるわ、

    みたいな返答でござった。
    アッチのほうがオレラよりはるかに文化程度が高い。

    日本には国家教育権とやらがあって、内容もレベルも国(の文科バカ官僚)が勝手に決めよる。
    親はそのへんにぜんぜん無意識で、イチロー・父(チチロー)みたいに、そうとう意識が高い人でないと、こどもをリッチにしてやれん構造になっとる。

    ちなみに、イチローは野球馬鹿ではなくて、学力も相当のレベルにあったらしい。なお、三重県出身の元大関琴風もそう。琴風はラッキーなことに貧困で、高校進学を果たさずに自己実現できたw。

    進級進学すりゃシアワセになれるというトロ臭い馬鹿市民派発想は、早よこの国から駆逐せんとならんと
    わしは思っとりまつ凸。

Comment Form

Comment Form
-

Trackback

Trackback URL

3018

憲法第九条的視点で体罰を考える

ワシがいまから画期的な評論を書く凸。Chair


ワシは憲法九条については、改正反対派、また体罰については否定派だということを先に言うた上でおんどれらに訊くが、いかがなもんですか。

ワシはこの二つはセットだと思うんだよな。国の武力行使は否定するが個人はOKとか、その逆とかいうのは、どうしてもスジが通らん気がしてならんのだが。

田嶋陽子なんかが分かりやすいんだけど、彼女は「戦争なんて絶対反対に決まってるでしょっ。あんなもんはバカな男がやるものよ。話せばわかる。どこまでも外交努力をするのよっ。」つっとるわけで、ならきっと、学校教育の場にあっても、相手がどんなヤンキーでも「話せばわかる」という姿勢を貫くにちがいない。わかりやすい。

なので、「誰だって、話せばわかる」と信じる人は当然、武力行使否定、体罰否定となるはずだ。よろしいあるか。

さて、そうすると、「誰だって、話せばわかる」かどうかの問題に、最初は帰着する。なお念のため先に書いとくと、ワシは「どれだけ言ってもわからん阿呆はしこたま居る」と考えるが、武力行使否定、体罰否定だ。

田嶋陽子ふうに言うと、どんだけ話しても相手が納得してくれん中韓のような場合、それは日本の言い分が間違っているからだ、ということになる。彼女は現にそう言っており、スジはこの点では通っている。ただ、彼女の場合は、自分自身のその言い分が周囲に受け容れられんとき、自分の言い分が間違っているとは決して考えず、周囲を罵倒してバカ扱いする凸。わはははは。

てなわけで、田嶋陽子さんは話が通じん場合が往々にしてあることを常々から私たちに示してくれているわけだが、さて、田嶋さんは周囲を罵倒していればそれで収録時間が過ぎるからいいだろうが、毎日続く外交や教育の場ではどうしたらよいか。

この、「ではどうしたら良いか」が次の、そして最終的な問題だ。


外交については、いつまでもぐちゃぐちゃ不平を言っていてもしょうがないので、制度として用意されたものが戦争である。日本人の多くが間違えていますが、戦争は国際法で認められた合法的な紛争解決手段なのでございます。で、武力で決着をつけるのが国際的相場となっておる。

日本は戦争の愚かさについて骨の髄まで分かっちゃったので、戦争はもうせんと宣言した。これが憲法九条。

そこまではカッコよかったんだけど、問題はその後、日本が「戦争以上に有効な紛争解決手段」を模索するのをヤメちまったことだわね。戦争やめましたと言ってりゃそれでいいのかと。

日本史上、たとえば戦国武将の中には、家臣を守るため、主人ひとりが割腹して解決を図ったなどという事例がゴロゴロある。民主党も、魚釣島あたりでだれか割腹して、それを全世界へ衛星中継するなどするとよろしかったとオレはマジで思うのだが。政治家としての責任を取るつーんなら、ここらへんまでしてみぃと思う。武力を持たんのなら、そのぶんキアイを持たんと話にならん。

教育については、ぶつぶつ不平を言っていても過ぎていくので厄介である。問題は完全に底流部分に堆積している。なので、戦国武将よろしくイチイチ腹を切っておっては、イノチが幾つあっても足りん。授業の相手はクソガキだわ、体罰も許されんわ、市民派は教える人間の技量の問題でしょと言うわでは、紛争は解決せん。授業は成り立たん。

