くまモン Official Site
1526109_575436825876410_853617968_n.jpg
Profile
Profile

Author:Jh2dbq
Welcome to my blog!
I became a radio amateur in 1972 and have been enjoying being one.

friends



SanyoSan/JA1COR

KenSan/KI2P
Ken's Drake C-4 Line


CQ-101
CQ101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

  1. 印田光徳、JA3TXZ

    印田光徳、JA3TXZ

    2012-08-26 (Sun) 17:52

    1951年に、韓国李承晩がキタの金日成に国土の95パーセントを前年に取られてしまった際、アチソン国務長官に泣きこんで仁川攻撃をトルーマンがさせられた。

    ワリを食ったのは作戦指令のマッカーサー。直後に解任。

    それに乗じて李承晩は、公海に勝手にラインをつくって竹島を取った。自分の沽券にかかわる国土95パーセントの敗北へのごまかしがこの年の公海ライン作戦だった。

    日米講和直前、アチソンはそれを見抜いていたが、アーミテージは、「あぁ見てなかった」とホザクやも知れん、怪しいぞぃ・・・

    日経も下手にアメ帝国チョウチン記事をかいて、韓国を付け上がらすんじゃないな。

Comment Form

Comment Form
-

Trackback

Trackback URL

2665

日韓領土悶着にアメリカ介入の兆し

Armitage
アメリカのArmitage元国務副長官が、日経新聞のインタビュで、アメリカが日韓間の関係修復に介入するたらなんたらと発言している。

面白い。

アメリカはモトモト、日韓間の領土問題は日韓間で解決せぇ、知ったこっちゃないわという態度だったのだが、どうも黙っておれなくなったらしい。

なにしろ韓国大統領がアレで、民主党最初の首相がアレだった。次の首相がまたアレときて、三人目がこれまたアレなので、放置しておってはコレはアレだわどうにもならんわと判断するのは、地球人共通のことである凸。

アメリカの判断としては、日韓がこういう泥沼ドア砲なことをしていてトクするのは結局中国じゃんという判断があるらしい。で、それはいかんと。

中国がさらにアジア圏での勢力を拡大するのはどもならん、よっぽど日本または韓国のほうが、まだ話し合いが成立する余地がある、できれば日韓の共倒れは防ぎたいという発想がある。

ワシがみたところ、この図式で最終的にワリを食うのは日本だ。日本人は竹島については100%、日本に理があると考えているが、アメリカは韓国にやや花を持たせる形で決着をはかるだろう。でないと決着が計れんし、そもそもアメリカが出てくる意味が無い。

アメリカとしては民主党政権に貸しがあると認識している。民主党最初の首相がアレだったからだ。その分を、三人目のアレから回収し、韓国への貸しとする。その路線で落とし所をさぐるであろう。日本の主張の1~2割はカットされることになる。

問題はその具体的内容だ。

例えばっ。
領有権が日本にあることを確認した上で、韓国軍の駐屯と、さらには韓国国民の自由通行を条件付きで認めてしまう方法がアリだ。と思う。日本としては、領土権を国際的に確認することが重要なのであって、ナニからナニまで韓国から取り上げてしまうというのは、将来の二国間関係を発展的なものにするためにも、避けるのが賢明だ。とワシは思うがアーミティジがどう考えているかは知らんw。




Armitage


1

Comment

  1. 印田光徳、JA3TXZ

    印田光徳、JA3TXZ

    2012-08-26 (Sun) 17:52

    1951年に、韓国李承晩がキタの金日成に国土の95パーセントを前年に取られてしまった際、アチソン国務長官に泣きこんで仁川攻撃をトルーマンがさせられた。

    ワリを食ったのは作戦指令のマッカーサー。直後に解任。

    それに乗じて李承晩は、公海に勝手にラインをつくって竹島を取った。自分の沽券にかかわる国土95パーセントの敗北へのごまかしがこの年の公海ライン作戦だった。

    日米講和直前、アチソンはそれを見抜いていたが、アーミテージは、「あぁ見てなかった」とホザクやも知れん、怪しいぞぃ・・・

    日経も下手にアメ帝国チョウチン記事をかいて、韓国を付け上がらすんじゃないな。

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

Propagation Report



Recent Articles
Certificates
VK Jumbunna
WAC
WAP
YU Diplom
IARU Region III
DXF-X-A
United Nations Award
S6S
ADXA
N4MQ
eDX46
eDX50 Certificate
EPC Membership
KZPA-III Award
Belgium Digital Modes AWARD
ITU-PSK19
CQPSK-10

