くまモン Official Site
1526109_575436825876410_853617968_n.jpg
Profile
Profile

Author:Jh2dbq
Welcome to my blog!
I became a radio amateur in 1972 and have been enjoying being one.

friends



SanyoSan/JA1COR

KenSan/KI2P
Ken's Drake C-4 Line


CQ-101
CQ101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

  1. Sanyo

    Sanyo

    2013-01-12 (Sat) 10:14

    一般に視能力を(視力)を扱う場合、狭い距離での分解能力(Resolution)があるかを見る。(例のランドルト環、C文字を使った視力表を使う) しかし、定説ではコントラストの良い状態でのこのチェックでは必要な能力のチェックには不十分だというのが一般的である。
     でそれを補うものとしてコントラスト視力というものがあってコントラストを下げていった時にどうなるかをチェックする方法があるが、それは別な大切な機能をチェックすることになり、目の疾患などを調べるためにも使われている。(霧中での運転などでは低コントラスト状態があり、これは普通の視力が良くても見えない人がいる)
     というわけで、コントラストは細部の分解能力と比し画像表現上重要度は勝るとも劣らない。芸術表現ではむしろ重要なのかも知れないな。
  2. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2013-01-12 (Sat) 10:44

    いやー、なんというブログだ。本文よりもコメント欄のほうが役立つwww。

    いま眠いもんで 次 をよう考えつかんのですがバキ
    読ませてもろて、二つのことが脳裏を駆け巡った。

    オスマン・サンコンさんているじゃん。アフリカ人の。彼は視力が4.0だったか、ぬぁんなんだそれはという視力の持ち主だ。一里先のライオンを発見する必要があるとかなんとかで。

    それを聞いたとき、そりゃすっげーなぁと思ったもんなんだけど、状況がちがうとまるで見えないものってのがあるかも知れんですねぇ。この話に続きはない凸。

    もうひとつ。
    ジミー大西ちゃんっているじゃん。ジミーちゃんがんばってねお前もがんバレよのジミーちゃん。
    彼の絵を、日本人の誰も評価でけへんかった。

    彼を超・評価したのは青い目の連中ですわなぁ。

    同じモナリザ見ても、見え方が違うとるのかも知れんなぁ。この話には続きがある凸。

    評価されへん場合は、ぜんぜん違う文化圏へ持ち込んでみるというのが手だなあ。

    おれの英語はコンゴのキンシャサ北部ではバカウケだとか、そういうの、あるかもわからんなぁ。
  3. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2013-01-12 (Sat) 10:46

    つまりアレか、
    文字認識視力と
    映像認識視力はちがうというわけか。

    Cだのなんだのでは前者しか計れんと。
  4. Sanyo

    Sanyo

    2013-01-12 (Sat) 16:16

    そういうことだすな。
     必ずしも細かいところがよく見えなくても、ぼけたイメージから全体像を捕まえ、的確に必要な情報を拾い出す能力の方が重要な場合があるということではないか、
     それから昔、総天然色映画が出現したとき、必ず、イーストマン・コダック、子宝―とか、アグファゲバルト、アグファカラーとか表示があったが、色合いも特徴的で我々にはちょっとー、色つけすぎじゃないの?て感じがしたが、あれはあれで、あちらの方々からは案外、自然で、これでなくっちゃという色合いだったのかも。

Comment Form

Comment Form
-

Trackback

Trackback URL

2995

海外レンズの話

Tamron SP 70-210 F3.5-4  
今日、レンズが届いた(ばきょ~ん)。

30年ぐらい前の安モンのレンズだが、実はレンズそのものでなくて、付属していたアダプタが欲しかった。なので プチ ったわけだ。ましかし、せっかくなのでレンズも見てみようどれどれと覗いてみてのけぞった。

