くまモン Official Site
1526109_575436825876410_853617968_n.jpg
Profile
Profile

Author:Jh2dbq
Welcome to my blog!
I became a radio amateur in 1972 and have been enjoying being one.

friends



SanyoSan/JA1COR

KenSan/KI2P
Ken's Drake C-4 Line


CQ-101
CQ101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
-

Trackback

Trackback URL

2682

NIL問題。 その2

EPCRU-III  もっともNIL問題の本質は、なぜ NIL現象が発生するかだ。

ワシの前世紀分については分析が完了していて、つまり、いずれもContestあるいはPile Up中に起きた。
これは
「・・・Bravo Quebeck?」
みたいなのにイソイソと反応してはみたものの、もうひとり別の「・・・BQ」さんがいて、そのひとと送信がシンクロし、だけど相手局はワシでないほうの「・・・BQ」さんとQSOしていたということなのでろう。と思う。微弱だとどうしてもそうなる。
完璧を期そうとすると、保険QSOに出ざるを得なくなるので、これはちょっとワシの趣味ではない。男の人生は、常に危険と背中合わせだぜ凸。


さて今世紀分はどうかというと、自分がNILをかっ食らう場合については前回書いたが、相手からNILがやたらと来る理由については、これは解せん。

わしはそもそもDX-Pedition局でないし、Contestにあっても自分からCQ Testを出す勇気はない凸。

主戦場はPSKなので、PSKというモードの特性に原因があるということになる。PSKではやたらとCQを出すし、また呼ばれもしている。これか。

これだ。PSKの場合、CWとちがってゼロインでの交信がほとんど。SSBやCWなら完全ゼロインでも相手が複数いれば気づくが(複数いるということは、気づく)、PSKの場合、連続送信なので、FMの潰し合いに似て微弱な側の存在が完全に抹殺される。

Waterfallをよぉおおく見ると、なんだか波形が汚いなぁと思うこともあるけれども、遠方DXの場合はどちらにせよマルチパス経路なので、どうしても濁っている。区別できない。

これかなぁ。これだろうなぁ。

送受のタイミングが不自然になるので、呼ばれていないほうが気づくべきだが、PSKの場合、送受タイミングがモトモトめっちゃくちゃなのも多い。中には20秒ぐらい待たせてからおもむろに送信し始める局もいて(比較的アメリカ人に多い)、無線機の前で息絶えてんじゃねぇだろうなぁと思ったころに、ゾンビのように送信が始まり、ほっとしたりする凸。

逆もあって、こっちがまだ天気がどうのと送信しているうちに73を送り始める、オレもびっくりするような短気なのもいる。東欧に多い凸。

なので、中には、相手の返事があろうとなかろうと勝手にQSOを始めてEndingまで持っていく猛者もいることであろう。

にんげんだもの。
EPCRU-III 







0

Comment

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

Propagation Report



Recent Articles
Certificates
VK Jumbunna
WAC
WAP
YU Diplom
IARU Region III
DXF-X-A
United Nations Award
S6S
ADXA
N4MQ
eDX46
eDX50 Certificate
EPC Membership
KZPA-III Award
Belgium Digital Modes AWARD
ITU-PSK19
CQPSK-10

DMC Certificate
DMC ITU ZONES 5
DMC ITU ZONES 10
DMC ITU ZONES 20
DMC ITU ZONES 30
DMC WAZ10
DMC WAZ 20
DMC DXCC25
DMC Eurpe Class1
DMC Member25
BDMMA-50
EPCAS
EPCOC
CQPSK-20
Croatia Digital Group
DMC DXCC50
EPC EU10
WDMC-50
CDG DXCA50
Natal Digital Group
PHPHA-100
RPXPA-3
RRPA-BRONZE-3
EPC RU-III
EPC MGSPA
EPC EUSPA
PHPHA-100
EPCEU
ECPDX
DMC WEA Class1BPSK
EPC RGSPA-73
BDMMA-100
DMC WAC
DMC ITU-40
eDX75
WACPA
EPC DXDA
PHASE50
PSKWAC
Natal Digital Group
EPC RGSPA55
PSKWAC2
EPC EUSPA
PHPA200 EPC ASSPA200
EPC KZPA-II
MGSPA-200
BPSK31
MWCA-Second
EPC RRPA
DMC WAS10
JH2DBQ-ECSA-FIFTH.jpg
JH2DBQ-BQPA-BPSK63.jpg
JH2DBQ-ECSA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-AUPA-SILVER.jpg

JH2DBQ-WASA-012.jpg
JH2DBQ-PHASE-100_201310041939237e2.jpg
JH2DBQ-EUROPA-BRONZE.jpg
JH2DBQ-EUSPA-700.jpg
JH2DBQ-ECSA-SIXTH.jpg
JH2DBQ-EPCCRO-BRONZE.jpg
FOC75 Award
JH2DBQ-EPCDL-BRONZE.jpg
JH2DBQ-FPXPA-III.jpg
JH2DBQ-ITPAI-ITRPAIII.jpg
JH2DBQ-EUSPA-800 (1)

 JH2DBQ-ITPAII-LOPAII-001.jpg
JH2DBQ-MWCA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-MGSPA-600.jpg
JH2DBQ-MASTER-1STAR.jpg
JH2DBQ-PHPA-600.jpg
CQ Japan issued
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.4
CQ Japan vol.4
CQ Japan Vol.3
CQ Japan August 2010
CQ Japan Vol.2
CQ JAPAN Magazine July 2010 創刊2号 表紙(だけ)
CQ Japan Vol.1
Hand Strap with minolta alpha7


The Beatles in a Window
20100529i

Recent Comments
Search him !

free counters

QRZ callsign lookup:
provided by qrz.com



eQSL.cc vs LOTW
135cfm - 173cfm
Enter your callsign to see if you have an eQSL waiting!

Profile II
DXCC 232/267

QSO 11313

2014 1221 112/165
2013 2354 150/186 1kW
2012 2737 130/145
2011 568 73/100
2010 49 10/ 19
2009 333 37/ 51
2008 153 08/ 29 VoIP / FCC Extra
2007 0
2006 0
2005 0
2004 0
2003 0
2002 0
2001 15 00/02
2000 0
1999 0
1998 0
1997 0
1996 10 01/02
1995 0 /500Watts Expired
1994 450 29/85
1993 26 05/10
1992 20 00/01
1991 496 53/108
1990 416 46/87
1989 99 03/15
1988 29 00/02
1987 48 00/06
1986 10 09/25
1985 49 07/19
1984 104 05/12
1983 612 42/62
1982 724 82/108/500Watts
1981 2 01/02
1980 0 /1st Class
1979 4 00/01
1978 0
1977 0
1976 4
1975 30 00/02
1974 44 02/07
1973 256 18/31
1972 191 17/26
1971 302 06/15 /phone Class
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。