くまモン Official Site
1526109_575436825876410_853617968_n.jpg
Profile
Profile

Author:Jh2dbq
Welcome to my blog!
I became a radio amateur in 1972 and have been enjoying being one.

friends



SanyoSan/JA1COR

KenSan/KI2P
Ken's Drake C-4 Line


CQ-101
CQ101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

  1. Sanyo

    Sanyo

    2013-01-10 (Thu) 10:23

    面白い。
    目や耳の感度は対数的な特性(大信号側では感度が下がる)をしていてAGCがきちんと働く(時定数があり、遅れる場合もあるが)、予め大信号の入る前に心の準備をしておくと、ゲインが下がるのか大信号でもショックが少ない。絶対感度がある人というのは、何処かに強さが一定の基準信号を持っていて比較しているのではと思う。
     
     しかし絶対時間は、難しそうだ。確かに、一時間を越す交響曲でも同じ指揮者では何分も違わないという話はよく聞く。この感覚は人間以前の動物時代には養われなかったと思う。
      忙しい時は、それに気をとられて、全ての感覚を忘れるし、暇になるといつまでも時間が経たない。 忙しい人生はあっという間に一生が過ぎてしまうが、暇人は長い人生を過ごす。どちらが幸福なのか?

Comment Form

Comment Form
-

Trackback

Trackback URL

2993

絶対光感

福助くん一歳と二週間 絶対音感の持ち主というのがあると聞く。
おれは、自分の歌の音程が絶対だと言い切る自信はあるが、それはちと趣旨がちがうもののようだ。


ところで、この絶対音感に似たものとして、絶対光感とでもいうか、その場の明るさを絶対尺度で言い当てる人がいるのだそうだ。つまり、人間露出計である凸。

写真雑誌で読んだエピソードなんだけど、あるプロカメラマンらがバーに集合して管を巻いた。そのとき、メンバーのひとりがイタズラでと言うか習性でカメラを持ち出し、仲間のスナップを撮り始めた。みんな酔っ払っているわけだが、その時、レンズを向けたメンバーのひとりが気づいて振り返り

 5.6の60な

と言ったというのだ。ホンマかいなと露出計を確認すると、そのとおりだったので、非常に驚いたのだという。 

ワシはこれを読んで二重に驚いた。ひとつは、プロのカメラマンならそれぐらいするんじゃないかと思っていたが、このプロカメラマンが驚くぐらいなので、やっぱりその辺の、つまり明暗に関する感覚というのは常人とそう変わらんのだなぁという驚きだ。

もう一つは、そもそも考えてみれば 絶対光感 というのは、絶対音感とは異なって、本来的には人間に備わっていてはいかんものである。暗い場所に慣れたり、明るい場所に慣れたりするからこそ、生活が成り立つ。そのために瞳孔はある。つまり、人間に備わった「錯覚する能力」とでも言うべきものなのだ。

にもかかわらず、絶対的な光量を言い当てられる人間がいるというのは、目立ちはしないが人間の能力がいかに広大で未開発なものであるかを知らされて面白い。


そう言えば、音楽家の中には時間経過を完全に言い当てる「絶対時計」とでも言うべきものの持ち主がいるらすぃ。指揮者に多いという。30秒程度ならわからんでもないが、30分経過、一時間経過をほぼ1秒位内の誤差で言い当てられるのだそうだ。

どーなっとるんだ凸。


人間てのは、ふと気づいたら1時間も経過していたとか、まだ3時かとか思うから面白いと思うのだが、そういう感覚がないというのは、人生の味わいがひとつなくてかわいそうな気もする。

ま、このように考えてくると、最終的には人間の幸福感というのも相対性によって位置づけられていることがわかるような気もするわけで、なんとも面白い。

絶対的幸福感が味わえるのは若い時の恋愛ぐらいのものだろうと思う。だから不幸に陥る凸。





福助くん一歳と二週間








1

Comment

  1. Sanyo

    Sanyo

    2013-01-10 (Thu) 10:23

    面白い。
    目や耳の感度は対数的な特性(大信号側では感度が下がる)をしていてAGCがきちんと働く(時定数があり、遅れる場合もあるが)、予め大信号の入る前に心の準備をしておくと、ゲインが下がるのか大信号でもショックが少ない。絶対感度がある人というのは、何処かに強さが一定の基準信号を持っていて比較しているのではと思う。
     
     しかし絶対時間は、難しそうだ。確かに、一時間を越す交響曲でも同じ指揮者では何分も違わないという話はよく聞く。この感覚は人間以前の動物時代には養われなかったと思う。
      忙しい時は、それに気をとられて、全ての感覚を忘れるし、暇になるといつまでも時間が経たない。 忙しい人生はあっという間に一生が過ぎてしまうが、暇人は長い人生を過ごす。どちらが幸福なのか?