で、どうするか。一番ヨロシイのは、教師の懲戒権を制度としてきちんと確立することでございます。懲戒権つっても体罰でなく、一発レッドカードで生徒を退場(停学・留学・退学)させる権利を保障する。「おととい来やがれ」ってんで、三学年ぐらい下までぶっ飛ばすのを許す。

そのかーし、生徒・親の側には再チャレンジ権というか、転校して鍼灸にチャレンジする権利を認める。わしはもう十年来、落第権・飛び級権を取り入れろと言うておるが、だれも耳を傾けん凸(--メ)。多くの国では落第するのを「権利として」認められているというのにだ。ドコドコの国では教育費負担はゼロだの、そんなタワケた話ばっかり持ち込みやがって凸。

どいつもこいつもバカもアホも、横並びで卒業していくというドア砲な日本人の横並び思想が、学校をグダグダなものにしている。こんな学校にどれだけ公費を投入しようが、札束をシュレッダーに食わせているのとなにも変わらんわ凸。




以上は、テレビ見ていると「一般論としての体罰」を語って、ただノンキに民主党的平和バカ市民派ふうに「いけないことよ」とかコイておるヤツが増えてきたので書きました。ここで問題にしたのは体罰一般についてでありまして、桜宮高校事件のような傷害に至るような特殊な暴行については念頭に置いておりません。


さて武力反対、体罰反対、わかりました。でも阿呆はたくさんいます。それをどうしますか対案出せっちゅうんじゃこのボケが。という趣旨でございます。



追伸
 だいたいそもそも、ほとんど全員が審級進学をするなどというのは、異常だっ。20%ぐらいは落第かっ食らってヨシ。逆に上位20%ぐらいは飛び級を認めれ。そのほうが勉強が面白いわっ。(ギャンブル性があって凸)




追伸2
 ガキどもなんかは話が通じる相手ではないので、体罰を正面から認める、というのも手ではある。

 古い話なので今はどうか知らんが、イギリスなんかは「ムチで手を叩く」というのがあった。映画メロディ・フェアなどにそんな場面が登場した気がする。古いか凸。

 これも古い話だが、ドイツなどは、15歳以下は人間ではないという社会的合意があると聞いたことがある。今はどうか知らん。いまはチガウだろうなあ。

 アメリカは、よう分からんところがある。15年ぐらい前のNHKだったかで、「全米一の学力形成をした中学の数学教師」というのをドキュメンタリでやってたんだけど、番組でその教師は教室じゅうを走り回って、デキの悪い生徒をボコボコなぐっていたw。
 ただし、クッションで、だ。しかし、クッションとはいえ、相当の勢い(でないと面白くない凸)で殴り回っていたので、殴られた生徒は痛いことは痛かったと思う。現に悲鳴を上げていた(それぐらいしないと面白くない)。これはやはり、推定された合意があるとはいえ、暴力でないとは言い切れん。

 ま、  空気 の問題なわけだが、話をそこへ持ち込むと、収拾がつかんしなぁ。


Chair
2

Comment

  1. Sanyo

    Sanyo

    2013-01-21 (Mon) 10:23

    今から30年前、イタリアに仕事で出かけたんだが、その時、聞いたのは小学校から落第(留年)のシステムがあって、何回か落第した人間は大学入学の年齢に達するも、大学に入るよりも適切な職業を選択するとのこと。
     当たり前かもしれないが、このシステムの方が良い。 
    日本ではなんでこんな当然なことすらできないのだろう?
  2. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2013-01-21 (Mon) 19:26

    Sanyo OM、たいへん貴重な情報を、あんがとございます。

    そう言えばちと思い出したんですが、某プエルトリコのXYL局が高橋マリオ氏と交信していた。
    なんでも、自分は子どもを学校へ行かしとらんちうんですわな。自分で教えとると。元教員らすぃ。

    これは面白いと思ったワシはブレークし、いろいろ訊いたんだけど、むしろ、面白いのはワシのほうだと彼女には映ったらしく、

    んな、てめぇのコドモをどう育てるかを決めるのは親の権利に決まっておるわ、

    みたいな返答でござった。
    アッチのほうがオレラよりはるかに文化程度が高い。

    日本には国家教育権とやらがあって、内容もレベルも国(の文科バカ官僚)が勝手に決めよる。
    親はそのへんにぜんぜん無意識で、イチロー・父(チチロー)みたいに、そうとう意識が高い人でないと、こどもをリッチにしてやれん構造になっとる。