 イケとる・・・

なにがイケとるかというと、色がイケとる。なんと艶やかなのでしょう。


そう言えば、レンズについてはお国柄がものすごく出ていて、たとえば日本のレンズは輪郭を描写するのだそうだ。ドイツのはコントラストを描き出す。のだそうだ。

なんでそういうことになるかというと、当然、ユーザの要望があるわけだ。そーゆー視覚を持った民族が主な購買層なので、そーゆー作り方をレンズメーカもする。

たしかにオレら日本人は、漫画描かすと世界イチである。アメリカの漫画なんて幼稚過ぎて笑っちゃうよなぁ凸。

というわけで、どうもオレらは輪郭・線で捉えていくことに長けているらしい。目の色が黒いことと関係あるんかもわからん。いずれにせよ、案外ダイレクトに生物学的理由と直結するのではという気がする。

でだ。

今日とどいたレンズが、これは日本製なんだけど、どーゆーわけかすっきりとコントラストを描き出してくれている。古いから調整がズレてこうなったのか(んなことあり得んわなぁ。ふつうは古くなるとコントラストが落ちていく)、ようわからんが、なんだかえらい新鮮で感動した。写真が上手になった気がしたw。

到着したのは夕方だったんだけど、とりあえず撮ってみると、それがちゃんと 夕方の写真 になるんだよね。時間帯が写る。いやぁびっくりしたわい。
もっとも明朝撮っても 夕方の写真 になっちまうのかも知れんが凸(--メ)



Tamron SP 70-210 F3.5-4

4

Comment

  1. Sanyo

    Sanyo

    2013-01-12 (Sat) 10:14

    一般に視能力を(視力)を扱う場合、狭い距離での分解能力(Resolution)があるかを見る。(例のランドルト環、C文字を使った視力表を使う) しかし、定説ではコントラストの良い状態でのこのチェックでは必要な能力のチェックには不十分だというのが一般的である。
     でそれを補うものとしてコントラスト視力というものがあってコントラストを下げていった時にどうなるかをチェックする方法があるが、それは別な大切な機能をチェックすることになり、目の疾患などを調べるためにも使われている。(霧中での運転などでは低コントラスト状態があり、これは普通の視力が良くても見えない人がいる)
     というわけで、コントラストは細部の分解能力と比し画像表現上重要度は勝るとも劣らない。芸術表現ではむしろ重要なのかも知れないな。
  2. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2013-01-12 (Sat) 10:44

    いやー、なんというブログだ。本文よりもコメント欄のほうが役立つwww。

    いま眠いもんで 次 をよう考えつかんのですがバキ
    読ませてもろて、二つのことが脳裏を駆け巡った。

    オスマン・サンコンさんているじゃん。アフリカ人の。彼は視力が4.0だったか、ぬぁんなんだそれはという視力の持ち主だ。一里先のライオンを発見する必要があるとかなんとかで。

    それを聞いたとき、そりゃすっげーなぁと思ったもんなんだけど、状況がちがうとまるで見えないものってのがあるかも知れんですねぇ。この話に続きはない凸。

    もうひとつ。
    ジミー大西ちゃんっているじゃん。ジミーちゃんがんばってねお前もがんバレよのジミーちゃん。
    彼の絵を、日本人の誰も評価でけへんかった。

    彼を超・評価したのは青い目の連中ですわなぁ。

    同じモナリザ見ても、見え方が違うとるのかも知れんなぁ。この話には続きがある凸。

    評価されへん場合は、ぜんぜん違う文化圏へ持ち込んでみるというのが手だなあ。

    おれの英語はコンゴのキンシャサ北部ではバカウケだとか、そういうの、あるかもわからんなぁ。
  3. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2013-01-12 (Sat) 10:46

    つまりアレか、
    文字認識視力と
    映像認識視力はちがうというわけか。

    Cだのなんだのでは前者しか計れんと。
  4. Sanyo

    Sanyo

    2013-01-12 (Sat) 16:16

    そういうことだすな。
     必ずしも細かいところがよく見えなくても、ぼけたイメージから全体像を捕まえ、的確に必要な情報を拾い出す能力の方が重要な場合があるということではないか、
     それから昔、総天然色映画が出現したとき、必ず、イーストマン・コダック、子宝―とか、アグファゲバルト、アグファカラーとか表示があったが、色合いも特徴的で我々にはちょっとー、色つけすぎじゃないの?て感じがしたが、あれはあれで、あちらの方々からは案外、自然で、これでなくっちゃという色合いだったのかも。

