くまモン Official Site
1526109_575436825876410_853617968_n.jpg
Profile
Profile

Author:Jh2dbq
Welcome to my blog!
I became a radio amateur in 1972 and have been enjoying being one.

friends



SanyoSan/JA1COR

KenSan/KI2P
Ken's Drake C-4 Line


CQ-101
CQ101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

  1. ももこwithJE2EVX

    ももこwithJE2EVX

    2012-08-13 (Mon) 18:39

    うちも同じです。waveSpectraで、マイクに何もつけない状態のFFT波形を表示させると、ノートPC(Let'sNote -95~100db)>ONKYOカード(-80dB程度)>オンボートサウンド(-80~-40dBひどい暴れあり)みたいな感じになります。
  2. 菜ばかり店長

    菜ばかり店長

    2012-08-13 (Mon) 22:06

    知ったかぶり爺さんの登場だ。
     なんでこんなことをやるかだが、既にご存知とは思うが、
     この手のアナログ通信をデジタル化するものはおしなべて、クロックに従ってパケットを送信、受信したパケットをクロックに従って再組立てしてアナログ化する。 そのため
    より正確なアナログ信号の再現にはクロックが送信側と受信側が同一でなければならず、一般にはサウンドカードなどで、11025Hzが使われているようだ。 で、サウンドカード内発信機からこの正確なクロック周波数を取り出せれば良いが、安定性などを考慮してPSKのプログラムには補正が可能になっている。(多分PLLや分周などで)但し正確に測定するための基準はどこにあるかということだが、MMVARIの説明によると標準電波を使用するのがより良いようなので、やはりPCのみでは十分ではないかもしれない。 いずれにせよ、ドリフトのないものの方が良いとは思うのでそういうのがあれば良いのでは。
  3. 菜ばかり店長

    菜ばかり店長

    2012-08-13 (Mon) 22:17

    説明に勘違いしてるところがあった。ごめん。
  4. モモコwithJE2EVX

    モモコwithJE2EVX

    2012-08-13 (Mon) 23:49

    >菜ばかり店長様 なるほどそういうことなのですか。サウンドカードのノイズとかの問題ではないのですね。勉強になりました。ありがとうございました。

Comment Form

Comment Form
-

Trackback

Trackback URL

2616

Calibrating Sound Card

Calibrating Sound Card
この図はですね、ノートPCで、搭載のサウンドカードのキャリブレを取ろうとしているところだ。

というと、おっナニやら 通 なことをしているなと思われるかも知らんが、自分としては、自分がナニをやっているのかようわかっておらん凸。ともあれ、Digital通信用ソフトにそういう項目があるので、それを走らせているだけの話だ。

これはおそらく、基準周波数の8000Hzというのがバッチリ出ていれば良いということなのだろうが、ともかくこのプログラムでその様子を見てみると、ウチのパソコンでは無線用デスクトップの特性よりも、地デジ視聴+ブログ書き込み用のこのノートPCがはるかに安定していることがわかったww。

この図だと、出発点では目標の8000Hzから剥離しているが、次第に、なだらかに戻ろうとしている様子がわかるが、デスクトップだと、最初の剥離がもっと激しく、しかも、8000Hzへこのように素直には回帰していかない。ためらいながら戻っていく。

さてそこで疑問だ。

これらノートにせよデスクトップにせよ、実用上の問題はないわけなんだけど、なんでだ?というのがひとつ。
そして、これらのPCでは、基準周波数8000Hzへの回帰は、数ヘルツ範囲内でOKというマージンを


これは書きかけ項目ですw



・・・・五時間後・・・・

すんません。ソコまで書いて、EchoLinkで奈良・橿原の東南アジア系日本人Charlieとバカ言い合って、さらにバカになり、自分がナニを書こうとしていたのか、分からんようになってもうたσ(^。^;)

そのあいだにもEVXさん、Sanyoさんからコメント頂戴し、世にも珍しいカキコ中のコメントをいただくことになってしまった。
まことにきょーしく(__;)。

さて私はナニを言おうとしていたのだろう。


そそそそそ。要するに、「校正する」つったって、テストプログラム自体が数分にわたって検証したうえで校正せよとあるが、ふつう、パソコン立ちあげて数分経ったらQSO自体が終了しておるわい凸。

なので、テストプログラムを立ち上げるたびにこのように最初の数十秒の間ズレとるのであれば、意味あらへんではないか。

ここんところがさっぱりわからん。

Amazon.comのユーザ・レビュのところなんか読むと、高級サウンドボードは音の「純度」がちがうという。う~む、オーディオマニアはコワイ凸。
だけど、Windows立ちあげ時のファンファーレの音からチガウと言われると、あんなファンファーレはBEEP音の替りだぐらいにしか思ってないオレとしては ぎく とするじゃないか(--;)。

つまり、送信にしろ受信にしろ、信号がクリアでないなら、それは当然、了解度に影響する。もっとも、一人だけ頑張ったところで全員で一致協力して取り組まなければ話にならんが、そしえこういう話では必ず裏切り者が出るので努力しても意味はないが凹、興味はあるなぁ。

どうなんだろうなぁ。


追伸
ちっとはまともなNoteをつないでDecodeしてみましたが、あんまり有意な差は見つからず、むしろNoteの場合、置き場に困るなどの理由で元にもどしてしまいました。

進歩ない・・・とほほ。




Calibrating Sound Card
4

Comment

  1. ももこwithJE2EVX

    ももこwithJE2EVX

    2012-08-13 (Mon) 18:39

    うちも同じです。waveSpectraで、マイクに何もつけない状態のFFT波形を表示させると、ノートPC(Let'sNote -95~100db)>ONKYOカード(-80dB程度)>オンボートサウンド(-80~-40dBひどい暴れあり)みたいな感じになります。
  2. 菜ばかり店長

