くまモン Official Site
1526109_575436825876410_853617968_n.jpg
Profile
Profile

Author:Jh2dbq
Welcome to my blog!
I became a radio amateur in 1972 and have been enjoying being one.

friends



SanyoSan/JA1COR

KenSan/KI2P
Ken's Drake C-4 Line


CQ-101
CQ101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
-

Trackback

Trackback URL

2683

わしのPSK受信画面

DM780
本邦公開にあたりまして、わざとあえてぐっちゃぐちゃの配色にしました凸。普段はもっとずっとシンプルな色合い・デザインでやっとりますが、今回はなにしろブログ記事。ツカミがだいじなわけです凸。

実際には、あまりこのようにゴタゴタにすると、たとえばこれですとラジオ・ボタンが3D表示になってるらしいですが(なってるのかね)、CPUパワー食ったりするので、あまり賢いことではありませんw。そんなアホなことにCPUパワーつかうんだったら、PSK信号のDecodeにまわしたいものでござます凸。

さて、DM780の場合は画面配置もカスタマイズできますので、そーゆー点からすると、このあたりが、PSK通信に必要な最低限度の情報を得るためにに必須であろうと、私が考える配置。

順番にコメントいたす。

まず下側。
【Waterfall / Spectrum Analyzing】
Waterfallとスペクトラム・アナライザが同時表示されてます。カッコいいっす凸。
人によって、Waterfallだけ、あるいはスペクトラム・アナライザだけと好みが別れるらしですが、ほんで、上級者ほどスペクトラム画面だけを使うらしいですが、わしはどっちかだけ取れと言われればWaterfallを取ります。初心者だもの。
スペクトラム画面は、「その瞬間」の情報しか表示してくれませんが、Waterfallでは時間軸も表示対象だからです。

わしの考えとしては、Waterfallの解像度はPSK通信のキモなので、できればもう一台のディスプレイを用意して、Waterfallだけで20インチ画面ぐらい独占したいものでございます。この画面では、まだ小さくて不満だ凸。

ただ、二台使うと視線の移動量が増えるので、疲れるだろうなぁとは思う。

次に、右上のQSO画面
【QSO】
上側に左右に並んでいるのが受信画面。2つあるのは、二波同時受信をしたいから。いずれふれるSuperBrowserを使えば10波でも20波でも同時受信できますが、QSOすることを前提とするとなると、2チャンネルぐらいで、ま、いいんでないのと思います。DM780は3波同時表示もできますが、そうすると1波あたりの画面が小さくなってしまう。

下側は送信用画面。チャットをするときは、この画面にタイピングしていくことになります。

どちらも少々、小さすぎる。もちょっと面積が欲しいところ。

あとは左から
【Audio Signal level Monitor】
送信信号が過剰なレベルになっていないかは勿論モニタすべきですが、そんなもん凸は一度設定してしまえば、あとはそう気にする必要はない。

ところが最近、というか今日、受信時こそレベルチェックは重要だと気づいたんす。

コンディションがあまりよくなくて、南米あたりの微弱信号を追いかけていた。
そこへチュコクが突然、半鐘が鳴りひびかんが如くの強さで割り込んでくる。っるっせぇなぁバッキャロとばかりに、以前はすっとIF帯域をズラして逃げたりしていたんですけど、今日は日中友好を願って両方モニタすることにしたwww。

そういうやり方をする場合、オーディオ信号が飽和していないかどうかを確認し続けることはとても重要なので、今日からこのオーディオメータも表示させることにしたのであった。

というのと、実は、オーディオレベルと信号Decode能力には関係があるかもわからんなと思い、それを確かめてみたいというのスケベ心もございました。

その右
【Loggimg Data】
Logging Softwareとの連動をする以上、必須。
ただ、Loggingは紙でやる凸という手もアリなので、その場合は非表示にしてしまえば、画面をより広々と使えるなぁ、そう言えばなぁ。

その右
【送信マクロ】
ぜんぶダイレクトにタイピングしたい場合は、この画面は要らん凸。その場合は非表示にしてしまえば、画面をより広々と使えるなぁ、そう言えばなぁ。バキ。

DM780 





というわけで、画面の狭さにムカつくのでございますが、よくよく考えてみると、ムカつきの理由はタテが短いことにある。ヨコはむしろ余っておる。

これは最近のPCディスプレイが地デジ・フルHDの1920☓1080に対応したやつばっかりなのが原因であらふ。

調べてみると、第三世代ipadがイニシエの4:3を採用しているらしいので、期待したい。2048×1536ということで、多過ぎないかという気もするが、精細さは、今後の電子書籍には不可欠であらふ。


