くまモン Official Site
1526109_575436825876410_853617968_n.jpg
Profile
Profile

Author:Jh2dbq
Welcome to my blog!
I became a radio amateur in 1972 and have been enjoying being one.

friends



SanyoSan/JA1COR

KenSan/KI2P
Ken's Drake C-4 Line


CQ-101
CQ101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

  1. Fumi 7k1ptt

    Fumi 7k1ptt

    2012-07-14 (Sat) 21:08

    こんばんは。少し考えてみました。

    --- --- ---
    送信側の占有帯域幅は無線設備規則第六条,別表第二号のとおり3kHz以下であったとします。
    それぞれがタヌキしていた周波数の差は3kHzであったとします。

    1. 抗議した側の受信の帯域幅が3kHzよりも広かったため。
      抗議した側において,受信の感度と選択度のバランスが悪かった。
      受信の感度を高めれば選択度は低下するというトレードオフの関係にあることを知らず,感度を精一杯高くしていた。


    2. 抗議した側の脳に疾患があり,理論上は聞こえない音声であるところが,本人にとっては本当に聞こえて感じられたため。
      完璧主義,潔癖症,統合失調症。
  2. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2012-07-15 (Sun) 07:06

    らぁじゃあ、Fumi OM、ありがとうございます。
    送信側できっちり3kHzに収めているなら、「普通は」3kHz以上離れたところへはカブって行かんわけなので、このアンカバ野郎がデンパで脳をやられたヤツである可能性は高いすよねー。

    ただ、絶対に3kHz離れれば大丈夫かというと、どうなんだろうなぁと。

    仮にキャリアポイントがズレてると、これはなんとも言えんですよね。ズレてても違法じゃないし凹。

    ただそうだとしても、7MHzでの「上へのカブリ」となると、逆サイドバンドになるはずですよね。

    ここで仮に、加害者(?)側が、SSB/DSB両方の免許を受けていたとなるとw、話はめちゃくちゃややこしくなりますよねー。ははははは。

    わたし、7MHzの場合なんて、周辺からのカブリなんて、あって当然という気がして、あまり考えたことがなかったんすよねー。

    このプチ乱闘劇は勉強になりました(笑)。
  3. 菜ばかり店長

    菜ばかり店長

    2012-07-17 (Tue) 22:09

    ここはもう少し丁寧な議論をしないといけないと思いますので老婆心ながら、あえて、
     受信側での帯域拡大には、一番一般的なのはフロントエンドアンプでの過大入力レベルによる3次IMDの発生による帯域巾拡大です。  それを認識していないで適正な入力レベルに制御することを怠ると自分の機械や操作が原因にもかかわらず相手側のせいにすることになります。 それから キャリアポイントの概念はフィルタ方式の時のものでPSN方式(DSPも含めて)ではそこをずらすことはありません。 参考まで。
  4. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2012-07-19 (Thu) 01:14

    とりあえず、フィルタ型でフィルタ帯域がズレとる場合(キャリアポイントがおかしい場合)を念頭に置いております。そうでないと面白くないw。

    仮に逆サイドバンド側が500Hzほど漏れてたとします。
    そうするとこの場合、法的に見てどうなのかしらん。
    逆サイドのサプレッションってのはやはり規制があるんだよなぁ。
    すぃかし、DSBが認められている以上、規制ナシってのもありかも知れんなぁと。

    いずれにせよ、このクレーム局の言い分が正当化されるとすれば、コレしかないすわねぇ。。。

  5. Fumi 7k1ptt

    Fumi 7k1ptt

    2012-07-19 (Thu) 21:06

    ところで私自身もクレームを頂戴したことがあります。
    およそ20年前,オール埼玉コンテストでの出来事でした。

    レンタカーの後部座席にIC-375Dを積み,マグネット基台にホイップアンテナを付け,埼玉県内から運用していました。
    144MHz-SSBにてCQを出したところ次のクレームがありました。

    「あの,私もコンテストに参加していて10kHz離れたところでCQを出しています。
     カブるので,もっと離れて貰えませんか?」

    10kHzという数値の大きさと,通信技術を競うコンテストという場にそぐわないクレームに違和感を感じたことでした。

    ちなみにその時の私は「コンテスト最中の貴重な時間を大切にする」ことを優先しました。
  6. アンカバ

    アンカバ

    2012-07-19 (Thu) 22:49

    20年前となると、受信側のフロントエンドの作りもまだまだでしたからねー。
    FT-101ZDなんて、Noise Blankerを強いレベルで入れるとS8ぐらいの信号ひとつで、±50kHzぐらいツブれていました。