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

Propagation Report



Recent Articles
Certificates
VK Jumbunna
WAC
WAP
YU Diplom
IARU Region III
DXF-X-A
United Nations Award
S6S
ADXA
N4MQ
eDX46
eDX50 Certificate
EPC Membership
KZPA-III Award
Belgium Digital Modes AWARD
ITU-PSK19
CQPSK-10

DMC Certificate
DMC ITU ZONES 5
DMC ITU ZONES 10
DMC ITU ZONES 20
DMC ITU ZONES 30
DMC WAZ10
DMC WAZ 20
DMC DXCC25
DMC Eurpe Class1
DMC Member25
BDMMA-50
EPCAS
EPCOC
CQPSK-20
Croatia Digital Group
DMC DXCC50
EPC EU10
WDMC-50
CDG DXCA50
Natal Digital Group
PHPHA-100
RPXPA-3
RRPA-BRONZE-3
EPC RU-III
EPC MGSPA
EPC EUSPA
PHPHA-100
EPCEU
ECPDX
DMC WEA Class1BPSK
EPC RGSPA-73
BDMMA-100
DMC WAC
DMC ITU-40
eDX75
WACPA
EPC DXDA
PHASE50
PSKWAC
Natal Digital Group
EPC RGSPA55
PSKWAC2
EPC EUSPA
PHPA200 EPC ASSPA200
EPC KZPA-II
MGSPA-200
BPSK31
MWCA-Second
EPC RRPA
DMC WAS10
JH2DBQ-ECSA-FIFTH.jpg
JH2DBQ-BQPA-BPSK63.jpg
JH2DBQ-ECSA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-AUPA-SILVER.jpg

JH2DBQ-WASA-012.jpg
JH2DBQ-PHASE-100_201310041939237e2.jpg
JH2DBQ-EUROPA-BRONZE.jpg
JH2DBQ-EUSPA-700.jpg
JH2DBQ-ECSA-SIXTH.jpg
JH2DBQ-EPCCRO-BRONZE.jpg
FOC75 Award
JH2DBQ-EPCDL-BRONZE.jpg
JH2DBQ-FPXPA-III.jpg
JH2DBQ-ITPAI-ITRPAIII.jpg
JH2DBQ-EUSPA-800 (1)

 JH2DBQ-ITPAII-LOPAII-001.jpg
JH2DBQ-MWCA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-MGSPA-600.jpg
JH2DBQ-MASTER-1STAR.jpg
JH2DBQ-PHPA-600.jpg
CQ Japan issued
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.4
CQ Japan vol.4
CQ Japan Vol.3
CQ Japan August 2010
CQ Japan Vol.2
CQ JAPAN Magazine July 2010 創刊2号 表紙(だけ)
CQ Japan Vol.1
Hand Strap with minolta alpha7


The Beatles in a Window
20100529i

Recent Comments
Search him !

free counters

QRZ callsign lookup:
provided by qrz.com



eQSL.cc vs LOTW
135cfm - 173cfm
Enter your callsign to see if you have an eQSL waiting!

Profile II
DXCC 232/267

QSO 11313

2014 1221 112/165
2013 2354 150/186 1kW
2012 2737 130/145
2011 568 73/100
2010 49 10/ 19
2009 333 37/ 51
2008 153 08/ 29 VoIP / FCC Extra
2007 0
2006 0
2005 0
2004 0
2003 0
2002 0
2001 15 00/02
2000 0
1999 0
1998 0
1997 0
1996 10 01/02
1995 0 /500Watts Expired
1994 450 29/85
1993 26 05/10
1992 20 00/01
1991 496 53/108
1990 416 46/87
1989 99 03/15
1988 29 00/02
1987 48 00/06
1986 10 09/25
1985 49 07/19
1984 104 05/12
1983 612 42/62
1982 724 82/108/500Watts
1981 2 01/02
1980 0 /1st Class
1979 4 00/01
1978 0
1977 0
1976 4
1975 30 00/02
1974 44 02/07
1973 256 18/31
1972 191 17/26
1971 302 06/15 /phone Class
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。