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

Propagation Report



Recent Articles
Certificates
VK Jumbunna
WAC
WAP
YU Diplom
IARU Region III
DXF-X-A
United Nations Award
S6S
ADXA
N4MQ
eDX46
eDX50 Certificate
EPC Membership
KZPA-III Award
Belgium Digital Modes AWARD
ITU-PSK19
CQPSK-10

DMC Certificate
DMC ITU ZONES 5
DMC ITU ZONES 10
DMC ITU ZONES 20
DMC ITU ZONES 30
DMC WAZ10
DMC WAZ 20
DMC DXCC25
DMC Eurpe Class1
DMC Member25
BDMMA-50
EPCAS
EPCOC
CQPSK-20
Croatia Digital Group
DMC DXCC50
EPC EU10
WDMC-50
CDG DXCA50
Natal Digital Group
PHPHA-100
RPXPA-3
RRPA-BRONZE-3
EPC RU-III
EPC MGSPA
EPC EUSPA
PHPHA-100
EPCEU
ECPDX
DMC WEA Class1BPSK
EPC RGSPA-73
BDMMA-100
DMC WAC
DMC ITU-40
eDX75
WACPA
EPC DXDA
PHASE50
PSKWAC
Natal Digital Group
EPC RGSPA55
PSKWAC2
EPC EUSPA
PHPA200 EPC ASSPA200
EPC KZPA-II
MGSPA-200
BPSK31
MWCA-Second
EPC RRPA
DMC WAS10
JH2DBQ-ECSA-FIFTH.jpg
JH2DBQ-BQPA-BPSK63.jpg
JH2DBQ-ECSA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-AUPA-SILVER.jpg

JH2DBQ-WASA-012.jpg
JH2DBQ-PHASE-100_201310041939237e2.jpg
JH2DBQ-EUROPA-BRONZE.jpg
JH2DBQ-EUSPA-700.jpg
JH2DBQ-ECSA-SIXTH.jpg
JH2DBQ-EPCCRO-BRONZE.jpg
FOC75 Award
JH2DBQ-EPCDL-BRONZE.jpg
JH2DBQ-FPXPA-III.jpg
JH2DBQ-ITPAI-ITRPAIII.jpg
JH2DBQ-EUSPA-800 (1)

 JH2DBQ-ITPAII-LOPAII-001.jpg
JH2DBQ-MWCA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-MGSPA-600.jpg
JH2DBQ-MASTER-1STAR.jpg
JH2DBQ-PHPA-600.jpg
CQ Japan issued
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.4
CQ Japan vol.4
CQ Japan Vol.3
CQ Japan August 2010
CQ Japan Vol.2
CQ JAPAN Magazine July 2010 創刊2号 表紙(だけ)
CQ Japan Vol.1
Hand Strap with minolta alpha7


The Beatles in a Window
20100529i

Recent Comments
Search him !

free counters

QRZ callsign lookup:
provided by qrz.com



eQSL.cc vs LOTW
135cfm - 173cfm
Enter your callsign to see if you have an eQSL waiting!

Profile II
DXCC 232/267

QSO 11313

2014 1221 112/165
2013 2354 150/186 1kW
2012 2737 130/145
2011 568 73/100
2010 49 10/ 19
2009 333 37/ 51
2008 153 08/ 29 VoIP / FCC Extra
2007 0
2006 0
2005 0
2004 0
2003 0
2002 0
2001 15 00/02
2000 0
1999 0
1998 0
1997 0
1996 10 01/02
1995 0 /500Watts Expired
1994 450 29/85
1993 26 05/10
1992 20 00/01
1991 496 53/108
1990 416 46/87
1989 99 03/15
1988 29 00/02
1987 48 00/06
1986 10 09/25
1985 49 07/19
1984 104 05/12
1983 612 42/62
1982 724 82/108/500Watts
1981 2 01/02
1980 0 /1st Class
1979 4 00/01
1978 0
1977 0
1976 4
1975 30 00/02
1974 44 02/07
1973 256 18/31
1972 191 17/26
1971 302 06/15 /phone Class
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。