    わしがコンテスト嫌いになった理由のひとつがこれで、名古屋大学JA2YKAが出て来やがると、バンドが使えなくなるという問題があった。
    20kmは離れてまっせ。
    アレはいったい何kw出していよったのか(当時の28MHzの最大は50W)、当時私はバカヤロ国費をムダに遣いやがってと思ったもんですが+言ったもんですが、いま思うと、受信側(わし側)にも相当の問題があったかも知れんなぁとちょっと反省しております。
    しかし、アレ以外のS9の信号でツブれた経験はないので、やっぱりこの旧帝大がいかんかも知れん。
    あるいは、ずっとツブれてたんだけど、このJA2YKA一局だけが出てたりしたので、その時は目立ったのかも知れん。
    う~む。むちかしい。
  7. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2012-07-19 (Thu) 22:51

    すいません、上のカキコは私です(__;)
  8. 菜ばかり店長

    菜ばかり店長

    2012-07-20 (Fri) 11:40

    しかし、何やかや言ってもクソ強い信号が出てくれば機械が良くても飽和を避けるためにゲインを下げざるを得ないし、そうすると感度が落ちて目的の信号も減衰するわけで、法律的な問題とは別に面白くないということになりますな。
  9. Fumi 7k1ptt

    Fumi 7k1ptt

    2012-07-21 (Sat) 01:01

    話の本質ではありませんが1つ間違いに気づきました。

    誤>レンタカーの後部座席にIC-375Dを積み

    IC-375Dでは144MHzは運用できないので,そうするとたぶんFT-847Mだったかと思います。

Comment Form

Comment Form
-

Trackback

Trackback URL

2535

昨日聞いた40mバンドのモメごと

あんまりちゃんと聞いていたわけじゃないので、誤解があるかも知れない。

ある周波数でOMがたがラグチューをしていた。わしはそれをタヌキしていた凸。そこへ、その3kHz上のQSOを聞いていたという人物がIDなしで現れ
「3kHz上までカブってくるから、帯域をきちんと制限しろ」
と抜かすわけだ。

ほぉ。と思ってわしも3kHz上まで聞きに行ったが、そこでのQSOは別段なんの問題もなく平穏理に進んでいて、ワシのところではとくにカブりも感じられない。

話を整理しよう。
ワシが元々聴いていた周波数に殴りこんできたのは、3kHz上を「聞いていただけ」の、アンカバなわけだ。わけのわからん話しである。

さて、経緯についてはわしは誤解しているのかも知れんので、いまはそれはどうでもいいとしましょう。



問題は「抗議の中身」だ。
----簡単なことなんだけど、むつかしい(どっちやねん)問題です----

さあ諸OMにおかれましては、いまは、このアンカバ野郎のイチャモンを「科学的見地」から論評せよ凸

9

Comment

  1. Fumi 7k1ptt

    Fumi 7k1ptt

    2012-07-14 (Sat) 21:08

    こんばんは。少し考えてみました。

    --- --- ---
    送信側の占有帯域幅は無線設備規則第六条,別表第二号のとおり3kHz以下であったとします。
    それぞれがタヌキしていた周波数の差は3kHzであったとします。

    1. 抗議した側の受信の帯域幅が3kHzよりも広かったため。
      抗議した側において,受信の感度と選択度のバランスが悪かった。
      受信の感度を高めれば選択度は低下するというトレードオフの関係にあることを知らず,感度を精一杯高くしていた。


    2. 抗議した側の脳に疾患があり,理論上は聞こえない音声であるところが,本人にとっては本当に聞こえて感じられたため。
      完璧主義,潔癖症,統合失調症。
  2. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2012-07-15 (Sun) 07:06

    らぁじゃあ、Fumi OM、ありがとうございます。
    送信側できっちり3kHzに収めているなら、「普通は」3kHz以上離れたところへはカブって行かんわけなので、このアンカバ野郎がデンパで脳をやられたヤツである可能性は高いすよねー。