DMC Certificate
DMC ITU ZONES 5
DMC ITU ZONES 10
DMC ITU ZONES 20
DMC ITU ZONES 30
DMC WAZ10
DMC WAZ 20
DMC DXCC25
DMC Eurpe Class1
DMC Member25
BDMMA-50
EPCAS
EPCOC
CQPSK-20
Croatia Digital Group
DMC DXCC50
EPC EU10
WDMC-50
CDG DXCA50
Natal Digital Group
PHPHA-100
RPXPA-3
RRPA-BRONZE-3
EPC RU-III
EPC MGSPA
EPC EUSPA
PHPHA-100
EPCEU
ECPDX
DMC WEA Class1BPSK
EPC RGSPA-73
BDMMA-100
DMC WAC
DMC ITU-40
eDX75
WACPA
EPC DXDA
PHASE50
PSKWAC
Natal Digital Group
EPC RGSPA55
PSKWAC2
EPC EUSPA
PHPA200 EPC ASSPA200
EPC KZPA-II
MGSPA-200
BPSK31
MWCA-Second
EPC RRPA
DMC WAS10
JH2DBQ-ECSA-FIFTH.jpg
JH2DBQ-BQPA-BPSK63.jpg
JH2DBQ-ECSA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-AUPA-SILVER.jpg

JH2DBQ-WASA-012.jpg
JH2DBQ-PHASE-100_201310041939237e2.jpg
JH2DBQ-EUROPA-BRONZE.jpg
JH2DBQ-EUSPA-700.jpg
JH2DBQ-ECSA-SIXTH.jpg
JH2DBQ-EPCCRO-BRONZE.jpg
FOC75 Award
JH2DBQ-EPCDL-BRONZE.jpg
JH2DBQ-FPXPA-III.jpg
JH2DBQ-ITPAI-ITRPAIII.jpg
JH2DBQ-EUSPA-800 (1)

 JH2DBQ-ITPAII-LOPAII-001.jpg
JH2DBQ-MWCA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-MGSPA-600.jpg
JH2DBQ-MASTER-1STAR.jpg
JH2DBQ-PHPA-600.jpg
CQ Japan issued
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.4
CQ Japan vol.4
CQ Japan Vol.3
CQ Japan August 2010
CQ Japan Vol.2
CQ JAPAN Magazine July 2010 創刊2号 表紙(だけ)
CQ Japan Vol.1
Hand Strap with minolta alpha7


The Beatles in a Window
20100529i

Recent Comments
Search him !

free counters

QRZ callsign lookup:
provided by qrz.com



eQSL.cc vs LOTW
135cfm - 173cfm
Enter your callsign to see if you have an eQSL waiting!

Profile II
DXCC 232/267

QSO 11313

2014 1221 112/165
2013 2354 150/186 1kW
2012 2737 130/145
2011 568 73/100
2010 49 10/ 19
2009 333 37/ 51
2008 153 08/ 29 VoIP / FCC Extra
2007 0
2006 0
2005 0
2004 0
2003 0
2002 0
2001 15 00/02
2000 0
1999 0
1998 0
1997 0
1996 10 01/02
1995 0 /500Watts Expired
1994 450 29/85
1993 26 05/10
1992 20 00/01
1991 496 53/108
1990 416 46/87
1989 99 03/15
1988 29 00/02
1987 48 00/06
1986 10 09/25
1985 49 07/19
1984 104 05/12
1983 612 42/62
1982 724 82/108/500Watts
1981 2 01/02
1980 0 /1st Class
1979 4 00/01
1978 0
1977 0
1976 4
1975 30 00/02
1974 44 02/07
1973 256 18/31
1972 191 17/26
1971 302 06/15 /phone Class
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。