    菜ばかり店長

    2012-08-13 (Mon) 22:06

    知ったかぶり爺さんの登場だ。
     なんでこんなことをやるかだが、既にご存知とは思うが、
     この手のアナログ通信をデジタル化するものはおしなべて、クロックに従ってパケットを送信、受信したパケットをクロックに従って再組立てしてアナログ化する。 そのため
    より正確なアナログ信号の再現にはクロックが送信側と受信側が同一でなければならず、一般にはサウンドカードなどで、11025Hzが使われているようだ。 で、サウンドカード内発信機からこの正確なクロック周波数を取り出せれば良いが、安定性などを考慮してPSKのプログラムには補正が可能になっている。(多分PLLや分周などで)但し正確に測定するための基準はどこにあるかということだが、MMVARIの説明によると標準電波を使用するのがより良いようなので、やはりPCのみでは十分ではないかもしれない。 いずれにせよ、ドリフトのないものの方が良いとは思うのでそういうのがあれば良いのでは。
  3. 菜ばかり店長

    菜ばかり店長

    2012-08-13 (Mon) 22:17

    説明に勘違いしてるところがあった。ごめん。
  4. モモコwithJE2EVX

    モモコwithJE2EVX

    2012-08-13 (Mon) 23:49

    >菜ばかり店長様 なるほどそういうことなのですか。サウンドカードのノイズとかの問題ではないのですね。勉強になりました。ありがとうございました。

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

Propagation Report



Recent Articles
Certificates
VK Jumbunna
WAC
WAP
YU Diplom
IARU Region III
DXF-X-A
United Nations Award
S6S
ADXA
N4MQ
eDX46
eDX50 Certificate
EPC Membership
KZPA-III Award
Belgium Digital Modes AWARD
ITU-PSK19
CQPSK-10

DMC Certificate
DMC ITU ZONES 5
DMC ITU ZONES 10
DMC ITU ZONES 20
DMC ITU ZONES 30
DMC WAZ10
DMC WAZ 20
DMC DXCC25
DMC Eurpe Class1
DMC Member25
BDMMA-50
EPCAS
EPCOC
CQPSK-20
Croatia Digital Group
DMC DXCC50
EPC EU10
WDMC-50
CDG DXCA50
Natal Digital Group
PHPHA-100
RPXPA-3
RRPA-BRONZE-3
EPC RU-III
EPC MGSPA
EPC EUSPA
PHPHA-100
EPCEU
ECPDX
DMC WEA Class1BPSK
EPC RGSPA-73
BDMMA-100
DMC WAC
DMC ITU-40
eDX75
WACPA
EPC DXDA
PHASE50
PSKWAC
Natal Digital Group
EPC RGSPA55
PSKWAC2
EPC EUSPA
PHPA200 EPC ASSPA200
EPC KZPA-II
MGSPA-200
BPSK31
MWCA-Second
EPC RRPA
DMC WAS10
JH2DBQ-ECSA-FIFTH.jpg
JH2DBQ-BQPA-BPSK63.jpg
JH2DBQ-ECSA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-AUPA-SILVER.jpg

JH2DBQ-WASA-012.jpg
JH2DBQ-PHASE-100_201310041939237e2.jpg
JH2DBQ-EUROPA-BRONZE.jpg
JH2DBQ-EUSPA-700.jpg
JH2DBQ-ECSA-SIXTH.jpg
JH2DBQ-EPCCRO-BRONZE.jpg
FOC75 Award
JH2DBQ-EPCDL-BRONZE.jpg
JH2DBQ-FPXPA-III.jpg
JH2DBQ-ITPAI-ITRPAIII.jpg
JH2DBQ-EUSPA-800 (1)

 JH2DBQ-ITPAII-LOPAII-001.jpg
JH2DBQ-MWCA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-MGSPA-600.jpg
JH2DBQ-MASTER-1STAR.jpg
JH2DBQ-PHPA-600.jpg
CQ Japan issued
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.4
CQ Japan vol.4
CQ Japan Vol.3
CQ Japan August 2010
CQ Japan Vol.2
CQ JAPAN Magazine July 2010 創刊2号 表紙(だけ)
CQ Japan Vol.1
Hand Strap with minolta alpha7


The Beatles in a Window
20100529i

Recent Comments
Search him !

free counters

QRZ callsign lookup:
provided by qrz.com



eQSL.cc vs LOTW
135cfm - 173cfm
Enter your callsign to see if you have an eQSL waiting!

Profile II
DXCC 232/267

QSO 11313

2014 1221 112/165
2013 2354 150/186 1kW
2012 2737 130/145
2011 568 73/100
2010 49 10/ 19
2009 333 37/ 51
2008 153 08/ 29 VoIP / FCC Extra
2007 0
2006 0
2005 0
2004 0
2003 0
2002 0
2001 15 00/02
2000 0
1999 0
1998 0
1997 0
1996 10 01/02
1995 0 /500Watts Expired
1994 450 29/85
1993 26 05/10
1992 20 00/01
1991 496 53/108
1990 416 46/87
1989 99 03/15
1988 29 00/02
1987 48 00/06
1986 10 09/25
1985 49 07/19
1984 104 05/12
1983 612 42/62
1982 724 82/108/500Watts
1981 2 01/02
1980 0 /1st Class
1979 4 00/01
1978 0
1977 0
1976 4
1975 30 00/02
1974 44 02/07
1973 256 18/31
1972 191 17/26
1971 302 06/15 /phone Class
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。