  • Date : 2012-08-30 (Thu)
  • Category : Digital
0

Comment

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

Propagation Report



Recent Articles
Certificates
VK Jumbunna
WAC
WAP
YU Diplom
IARU Region III
DXF-X-A
United Nations Award
S6S
ADXA
N4MQ
eDX46
eDX50 Certificate
EPC Membership
KZPA-III Award
Belgium Digital Modes AWARD
ITU-PSK19
CQPSK-10

DMC Certificate
DMC ITU ZONES 5
DMC ITU ZONES 10
DMC ITU ZONES 20
DMC ITU ZONES 30
DMC WAZ10
DMC WAZ 20
DMC DXCC25
DMC Eurpe Class1
DMC Member25
BDMMA-50
EPCAS
EPCOC
CQPSK-20
Croatia Digital Group
DMC DXCC50
EPC EU10
WDMC-50
CDG DXCA50
Natal Digital Group
PHPHA-100
RPXPA-3
RRPA-BRONZE-3
EPC RU-III
EPC MGSPA
EPC EUSPA
PHPHA-100
EPCEU
ECPDX
DMC WEA Class1BPSK
EPC RGSPA-73
BDMMA-100
DMC WAC
DMC ITU-40
eDX75
WACPA
EPC DXDA
PHASE50
PSKWAC
Natal Digital Group
EPC RGSPA55
PSKWAC2
EPC EUSPA
PHPA200 EPC ASSPA200
EPC KZPA-II
MGSPA-200
BPSK31
MWCA-Second
EPC RRPA
DMC WAS10
JH2DBQ-ECSA-FIFTH.jpg
JH2DBQ-BQPA-BPSK63.jpg
JH2DBQ-ECSA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-AUPA-SILVER.jpg

JH2DBQ-WASA-012.jpg
JH2DBQ-PHASE-100_201310041939237e2.jpg
JH2DBQ-EUROPA-BRONZE.jpg
JH2DBQ-EUSPA-700.jpg
JH2DBQ-ECSA-SIXTH.jpg
JH2DBQ-EPCCRO-BRONZE.jpg
FOC75 Award
JH2DBQ-EPCDL-BRONZE.jpg
JH2DBQ-FPXPA-III.jpg
JH2DBQ-ITPAI-ITRPAIII.jpg
JH2DBQ-EUSPA-800 (1)

 JH2DBQ-ITPAII-LOPAII-001.jpg
JH2DBQ-MWCA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-MGSPA-600.jpg
JH2DBQ-MASTER-1STAR.jpg
JH2DBQ-PHPA-600.jpg
CQ Japan issued
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.4
CQ Japan vol.4
CQ Japan Vol.3
CQ Japan August 2010
CQ Japan Vol.2
CQ JAPAN Magazine July 2010 創刊2号 表紙(だけ)
CQ Japan Vol.1
Hand Strap with minolta alpha7


The Beatles in a Window
20100529i

Recent Comments
Search him !

free counters

QRZ callsign lookup:
provided by qrz.com



eQSL.cc vs LOTW
135cfm - 173cfm
Enter your callsign to see if you have an eQSL waiting!

Profile II
DXCC 232/267

QSO 11313

2014 1221 112/165
2013 2354 150/186 1kW
2012 2737 130/145
2011 568 73/100
2010 49 10/ 19
2009 333 37/ 51
2008 153 08/ 29 VoIP / FCC Extra
2007 0
2006 0
2005 0
2004 0
2003 0
2002 0
2001 15 00/02
2000 0
1999 0
1998 0
1997 0
1996 10 01/02
1995 0 /500Watts Expired
1994 450 29/85
1993 26 05/10
1992 20 00/01
1991 496 53/108
1990 416 46/87
1989 99 03/15
1988 29 00/02
1987 48 00/06
1986 10 09/25
1985 49 07/19
1984 104 05/12
1983 612 42/62
1982 724 82/108/500Watts
1981 2 01/02
1980 0 /1st Class
1979 4 00/01
1978 0
1977 0
1976 4
1975 30 00/02
1974 44 02/07
1973 256 18/31
1972 191 17/26
1971 302 06/15 /phone Class
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。