    ただ、絶対に3kHz離れれば大丈夫かというと、どうなんだろうなぁと。

    仮にキャリアポイントがズレてると、これはなんとも言えんですよね。ズレてても違法じゃないし凹。

    ただそうだとしても、7MHzでの「上へのカブリ」となると、逆サイドバンドになるはずですよね。

    ここで仮に、加害者(?)側が、SSB/DSB両方の免許を受けていたとなるとw、話はめちゃくちゃややこしくなりますよねー。ははははは。

    わたし、7MHzの場合なんて、周辺からのカブリなんて、あって当然という気がして、あまり考えたことがなかったんすよねー。

    このプチ乱闘劇は勉強になりました(笑)。
  3. 菜ばかり店長

    菜ばかり店長

    2012-07-17 (Tue) 22:09

    ここはもう少し丁寧な議論をしないといけないと思いますので老婆心ながら、あえて、
     受信側での帯域拡大には、一番一般的なのはフロントエンドアンプでの過大入力レベルによる3次IMDの発生による帯域巾拡大です。  それを認識していないで適正な入力レベルに制御することを怠ると自分の機械や操作が原因にもかかわらず相手側のせいにすることになります。 それから キャリアポイントの概念はフィルタ方式の時のものでPSN方式(DSPも含めて)ではそこをずらすことはありません。 参考まで。
  4. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2012-07-19 (Thu) 01:14

    とりあえず、フィルタ型でフィルタ帯域がズレとる場合(キャリアポイントがおかしい場合)を念頭に置いております。そうでないと面白くないw。

    仮に逆サイドバンド側が500Hzほど漏れてたとします。
    そうするとこの場合、法的に見てどうなのかしらん。
    逆サイドのサプレッションってのはやはり規制があるんだよなぁ。
    すぃかし、DSBが認められている以上、規制ナシってのもありかも知れんなぁと。

    いずれにせよ、このクレーム局の言い分が正当化されるとすれば、コレしかないすわねぇ。。。

  5. Fumi 7k1ptt

    Fumi 7k1ptt

    2012-07-19 (Thu) 21:06

    ところで私自身もクレームを頂戴したことがあります。
    およそ20年前,オール埼玉コンテストでの出来事でした。

    レンタカーの後部座席にIC-375Dを積み,マグネット基台にホイップアンテナを付け,埼玉県内から運用していました。
    144MHz-SSBにてCQを出したところ次のクレームがありました。

    「あの,私もコンテストに参加していて10kHz離れたところでCQを出しています。
     カブるので,もっと離れて貰えませんか?」

    10kHzという数値の大きさと,通信技術を競うコンテストという場にそぐわないクレームに違和感を感じたことでした。

    ちなみにその時の私は「コンテスト最中の貴重な時間を大切にする」ことを優先しました。
  6. アンカバ

    アンカバ

    2012-07-19 (Thu) 22:49

    20年前となると、受信側のフロントエンドの作りもまだまだでしたからねー。
    FT-101ZDなんて、Noise Blankerを強いレベルで入れるとS8ぐらいの信号ひとつで、±50kHzぐらいツブれていました。

    わしがコンテスト嫌いになった理由のひとつがこれで、名古屋大学JA2YKAが出て来やがると、バンドが使えなくなるという問題があった。
    20kmは離れてまっせ。
    アレはいったい何kw出していよったのか(当時の28MHzの最大は50W)、当時私はバカヤロ国費をムダに遣いやがってと思ったもんですが+言ったもんですが、いま思うと、受信側(わし側)にも相当の問題があったかも知れんなぁとちょっと反省しております。
    しかし、アレ以外のS9の信号でツブれた経験はないので、やっぱりこの旧帝大がいかんかも知れん。
    あるいは、ずっとツブれてたんだけど、このJA2YKA一局だけが出てたりしたので、その時は目立ったのかも知れん。
    う~む。むちかしい。
  7. Jh2dbq

    Jh2dbq

    2012-07-19 (Thu) 22:51

    すいません、上のカキコは私です(__;)
  8. 菜ばかり店長

    菜ばかり店長

    2012-07-20 (Fri) 11:40

    しかし、何やかや言ってもクソ強い信号が出てくれば機械が良くても飽和を避けるためにゲインを下げざるを得ないし、そうすると感度が落ちて目的の信号も減衰するわけで、法律的な問題とは別に面白くないということになりますな。
  9. Fumi 7k1ptt