    ちなみに、イチローは野球馬鹿ではなくて、学力も相当のレベルにあったらしい。なお、三重県出身の元大関琴風もそう。琴風はラッキーなことに貧困で、高校進学を果たさずに自己実現できたw。

    進級進学すりゃシアワセになれるというトロ臭い馬鹿市民派発想は、早よこの国から駆逐せんとならんと
    わしは思っとりまつ凸。

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

Propagation Report



Recent Articles
Certificates
VK Jumbunna
WAC
WAP
YU Diplom
IARU Region III
DXF-X-A
United Nations Award
S6S
ADXA
N4MQ
eDX46
eDX50 Certificate
EPC Membership
KZPA-III Award
Belgium Digital Modes AWARD
ITU-PSK19
CQPSK-10

DMC Certificate
DMC ITU ZONES 5
DMC ITU ZONES 10
DMC ITU ZONES 20
DMC ITU ZONES 30
DMC WAZ10
DMC WAZ 20
DMC DXCC25
DMC Eurpe Class1
DMC Member25
BDMMA-50
EPCAS
EPCOC
CQPSK-20
Croatia Digital Group
DMC DXCC50
EPC EU10
WDMC-50
CDG DXCA50
Natal Digital Group
PHPHA-100
RPXPA-3
RRPA-BRONZE-3
EPC RU-III
EPC MGSPA
EPC EUSPA
PHPHA-100
EPCEU
ECPDX
DMC WEA Class1BPSK
EPC RGSPA-73
BDMMA-100
DMC WAC
DMC ITU-40
eDX75
WACPA
EPC DXDA
PHASE50
PSKWAC
Natal Digital Group
EPC RGSPA55
PSKWAC2
EPC EUSPA
PHPA200 EPC ASSPA200
EPC KZPA-II
MGSPA-200
BPSK31
MWCA-Second
EPC RRPA
DMC WAS10
JH2DBQ-ECSA-FIFTH.jpg
JH2DBQ-BQPA-BPSK63.jpg
JH2DBQ-ECSA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-AUPA-SILVER.jpg

JH2DBQ-WASA-012.jpg
JH2DBQ-PHASE-100_201310041939237e2.jpg
JH2DBQ-EUROPA-BRONZE.jpg
JH2DBQ-EUSPA-700.jpg
JH2DBQ-ECSA-SIXTH.jpg
JH2DBQ-EPCCRO-BRONZE.jpg
FOC75 Award
JH2DBQ-EPCDL-BRONZE.jpg
JH2DBQ-FPXPA-III.jpg
JH2DBQ-ITPAI-ITRPAIII.jpg
JH2DBQ-EUSPA-800 (1)

 JH2DBQ-ITPAII-LOPAII-001.jpg
JH2DBQ-MWCA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-MGSPA-600.jpg
JH2DBQ-MASTER-1STAR.jpg
JH2DBQ-PHPA-600.jpg
CQ Japan issued
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.4
CQ Japan vol.4
CQ Japan Vol.3
CQ Japan August 2010
CQ Japan Vol.2
CQ JAPAN Magazine July 2010 創刊2号 表紙(だけ)
CQ Japan Vol.1
Hand Strap with minolta alpha7


The Beatles in a Window
20100529i

Recent Comments
Search him !

free counters

QRZ callsign lookup:
provided by qrz.com



eQSL.cc vs LOTW
135cfm - 173cfm
Enter your callsign to see if you have an eQSL waiting!

Profile II
DXCC 232/267

QSO 11313

2014 1221 112/165
2013 2354 150/186 1kW
2012 2737 130/145
2011 568 73/100
2010 49 10/ 19
2009 333 37/ 51
2008 153 08/ 29 VoIP / FCC Extra
2007 0
2006 0
2005 0
2004 0
2003 0
2002 0
2001 15 00/02
2000 0
1999 0
1998 0
1997 0
1996 10 01/02
1995 0 /500Watts Expired
1994 450 29/85
1993 26 05/10
1992 20 00/01
1991 496 53/108
1990 416 46/87
1989 99 03/15
1988 29 00/02
1987 48 00/06
1986 10 09/25
1985 49 07/19
1984 104 05/12
1983 612 42/62
1982 724 82/108/500Watts
1981 2 01/02
1980 0 /1st Class
1979 4 00/01
1978 0
1977 0
1976 4
1975 30 00/02
1974 44 02/07
1973 256 18/31
1972 191 17/26
1971 302 06/15 /phone Class
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。