    Fumi 7k1ptt

    2012-07-21 (Sat) 01:01

    話の本質ではありませんが1つ間違いに気づきました。

    誤>レンタカーの後部座席にIC-375Dを積み

    IC-375Dでは144MHzは運用できないので,そうするとたぶんFT-847Mだったかと思います。

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

Propagation Report



Recent Articles
Certificates
VK Jumbunna
WAC
WAP
YU Diplom
IARU Region III
DXF-X-A
United Nations Award
S6S
ADXA
N4MQ
eDX46
eDX50 Certificate
EPC Membership
KZPA-III Award
Belgium Digital Modes AWARD
ITU-PSK19
CQPSK-10

DMC Certificate
DMC ITU ZONES 5
DMC ITU ZONES 10
DMC ITU ZONES 20
DMC ITU ZONES 30
DMC WAZ10
DMC WAZ 20
DMC DXCC25
DMC Eurpe Class1
DMC Member25
BDMMA-50
EPCAS
EPCOC
CQPSK-20
Croatia Digital Group
DMC DXCC50
EPC EU10
WDMC-50
CDG DXCA50
Natal Digital Group
PHPHA-100
RPXPA-3
RRPA-BRONZE-3
EPC RU-III
EPC MGSPA
EPC EUSPA
PHPHA-100
EPCEU
ECPDX
DMC WEA Class1BPSK
EPC RGSPA-73
BDMMA-100
DMC WAC
DMC ITU-40
eDX75
WACPA
EPC DXDA
PHASE50
PSKWAC
Natal Digital Group
EPC RGSPA55
PSKWAC2
EPC EUSPA
PHPA200 EPC ASSPA200
EPC KZPA-II
MGSPA-200
BPSK31
MWCA-Second
EPC RRPA
DMC WAS10
JH2DBQ-ECSA-FIFTH.jpg
JH2DBQ-BQPA-BPSK63.jpg
JH2DBQ-ECSA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-AUPA-SILVER.jpg

JH2DBQ-WASA-012.jpg
JH2DBQ-PHASE-100_201310041939237e2.jpg
JH2DBQ-EUROPA-BRONZE.jpg
JH2DBQ-EUSPA-700.jpg
JH2DBQ-ECSA-SIXTH.jpg
JH2DBQ-EPCCRO-BRONZE.jpg
FOC75 Award
JH2DBQ-EPCDL-BRONZE.jpg
JH2DBQ-FPXPA-III.jpg
JH2DBQ-ITPAI-ITRPAIII.jpg
JH2DBQ-EUSPA-800 (1)

 JH2DBQ-ITPAII-LOPAII-001.jpg
JH2DBQ-MWCA-FOURTH.jpg
JH2DBQ-MGSPA-600.jpg
JH2DBQ-MASTER-1STAR.jpg
JH2DBQ-PHPA-600.jpg
CQ Japan issued
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.5
CQ Japan Vol.4
CQ Japan vol.4
CQ Japan Vol.3
CQ Japan August 2010
CQ Japan Vol.2
CQ JAPAN Magazine July 2010 創刊2号 表紙(だけ)
CQ Japan Vol.1
Hand Strap with minolta alpha7


The Beatles in a Window
20100529i

Recent Comments
Search him !

free counters

QRZ callsign lookup:
provided by qrz.com



eQSL.cc vs LOTW
135cfm - 173cfm
Enter your callsign to see if you have an eQSL waiting!

Profile II
DXCC 232/267

QSO 11313

2014 1221 112/165
2013 2354 150/186 1kW
2012 2737 130/145
2011 568 73/100
2010 49 10/ 19
2009 333 37/ 51
2008 153 08/ 29 VoIP / FCC Extra
2007 0
2006 0
2005 0
2004 0
2003 0
2002 0
2001 15 00/02
2000 0
1999 0
1998 0
1997 0
1996 10 01/02
1995 0 /500Watts Expired
1994 450 29/85
1993 26 05/10
1992 20 00/01
1991 496 53/108
1990 416 46/87
1989 99 03/15
1988 29 00/02
1987 48 00/06
1986 10 09/25
1985 49 07/19
1984 104 05/12
1983 612 42/62
1982 724 82/108/500Watts
1981 2 01/02
1980 0 /1st Class
1979 4 00/01
1978 0
1977 0
1976 4
1975 30 00/02
1974 44 02/07
1973 256 18/31
1972 191 17/26
1971 302 06/15 /phone Class
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。